経費精算システムの
クラウドサービス

無料一括資料請求
資料を探すのが面倒な方は
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この資料は16ページあります。続きは請求してください。

お役立ちガイドが無料で読めます!


何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドでは経費精算システムのサービスについてまとめています。
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社マネーフォワード、株式会社Donuts、非公開企業
利用規約とご案内の連絡に同意の上
これらの無料ガイドもよく一緒にダウンロードされています。
テレビ会議・ウェブ会議選び方ガイド
生産管理・販売在庫管理選び方ガイド
アクセス解析ツール選び方ガイド
決済代行システム選び方ガイド
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
選択中の{{checkedIds.length}}件の無料ガイドを

経費精算システムサービスを選ぶときの3つのポイント!


1
会計ソフトとの連携
会計ソフトと経費精算システムとの連携は、まず比較検討するべきポイントでしょう。 すべての企業は、日々の経費精算をしたのち、必ず会計ソフトにデータを出力します。このときに出力をスムーズに行えると大きく業務効率を向上させます。反対にここで時間がかかってしまうようであると、業務効率を低下させる危険性が高まり、その経費精算システムを利用するインセンティブが小さくなります。自社で使っている会計ソフトは何で、検討している経費精算システムとスムーズな連携は可能なのかは重要です。この点は必ずベンダーに確認を取るようにしましょう。  
2
データ取り込みの手段
経費データの取り込み手段の多様さも比較すべき大切なポイントです。クレジットカード、電子マネー、交通系ICカードなどの取り込み手段に何があるかを比較するべきでしょう。近年では、どの経費精算システムでも広くカバーしていますが、導入後に困ることのないように、自社で想定しうる手段と、経費精算システムがカバーしている手段が合っているか確認しましょう。
3
自社のやり方との相性
企業には、それぞれ経費精算の流れにやり方というものがあります。このやり方とサービスの相違点を比較検討する上で洗い出すといいでしょう。この相違点には、変えられる所と変えられない所があるので、変えらない所に関しては、業務効率が低下する危険性があるということに注意するべきです。検討している経費精算システムそれぞれで、この洗い出しの作業をすることで、導入後に失敗する危険性を小さくすることが可能です。

経費精算システムサービスの一覧


手間なし
費用なし
経費精算システム
13
サービス分の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料は登録したメールアドレスへ送信されます。
Download for free yellow
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
手間なし
費用なし
経費精算システム
13
サービス分の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料は登録したメールアドレスへ送信されます。
Download for free yellow