生産性を向上させる!ビジネスチャットを導入するメリットは?

メールや電話は、ビジネスにおいて欠かせないコミュニケーションツールとして、長い間当たり前のように使われてきましたが、現在ではそれらを補完し生産性を向上させるコミュニケーションツールとしてビジネスチャットが数多くの企業で導入されつつあることをご存じですか?今回は、ビジネスチャット導入による社内コミュニケーションの変化と生産性の向上についてご紹介します。
生産性を向上させる!ビジネスチャットを導入するメリットは?

関連資料のご紹介

本記事の関連記事として、LINE WORKS を導入した後に最も体感されやすい「スピードの変化」に焦点を当て、実際にどのような現象が起きたのかをお客さまの声を交えてご紹介します。皆さまにとって、1つでも有意義な情報をお届けできればと考えております。ぜひ、お手すきのタイミングで一読ください。

【生産性向上1】社内コミュニケーションの変化

社内コミュニケーション

ビジネスチャットは会話のようにやりとりができるため、メールのように形式的なコミュニケーションが不要で、コミュニケーションのハードルを大きく下げられます。また、特定の相手やグループ、トピックごとのチャットルームで継続的にやりとりをするため、ノウハウの蓄積やコミュニティの醸成にも期待できます。こういったビジネスチャットの特徴により、これまで共有されなかったような有用な情報が社員により積極的に共有&蓄積されるようになるため、社内の生産性や情報共有の向上に期待できるかもしれません。

【生産性向上2】ムダな待ち時間の削減

社内のメンバーに向けて連絡事項をメールで送信した際に、相手がメールを読んだのか判断できず、仕事が止まってしまった……という経験はないでしょうか?そもそもメールを読んだ事実を相手に伝えるのも、わざわざ確認されるのも面倒なものですよね。いくつかのビジネスチャットには、相手がメッセージを読むと「既読」と表示されるサービスがあるため、読まれたかどうかを瞬時に判断できます。この既読機能を使えば、読んだかどうか確認する手間が省けますし、その分、返信を待つのに要していた時間を削減し、仕事をより円滑に進めることに役立つため、社内の生産性を高められます。

【生産性向上3】社内チャットがアイデアの共有環境となる

ビジネスチャットでは、会社の組織構成に関わらず、あらゆるメンバーで自由に構成したチャットルームを作成できます。普段は会話をする機会がないような他部署の社員とも、グループチャット内で自由にコミュニケーションができます。

また、メールだとどうしても業務連絡でしか使用できない固いイメージがありますが、コミュニケーションのハードルが低いチャットであれば、業務連絡ではなくても日々のちょっとした仕事の報告やアイデアの共有が活発に行われることもあるでしょう。組織横断のチャットルームにアイデアを投げてみれば、思わぬ議論の活性化につながるかもしれません。

おわりに

今回は、生産性を向上させるビジネスチャット導入後の社内コミュニケーションの変化についてご紹介しました。

社内チャットは、社員同士のコミュニケーションに良い変化をもたらすことが期待されます。グループチャット上で、積極的にメッセージを発信することで、自分の考えやアイデアをテキストはもちろん、画像や動画、スタンプを使いながら伝えられるようになります。
ぜひビジネスチャットの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

参考記事:職場での感情共有がチームの生産性を向上させるワケ

グループウェアに関するお役立ち情報を紹介

LINE WORKSはビジネスチャットだけでなく、グループウェアやコミュニケーション活性化に関するに関するお役立ち情報が詰まった資料・動画を無料でお届けしています。ぜひチェックしてみてください。

働き方が自然と変わる
仕事では別のLINEアカウントが使えたら、とは思いませんか。「ビジネス版LINE」のLINE WORKSは、おなじみのチャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、仕事で活用でき…