{{ message }}
Article square balloon
2015-07-21

チャットサービスがア・ツ・イ!!外部サービス連携70個以上の最高にクールな「Slack」を紹介!

- PR -
- PR -
Large
Article thumbnail cover

shimbo

皆さんいかがお過ごしでしょうか。インフォグラフィックの記事以来の登場となりました、新保です。今回は私が「Slack」について紹介しようと思います!


最新のコミュニケーションツール「Slack」

皆さんは社内や社員同士でどのようにコンタクトをとっていますか?
SkypeとかChatWork、LINEなどを使っている人も多いのではないでしょうか。
ですが、正直今は「ChatWork」「Yammer」「HipChat」「co-meeting」「Skype」「LINE」など様々なチャットサービスがありますし、どのサービスを使うか迷うかもしれません。
そこで今回は、私たちの職場でも使っている最高にクールなチャットツール「Slack」を紹介します!
それでは早速見ていきましょう。

Slackとは?

「Slack」は、一言で言ってしまえばチャットツールです。
創業者はスチュワート・バターフィールド。あの画像共有サイト「flickr」の創業者と一緒なんですね〜。この2つは、もともとゲームを作りたかった彼が失敗し、その時会社で使っていたサービスを公開したそうです。
話は変わりますが「Slack」とはどんなものか、まずはイメージを掴んでいただくために、画像を載せておきます。
スクリーンショット 2015-07-20 16.29.25

なんとなく雰囲気がわかっていただけましたでしょうか。
それでは簡単に説明していきます。「Slack」を表す特徴として以下のようなものが挙げられます。

マルチプラットフォーム

対応OSはiOS(iPhone・iPad)、Android、PC(Mac、Windows)
スクリーンショット 2015-07-20 16.22.05

 

外部サービスの連携がいい

数えたところ70コ以上ありました...!
スクリーンショット 2015-07-19 17.44.22

 

全部英語

日本のソフトではないためすべて英語です。
ブラウザ版だとページの自動翻訳で日本語にして使うこともできます。

自動翻訳で日本語にしてみたのがこちら。
スクリーンショット_2015-07-20_13_10_57

そんなに不自然さもないので、翻訳しても大丈夫そうですね!

チャンネルがある

チャンネルとは身近な例で言うと、LINEのグループみたいな感じですが、
オープンなものとクローズドなものと分けて作れるのが大きな違いですね。

UIがかっこいい

デザインがとてもシンプルで見やすく、かっこいいです。クールです!
slack紹介

 

Slack
https://boxil.jp/others/784

 

おすすめポイント・機能紹介!

チャンネル

まずは先程も軽く触れた「チャンネル」から紹介していきます。
ここで紹介したいのが、自分の参加しているチャンネルじゃないところも閲覧することができるということです。
(先ほどのオープンなチャンネルというところです)

チャンネルのMoreというところをクリックすると、


slack紹介4
 

下のようなポップアップが出てきます。ここで自分が参加しているチャンネルと、そうでないチャンネルを見ることができます。
slack紹介5

普段自分が参加しているチャンネル以外で、社内では何が行われているのかを知ることができます。
新たな発見があるかもしれないですね!

ファイル送信

次にファイル送信について紹介します。
「Slack」のファイル送信機能で特徴的なのが、


  • 送るときに圧縮されない

  • プログラムのコードがキレイに送れる


といったところでしょうか。画像と一緒に見ていきましょう。
まずチャット画面の+マークをクリックすると次のようなポップアップが出てきます。
slack紹介6

上から順番に説明すると、「Upload a file」はその名の通りファイルを送信します。チャット画面に送りたいファイルをドラッグ・アンド・ドロップするだけでも送れます!
次に「Create a text snippet」はHTMLやJavascriptなど、コードをそのまま送りたいときに使います。コード補完やハイライト機能もついています!
最後に「Create a post」はちょっとした記事のような形を作れます。クリックすると下のようになるので、記入して送信しましょう!
slack紹介7

 

お気に入り

次はお気に入り機能の紹介をします!
これは身近な例で言えばTwitterのfavorite機能と似ています。
ワンクリックでいつでも見れるので、過去ログを振り返らなくて済むので便利です!
ポスト上にポインターを置くと☆マークが出てくるので、それをクリックするだけで、お気に入り登録が完了します。
スクリーンショット 2015-07-20 14.24.26

お気に入りリストを見たいときは、チャット画面右上の☆マークをクリックすると、Starred Itemsとして一覧が表示されます!


スクリーンショット 2015-07-20 14.24.34
 

マルチプラットフォーム

次はマルチプラットフォームです。パソコンで使ってるサービスをスマホで使ったらデザインが崩れてしまっている...なんてことはよくありますよね。
しかし「slack」はすべての端末、OSに対応しているのでその心配がありません!
私がiPhoneを使っているので、ここではiPhoneの画面を紹介しておきます。こちらです↓
slack紹介10
どうですか?キレイに表示されていますよね!
(モザイクばかりでわからないかもしれないですが...)
このように「Slack」ではどのデバイスでもキレイに表示されるので、ストレスなくチャットをすることができます!

外部サービス連携

最後に外部サービス連携を紹介します!
最初のほうで連携サービスが70以上あると紹介しました。
その中から今回は、Twitterとの連携を紹介しようと思います。
TwitterとSlackを連携すると、チャンネル上にTwitterのユーザーストリームを表示することができます!
自分のツイートだけではなく、リプライやRTなどの情報も表示されるので、アカウントを共有するのに便利かもしれません!
ちなみに、次のように表示されます。
スクリーンショット 2015-07-20 14.52.01
そしてこれをみてお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、「Slack」ではURLを貼るとインライン表示をしてくれるんです!
URLを貼るだけで、サイトや記事のタイトルや、画像、ちょっとした内容を表示してくれるので、わざわざ自分で説明する必要がないので非常に便利です!

Slackを実際に使ってみて

私も実際に約1ヶ月「Slack」を使ってきました。
そこで感じたことを少し書いていきたいと思います。

問題点・使わなかった機能

まず問題点としては全部英語なことでしょうか...。
僕はあまり英語ができる人間ではないので、実際の操作にはあまり問題はなかったのですが、ちょっと取っ付きづらさはありました。
使わなかった機能としては、「Snippet」でしょうか。これはコードを「Slack」上で共有できるものなのですが、僕には縁がありませんでした。
ただ、プログラマーの方とかには使える機能なのではないでしょうか!
ちなみにsnippet機能の画面は次のようになっています。
slack11

 

使える点・よく使う機能

つぎに使える点ですが、デザインがシンプルなので、英語がほとんどわからなくてもある程度操作できるというところでしょうか。
実際にいじっているとあまり英語で不便と感じることは少なかったです。
よく使う機能としては「お気に入り」機能でしょうか。ポストの☆マークをクリックすることで自分のお気に入りフォルダに追加され、昔のことを調べたいときにいちいち過去ログを振り返らなくても済みました!
お気に入りの画面はこちら。


スクリーンショット 2015-07-20 14.24.34
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は私新保が、私達も使っている最高にクールなチャットツール「Slack」を紹介しました!
チャットツールの導入・乗り換えをお考えの方は、「Slack」も検討してみてはいかがでしょうか。

Boxil(ボクシル)への会員登録はこちらから


Boxilとは

法人向けクラウドサービス比較 Boxil(ボクシル)では、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがBoxilです。ぜひ、登録してみてください。

Article whitepaper bgS3 0
社内SNS
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社ガイアックス、ウォンテッドリー株式会社、ChatWork株式会社
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
- PR -
- PR -
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ