メール配信システムの
クラウドサービス

無料一括資料請求
資料を探すのが面倒な方は
※ 資料請求ボタンを押すと確認画面へ遷移します。
この資料は15ページあります。続きは請求してください。

お役立ちガイドが無料で読めます!


何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドではメール配信システムのサービスについてまとめています。
※ 資料請求ボタンを押すと確認画面へ遷移します。
これらの無料ガイドもよく一緒にダウンロードされています。
名刺管理ツール選び方ガイド
文書管理・EDI選び方ガイド
生産管理・販売在庫管理選び方ガイド
人材管理システム選び方ガイド
※ 資料請求ボタンを押すと確認画面へ遷移します。
選択中の{{checkedIds.length}}件の無料ガイドを

メール配信システムサービスを選ぶときの3つのポイント!


1
配信可能数と送信速度
配信可能数はまず最初に確認しましょう。自社はどれだけのメール配信するかを試算したうえで、選択しましょう。配信数が無制限のメール配信システムも存在します。 また、メール配信システムは、メルマガなどは大量のメールを一斉に送信することになるので、どれだけの速さでどれだけの量のメールを送信できるかは確認しましょう。これはサーバーの安定性も関わってくるので、ここも合わせて確認しましょう。
2
HTMLメールが使えるか
テキストメールは名前の通り、テキストのみを送信可能なメールです。受信者の環境に依存することなく、送信に時間がかからないことが特徴です。HTMLメールはテキスト以外に、画像の挿入や文字・背景の色を変更することのできるメールです。メールを装飾可能なので、綺麗でインパクトのあるメールを作成可能です。作り方もドロップ&ドロップで簡単に作成できるメール配信システムが増えています。また、顧客の開封率の確認が可能です。
3
効果測定機能
メール配信はマーケティング手法なので、効果を測定することは重要です。メール配信システムによって、どのような切り口からどれだけ深く効果を測定できるのかは異なるので、メール配信システムごとに比較しましょう。また、CSVデータをインポート、CSVデータとしてエクスポート出来るのかも合わせて確認するといいでしょう。

メール配信システムサービスの一覧


手間なし
費用なし
メール配信システム
18
サービス分の資料
※ 資料は登録したメールアドレスへ送信されます。
※ 資料請求ボタンを押すと確認画面へ遷移します。
Download for free yellow
※ 資料請求ボタンを押すと確認画面へ遷移します。
手間なし
費用なし
メール配信システム
18
サービス分の資料
※ 資料は登録したメールアドレスへ送信されます。
※ 資料請求ボタンを押すと確認画面へ遷移します。
Download for free yellow

メール配信システムの基礎知識


1
メール配信システムとは
メール配信システムとは、自社の顧客やユーザーに対してメルマガなどのメールを一斉に配信するシステムです。 多くの顧客・ユーザーに、同じ情報を同時に届けられるというメリットがあり、メールマーケティングと呼ばれるようにマーケティング戦略として利用されます。 また、メール配信システムは顧客を趣向や属性に応じてリスト分けすることも可能です。 SNSの普及により、ソーシャルメディアを活用したマーケティングが目立っていますが、メールマーケティングの力も無視することは出来ません。特定の顧客と強い関係性を構築するには、メールマーケティングは自社の強い味方となります。
2
メール配信システムの基本性能
・メール一斉配信 ・予約時刻配信 ・ターゲット配信 ・各種テンプレート ・ステップメール ・差し込みタグ機能 ・携帯電話・スマートフォン・タブレットへのメール対応 ・メール配信後の効果測定 メール配信する際に、決まった日時に配信することも当然可能です。さらに属性毎に顧客を指定して、その顧客のみに配信することも可能です。 また、ステップメールの様に事前に作成したメールを指定した日時間隔で送信する機能もあり、顧客のタイミングに応じて、最適なメールを送信可能です。ストーリー性のあるメールを送ることができ、メーリングリストよりも柔軟に運用可能です。 現在は様々なデバイスからメールを閲覧できるようになったので、多デバイス対応は重要です。特にスマホメールへの対応は最重要と言えるでしょう。 差し込みタグ機能を利用すれば、本文に変数を挿入し、顧客のデータに基づき、その変数のデータが自動的に変更されます。顧客ごとに異なる内容のメールを送信したいときに有効です。 メールの開封時間やクリック率、コンバージョン率等を計測することが可能です。これらの解析を行うことにより、配信メールの改善が可能です。
3
メール配信システムはなぜ必要か
・リピーター確保 ・顧客への情報配信 ・顧客との関係性の構築 ・高いコンバージョン率 ・高い費用対効果 サービスを運営している限り、リピーターの確保は重要な課題ですが、メール配信システムは顧客への情報配信により、リピーター確保に大きな力を発揮します。 冒頭でもご説明した通り、メールマーケティングは特定の顧客と強い関係性を構築するのに役立ちます。ある調査結果によると、顧客が企業から情報を受け取る手段として9割以上がメールを利用しており、まだまだSNSより高い水準にありコンバージョン率も依然として高いです。 また、メール配信システムは顧客にリーチする手段として圧倒的に低コストで費用対効果の高いと言えるでしょう。
4
メール配信システムを導入するメリット
・メール開封率を上げるための機能が内製されている。 ・メール配信の作業効率化 メール配信における最重要課題の一つはいかにメールの開封率を上げるのかです。メール配信システムでは、開封率を上げるためのノウハウが機能としてメール配信システム内に搭載されています。 例えば、差し込みタグ機能は送り先の方の名前を挿入することで、ユーザーに特別感を感じさせ、開封率も上がります。 メールを一斉に配信出来ること自体がもちろん効率化ですが、顧客のアドレスが間違っていた場合に送信できなかったメールを自動的に削除出来たり、セグメンテーション化が簡単なので、作業効率を上げることができます。
5
メール配信システムを導入するデメリット
・月額利用料が継続的に発生する。 メール配信システムは顧客との関係を構築するためのものなので、システム自体は継続的に運用しなければ意味がないので、必然的に継続的に月額利用料が発生します。無料のシステム・買い切りのシステムもありますが、操作性と機能性を考えると、継続的に月額利用料のかかるASP型のシステムを使うことになります。
6
メール配信システムで比較するべきポイント
・配信可能数 配信可能数はまず最初に確認しましょう。自社はどれだけのメールを配信するかを試算したうえで、選択しましょう。配信数が無制限のサービスも存在します。 ・テキストメールとHTMLメール テキストメールは名前の通り、テキストのみを送信可能なメールです。受信者の環境に依存することなく、送信に時間がかからないことが特徴です。HTMLメールはテキスト以外に、画像の挿入や文字・背景の色を変更することのできるメールです。メールを装飾可能なので、綺麗でインパクトのあるメールを作成可能です。作り方もドロップ&ドロップで簡単に作成できるツールが増えています。また、顧客の開封率の確認が可能です。 ・独自ドメインへの対応 独自ドメインを利用することにより、顧客に安心感を与えることが可能です。 ・効果測定機能 メール配信はマーケティング手法なので、効果を測定することは重要です。システムによって、どのような切り口からどれだけ深く効果を測定できるのかは異なるので、システムごとに比較しましょう。また、CSVデータをインポート、CSVデータとしてエクスポート出来るのかも合わせて確認するといいでしょう。 ・配信の速さ メルマガなどは大量のメールを一斉に送信することになるので、どれだけの速さでどれだけの量のメールを送信できるかは確認しましょう。これはサーバーの安定性も関わってくるので、ここも合わせて確認しましょう。
7
メール配信システムの導入に成功するため、失敗しないためのポイント
・メールアドレスの登録制限数 メールアドレスの登録件数に制限を設けているシステムは多いです。多くのメール配信システムは、初期費用+月額利用料という設定ですが、メールアドレスの登録制限数を超えると、超えた件数だけ月額利用料が増えてしまいます。どれだけのメールアドレスを登録するのかを試算することが重要です。 ・誤発信防止の機能や設定 大量のメールを一斉配信するため、誤発信は企業にとって大きな損失になりかねません。UIの使いやすさや設定により誤配信を未然に防ぐことが出来るかどうかを確認しましょう。