ERPの
クラウドサービス

無料一括資料請求
資料を探すのが面倒な方は
利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
この資料は15ページあります。続きは請求してください。

お役立ちガイドが無料で読めます!


何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドではERPのサービスについてまとめています。
利用規約に同意の上
ダウンロード後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
掲載企業:
ミロク情報サービス,
株式会社オロ

ERPサービスを選ぶときの3つのポイント!


1
総合的な費用
最初のポイントは「総合的な費用」です。ERPシステムは、初期費用や月額費用が大きく、そこにまが行きがちですが、それだけでは不十分です。 なぜなら、初期費用と月額費用はもちろんのこと、それらに付随する費用も大きいからです。付随する費用としては、アドオン開発に関わる費用やサポート料金、そして社員にERPシステムの利用方法をレクチャーするための費用、必要な設備投資などが挙げられます。初期費用や月額費用が低価格だけど、「総合的な費用」は膨大な額になるというのはよくあるケースです。
2
サポート体制
次にERPシステムを導入する上で比較すべきポイントは、サポート体制です。その理由は、導入時はもちろんのこと、導入後もサポートを利用することは多いからです。ですから、しっかりサポートしてくれるかということをベンダーに確認し、比較する必要があります。ERPシステムは、企業の根幹をなすシステムであるからこそ、ベンダーとの関係は非常に重要になります。
3
UIデザイン
三つ目のポイントは、UIデザインです。導入したら毎日、それもかなりの時間顔をあわせることになるERPシステムだからこそ、UIのデザインにはこだわりを持って比較するべきです。誰だって見づらいUIで作業するより、かっこよくて綺麗なデザインのUIを使いたいものです。必要な機能を一通り揃えていれば、その他の機能よりも優先すべきなのは UI デザインかもしれません。

ERPサービスの図解とインフォグラフィック


Boxil ig erp1010 1
Boxil ig erp1010 2

ERPサービスの一覧


手間なし
費用なし
ERP
8
サービス分の資料
※ 一括資料請求ボタンを押すと、各サービス資料のダウンロード用URLがご登録頂いたメールアドレスに送信されます。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
Download for free yellow
利用規約に同意の上、資料請求をお願いします。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
手間なし
費用なし
ERP
8
サービス分の資料
※ 一括資料請求ボタンを押すと、各サービス資料のダウンロード用URLがご登録頂いたメールアドレスに送信されます。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
Download for free yellow


ERPの基礎知識


1
クラウドERPシステムとは

ERPとは、EnterpriseResourcesPlanningのことで、日本では「統合業務システム」と訳されることが多いです。これは生産管理の手法であるMRP(MaterialsRequirementsPlanning)が元となり、企業活動の土台として機能するシステムとして1990年代に登場しました。登場からまだ30年弱しか経たないのに、すでにヨーロッパでは普及率が70%を超え、日本では40%を超えてきています。
具体的には、生産、人材、会計といった部門ごとで動いているシステムを統合させることで、企業内の情報を一元化して経営判断に活かすシステムを指します。一昔前は、長期間にわたるすり合わせののちに、その企業に最適化させた高価なものを、自社で用意したサーバーに入れるのが主流でしたが、クラウド化が進み、今では短期間で自社のサーバーを用意せずに利用できるようになりました。これによってERPシステム導入への敷居は低くなり、中小企業でも導入する企業が増えてきています。

2
クラウドERPシステムの基本性能

・会計管理
・購買管理
・生産管理
・在庫管理
・販売管理
基本的には上記の機能はどのクラウドERPシステムにも機能として搭載されています。
会計管理には一般的な企業の会計にとどまらず、買掛金、売掛金にフォーカスにした管理をすることができます。購買管理は原材料の購入量や商品の入荷量の管理ができます。生産管理や在庫管理には棚卸資産や原価の会計上の計算が可能で、物によってはワークフローの管理もできるものがあります。販売管理では売上高の計算はもちろんのこと出荷日時や返品による売上高の減少まで記録することができます。
このほかは、導入する企業の規模や業種によって必要する機能が異なるため、機能を追加していくという形になります。また、上記の中にないものに関しては、既存のサービスや新規で契約するサービスを統合させるという方法があります。このときには、サービスがERPシステムと統合できるかベンダーに問い合わせる必要があります。

3
クラウドERPシステムがなぜ必要か

・情報管理
・ITコスト削減
・内部統制の強化
情報管理の必要性ですが、IT化の進んだ現代では扱う情報量が一昔前と比べて段違いに増加しています。しかも今でもその量は増え続けているのが実情です。ここで起きてくる問題は企業内の情報を管理できないという問題です。これはただ煩雑になっているという損失と同時に、それを活かした時に得られる利益を失っているという機会損失の面もあります。もし、情報管理に問題を抱えているようであれば、クラウドERPシステムの導入を検討するべきでしょう。
次にITコストの削減です。ERPシステムというとすごく高価なもので大きなコストを強いるものというイメージがありますが、それは先入観です。なぜならERPシステム導入によって利用をやめるサービスもあり、費用を計算するときには、これらを差し引く必要があるからです。規模の大きく、ERPシステムによって削減できるサービスが多い場合はかえってコスト削減ができることがあるかもしれません。
内部統制は情報セキュリティの点でも経営判断のスピードアップの点でも、内部統制の近年は喫緊の課題です。これを解決してくれるERPシステムもあるので、解決していきましょう。

4
クラウドERPシステムを導入するメリット

・経営状態の可視化
・危機管理の強化
・意思決定のスピードアップ
最初に取り上げたいメリットとして、経営状態の可視化があげられます。企業会計では、「決算時」の状態はわかりますが、「今」の経理状態はわかりません。ビジネスにスピードに求められる現代では、経営状態の可視化は大きな強みになるでしょう。
また、危機管理の強化も同様に大きなメリットです。災害時の営業を担保するBCP (事業継続計画)の策定は安定的な営業に必須です。また、セキュリティの強化も必要です。最近のERPシステムの中には、ISO 15408(セキュリティの国際標準規格) を取得したものやBCPに有効だと言われているクラウド型のものがあります。これらは企業の危機管理や内部統制の強化に役立ちます。
最後に、情報を一元的に管理できるようになることで、企業内の情報をすぐさま経営判断に活かすことができるようになります。「情報を集めること」が目的化してしまい、実際のビジネスに「情報を活かす」ことができていないケースはよくあります。「情報を活かす」ためにもERPシステムは貢献するでしょう。

5
クラウドERPシステムを導入する際のデメリット

・初期費用とアドオン
・専門性の欠如
初期費用とアドオンが費用を膨大にするということが言えます。企業規模が大きくなれば大きくなるほど費用は莫大になります。また、多くの場合はERPシステムにない機能や、不十分な機能をアドオン(追加開発)しなければなりません。これらによって導入費用が大きくなることが予想されます。
次に、専門性もデメリットになりえます。当たり前の話ではありますが、ERPシステムはERPであり、SFAでもなければBIツールでもありません。専門的なサービスと比較するとERPシステムの機能は劣ることが往々にしてあります。この場合は専門的なサービスと統合できるように調整しなければならないので注意です。

6
クラウドERPシステムを導入する際に比較するべきポイント

・総合的な費用
・サポート体制
・UIデザイン
最初のポイントは「総合的な費用」です。クラウドERPシステムは、初期費用や月額費用も大きいですが、それに付随する費用も大きいからです。たとえば、アドオン開発に関わる費用やサポート料金、そして社員にERPシステムの利用方法をレクチャーするための費用、必要な設備投資などが挙げられます。初期費用や月額費用が低価格ですが、「総合的な費用」は膨大な額になるというのはよくあるケースです。
次のポイントはサポート体制です。導入時はもちろんのこと、導入後もサポートを利用することは多いです。ですから、しっかりサポートしてくれるかということをベンダー間で比較する必要があります。
三つ目のポイントは、UIデザインです。導入したら毎日、それもかなりの時間顔をあわせることになるERPシステムだからこそ、UIのデザインにはこだわりを持って比較するべきです。誰だって見づらいUIで作業するより、かっこよくて綺麗なデザインのUIを使いたいものです。

7
クラウドERPシステムの導入に成功するため、失敗しないためのポイント

・機能と課題の一致
・類似企業の実績
・アドオンの難易度
第一に考えるべきなのは、「自社の抱える課題をそのERPシステムは解決しているのか」という点です。どんなに低価格で優れたERPシステムを見つけたとしても自社の課題と一致してなければ意味がありません。まず、課題を洗い出してから検討に入ると滞りなく選定に入ることができるでしょう。
第二にやるべきことは、ベンダーの実績です。ここで注意すべきなのは、ただ導入社数を見るのではなく、自社の規模や業種、その他特徴について似ている企業の実績を見るということです。その実績があれば、導入前の打ち合わせでも導入後のトラブルでもある。程度安心です。なぜなら、実績となっている企業への対応でベンダーがノウハウを培っている可能性が高いからです。ひとつとして同じ企業はないがゆえに、類似企業の実績の有無は非常に大切なポイントになります。しかし、絶対に安心ということではない点を留意しておいてください。
最後にアドオンの難易度もチェックしましょう。残念ながら本当に全て完璧で何も問題無し、というERPシステムは多くありません。最終的な詰めの箇所はアドオンに頼ることが多いです。アドオンはベンダーや他社にアウトソーシングすることもできますが、その難易度は低ければ低いほど良いのは間違いありません。