Article square balloon
2016-12-23

業務の生産性をUPさせる従業員エンゲージメントとは

Large
Article thumbnail cover

従業員エンゲージメントという概念が日本の企業でも重要視されるようになっています。ここでは従業員エンゲージメントとは何か、どんなことが行われるのか、またその効果についてご説明していきます。

従業員エンゲージメントとはどんなもの?

従業員エンゲージメントとは、従業員が働く企業に対する愛着心のことを意味しています。現在多くの企業がこの従業員エンゲージメントの強化に力を入れているそうです。従業員が企業のビジョンや理念に深い感情の伴った愛着・共感を持ちながら、自発的に業務に関わり、努力、実行を積み重ねることが従業員エンゲージメントです。その愛着の度合いはエンゲージメントレベルという尺度で測られます。

「満足度」と従業員エンゲージメントの違い

従業員満足度は企業が従業員に対して働きやすい環境や福利厚生面で有給や特別休暇を制定したり、研修制度などでスキルアップを促したりして、その企業で働くということにどれだけ従業員が満足しているかということを表します。一方で従業員エンゲージメントは、従業員がどれだけ企業に関わりを持てているかが測られます。

関わりの要素としては、組織に信頼を寄せているか、積極的な改善を行っているか、周囲や組織、社会に貢献できているか、自分に合った場所、合った仕事という適合感覚、損得を離れて付き合える仲間が要るか、価値観の共有ができるかなどが挙げられます。

従業員エンゲージメントを強化する要因となるものとは

従業員エンゲージメントは各個人が高めていくものです。そのためには主体的に仕事、組織に関わり解決していける主役として動ける環境があることが重要です。
また、自分の存在が認め、評価されること、知識やスキルなどの成長が感じられること、上司のリーダーシップ、強みを活化せる業務の存在、オープンなコミュニケーション、仲間との協働・協調、情報や資源入手の容易性、そして組織の風土や文化がエンゲージメント要因として挙げられます。

従業員エンゲージメントを強化することでの効果

従業員エンゲージメントが強まることにより、離職率の低下、欠勤率の低下、サービスの質の向上による顧客満足度の向上、売上や業績の向上という様々な効果が上がるようになります。そのためのアクションプランを練ることが重要となっています。
少子化、高齢化の影響を受け、労働人口の減少により企業の人材確保が難しい時代になっています。従業員エンゲージメントを高めることで優秀な人材の確保、定着を図ることに繋げていくことができます。そのことで企業や社会のビジネスパーソンの質の向上にも役立つ概念と言えるでしょう。

法人向けクラウドサービス口コミ・比較サイト「ボクシル」とは

法人向けクラウドサービス口コミ・比較サイト「ボクシル」では、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがボクシルです。ぜひ、登録してみてください。"

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ