Article square balloon
2017-03-15

PowerPointですぐ使える日本列島オブジェクト作ってみた【無料ダウンロード可】

今回、日本地図をPowerPoint上ですぐ使えて、カンタンに編集できるように、PowerPointオブジェクトで日本列島を作ってみました。無料ダウンロード可能です!
Large
Article thumbnail cover

こんにちは。Yuta Morishigeです。
資料作成代行サービスのSKETを運営しています。

みなさん、PowerPointで日本地図を使うことってよくありますよね。

地図データを取得して使っているとは思いますが、基本的に配布されているデータ形式は AI などです。
一般ユーザーには馴染みのないデータ形式なので、使い方に困るのもそうですが、色を変えたいときは専用の編集ソフトを使う必要があります。

今回、日本地図をPowerPoint上ですぐ使えて、カンタンに編集できるように、PowerPointオブジェクトで日本列島を作ってみました。

▼すぐダウンロードしたい方はこちら。

作り始める前に思っていたこと

日本地図のイメージはPNGやJPEGで配布しているところもありますが、特定の都道府県を塗りつぶしたいと思ってもできないですよね。

ペイントでキレイに塗りつぶしてから保存して、PowerPointに貼り付けて、というのも面倒くさいですよね。

そもそも手に入れた地図データがPNGやJPEGになっていると、貼り付けると表示したときにキレイに映らなかったり、印刷できなかったりすることがあります。

それは「ビットマップ画像(ラスタ画像)」という特性上、1ドットずつ表示するので、拡大したときなどに荒れてしまいます。


ラスタ画像

出典:Wikipedia ビットマップ画像

これに対して、ベクタ画像というのがあるのですが、これはオブジェクトに座標を持たせて表示する形式(ドロー形式)の画像になります。
写真などには不向きですが、線や図形といった描画をキレイにできる形式です。

それが最初に紹介した AI というデータ形式ではあるのですが、Adobe Illustratorという有料ソフトウェアであったり、操作を覚えなければならなかったりと、すぐ使うには少し大変です。

「PowerPointのオブジェクトで作られた日本地図データがあればなぁ…。」

ということで2時間ぐらいで作ってみることにしました。

制作過程(都道府県の作り方)

まず、PowerPointで四角形のオブジェクトを作ります。
そして [右クリック] - [頂点の編集] をします。

そうすると、四角形の頂点を移動したり、増やしたりできるようになります。
頂点をドラッグすると頂点が移動します。
辺をドラッグすると新しい頂点を作って、その頂点を移動させることができます。

それでごねごねとアタリをつけていきます。

細かいところはデフォルメしつつ、いい感じにします。

はい、北海道の完成。

で、これをあと46回分やれば、日本列島の完成です。



\バァーン!/

あとは好きなように使いましょう

作ってしまえば、あとは好きなように使ってOKです。
オススメの使い方を何個か紹介しておきます。


使い方① 特定の県を示すときに、色を塗りつぶす。


使い方② ひとつの都道府県を抜き出して何か表現する。


使い方③ アニメーションで遊んでみる。


ダウンロードはこちらから

※テンプレートダウンロードサイトに飛びます。

おわりに

PowerPointってほんとに自由度が高いですよね。
私もなぜこんなことをしてしまったのかよくわかりません。
ただ、日本列島をPowerPointで扱えるのは非常に便利だと思うので、みなさんにも無料で使えるように配布したいと思います。

上のボタンよりダウンロード可能になっています。

2時間で作ったわりにはキレイにできていると思いますが、ちょっとズレていたり、拡大すると変なところがあったりするので、そこは勘弁していただければと思います。

それではまた。

他の資料コンテンツもよければどうぞ

【初心者向け】超IT初心者向けに作ったパソコン基礎知識の研修資料【無料DL可能】





著者 : Yuta Morishige
・Web資料コンテンツ「見やすいプレゼン資料の作り方」300万PV超
・著書「一生使える見やすい資料のデザイン入門」(インプレス刊)
資料作成代行サービスSKETの事業責任者


Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ