社内の意識改革を実現!情報共有の促進化を考える

会社の方針が現場に伝わっていない、社内の士気が下がっているなど、組織がうまく機能していない場合、全社で意識改革を図る必要性が出てきます。意識改革にあたっては、円滑な意思疎通ができる環境づくりが重要です。今回はビジネスチャット を活用することで社内の情報共有を促進し、意識改革につなげる方法についてご紹介します。
社内の意識改革を実現!情報共有の促進化を考える

関連資料のご紹介

“働き方を変えるための第一歩”
本記事の関連記事として、昭和から続く働き方に違和感のある方に向けて「仕事のコミュニケーション」に着目しながら、働き方を変えるための第一歩について考えた資料をご用意しています。皆さまにとって、1つでも有意義な情報をお届けできればと考えております。
ぜひ、お手すきのタイミングで一読ください。

意識改革はどのような場合に必要なのか?

サンプル「意識改革」とは、個人の考え方や姿勢を変えることをいいます。また、仕事に対する取り組みの姿勢や判断基準を変えるということも含まれるでしょう。たとえば、売り上げ低迷からの脱却を目指し、社員の働き方を見直す「働き方改革」を実現する際には、意識改革が求められることがあります。

しかし、個人の考え方は簡単に変えられるものではありません。

ビジネスチャット での社内情報共有で、意識改革を実行フェーズに!

社内の意識改革を実現するためには、ビジネスチャット を活用した情報共有が有効です。ここでは3つの活用方法をご紹介します。

【意識改革1】組織のトップから社員へメッセージを発信

会社規模が大きくなると、社長や経営陣の姿を間近で一度も見たことがない社員も出てきます。そこで、トップ自らがビジネスチャット の掲示板でメッセージの発信、ブログやトークで社員への声かけを積極的に行うといった方法をおすすめします。
具体的なメッセージを伝えて距離を縮めることで、個々の社員が意識改革に対する当事者意識を持つきっかけになるでしょう。

参考記事:1日かかっていた現場への情報伝達が2時間になり、全社の一体感も醸成できました。

【意識改革2】社内情報の「見える化」

またビジネスチャット の活用は、全社での情報共有に役立ちます。既読機能や必読機能を持つ掲示板を利用すれば社内情報の通知漏れを防げます。
この機能はチーム単位でももちろん有効です。チームのチャットルームでメンバー間のやりとりを活発に行うことで、各自の状況が見える化されるようになり、協力意識の醸成およびチームワークの促進が期待できます。

【意識改革3】積極的な情報取得を促進

月に1回の会議のみでは、時間も限られ意識改革の意図をすべて伝えられないかもしれません。資料を配布しても、会議の後は目を通さない社員もいるでしょう。
多くのビジネスチャット はフォルダ・ファイルの共有機能を持ち、メンバーごとに閲覧・編集権限を設定できます。ファイルはスマホからいつでも確認できるようにしておけば、積極的な情報取得を促せます。

ビジネスチャット での業務効率化が行動変革を後押し

そして意識改革の次のステップは、実際の行動に移すことです。その「行動」を阻害する原因の一つとして、普段の業務に追われて新しいことに取り組む余裕がない状況が挙げられます。しかし、ビジネスチャット を活用して業務を効率化し、時間的な余裕をつくることで、行動に移す機会を作れます。

おわりに

意識改革は個人の考え方や姿勢を変えることです。ただし、それを実現するためには上からの押しつけではなく、改革の方向性や目的の共有が欠かせません。意識改革は一朝一夕でできるものではないため、普段から情報の共有や浸透ができる土台づくりをすることが大切です。意識改革の手段として、ビジネスチャット の導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

参考記事:老舗製麺会社がLINE WORKSを使って、社員の意識改革を実現!

グループウェアに関するお役立ち情報を紹介

LINE WORKSはビジネスチャットだけでなく、グループウェアやコミュニケーション活性化に関するに関するお役立ち情報が詰まった資料・動画を無料でお届けしています。ぜひチェックしてみてください。

働き方が自然と変わる
仕事では別のLINEアカウントが使えたら、とは思いませんか。「ビジネス版LINE」のLINE WORKSは、おなじみのチャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、仕事で活用でき…