生産管理・販売在庫管理の
クラウドサービス

無料一括資料請求
資料を探すのが面倒な方は
利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
この資料は16ページあります。続きは請求してください。

お役立ちガイドが無料で読めます!


何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドでは生産管理・販売在庫管理のサービスについてまとめています。
利用規約に同意の上
ダウンロード後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
掲載企業:
賢人株式会社

生産管理・販売在庫管理サービスを選ぶときの3つのポイント!


1
最低限の管理項目と料金
在庫管理システム・生産管理システムを導入する際に、まず見るべきポイントは業界によって異なる「最低限の管理項目」を備えているか否かです。ここで見て欲しいのは、資料の機能一覧ではありません。比較する上で検討している料金プランに含まれているか否かです。一般的に料金プランによって利用出来る機能が異なります。利用したい機能が、契約したときのプランに搭載されておらず、グレードアップによって想定外の、それも継続的なコストがかかるというのは困ります。検討している在庫管理システム・生産管理システムの「最低限の管理項目」を備えているプランの料金がサービスの比較を行うときの料金になります。
2
以前の運用体制にあっているか
在庫管理システム・生産管理システムの乗り換えをする際にサービスの比較で確認してもらいたいのは、運用体制に変化を必要とするかです。変化を必要とするのは、必ずしも悪いことではありません。むしろ、それによってメリットがあるなら、ぜひそうするべきです。しかし、変化に伴う教育コストをはじめとした費用を考えなければなりません。それらのメリットとコストのバランスを検討して、他の在庫管理システム・生産管理システムと比べることで、質の高い比較ができるでしょう。
3
機能の拡張
特に、オンプレミスからクラウドに変更するときに起こることですが、クラウド型の在庫管理システム・生産管理システムは、基本的にカスタマイズできません。しかし、追加の料金をベンダーに支払うことで、小さいカスタマイズや機能の拡張ができるものがあります。もし、もう一つ機能面が充実していれば、ということでしたら、ベンダーにカスタマイズや機能拡張ができるかどうかを確認するといいでしょう。

生産管理・販売在庫管理サービスの図解とインフォグラフィック


Boxil ig zaiko 1
Boxil ig zaiko 2

生産管理・販売在庫管理サービスの一覧


手間なし
費用なし
生産管理・販売在庫管理
2
サービス分の資料
※ 一括資料請求ボタンを押すと、各サービス資料のダウンロード用URLがご登録頂いたメールアドレスに送信されます。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
Download for free yellow
利用規約に同意の上、資料請求をお願いします。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
手間なし
費用なし
生産管理・販売在庫管理
2
サービス分の資料
※ 一括資料請求ボタンを押すと、各サービス資料のダウンロード用URLがご登録頂いたメールアドレスに送信されます。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
Download for free yellow


生産管理・販売在庫管理の基礎知識


1
在庫管理・販売生産管理システムとは

在庫管理・生産管理とは在庫物の個数管理・品質管理、さらには適切な製造ペースや品薄がないよう配慮したりと、製造業・流通卸業・印刷業・サービス業・工事業と幅広い事業の基礎でありながら、大変重要な分野であります。
在庫管理に関しては、在庫数が多くなるほどコストが高くなってしまいます。もちろん多くなるほど品質・状態管理にも手間暇がかかります。しかし在庫量が少なければ必要な時に出庫できない事態に陥ります。変動する需要に柔軟に対応し、販売管理や仕入管理を調整するだけでなく、質・量・時間までもきちんと考えていかなければなりません。生産管理についても同様に、ニーズに合わせてタイミングよく生産することに加え、製造に必要な原材料・作業員・作業場所・設備・工程・原価などのプロセスやワークフローの管理も徹底しなくてはならず、ミスは許されません。
ここでご紹介する在庫管理・生産管理のクラウドサービスは、導入することによって従来より管理コストが軽減されたり、効率的な進捗管理・業務負担の低減・業務効率の向上が期待できます。さらに自動で会計データ出力ができたり、経営分析機能を備えているサービスもあります。

2
在庫管理・販売生産管理システムの基本性能

・生産、在庫管理データをクラウドで同期・共有
・生産、在庫管理データの一括管理
・生産、在庫管理の可視化
・生産、在庫管理のコスト削減
・生産、在庫管理の分析・高速化
生産・在庫管理のクラウドサービスでは生産・管理の作業を、複数店舗・倉庫のデータや販売・在庫数も一括管理することができます。さらにクラウドコンピューティングにより、パソコン、スマートフォン、タブレットでどこからでもデータの閲覧が可能です。従来の生産・在庫管理にかかっていたコストや手間暇の大幅な削減が見込まれ、業務効率化や素早い経営判断が出来るようになります。

3
在庫管理・販売生産管理システムがなぜ必要か

在庫管理・生産管理はそれを必要とするビジネスでは大変重要な分野です。そのため管理に多大なコストや時間を割いていると思います。もちろん生産・在庫管理の管理ミスは事業に大打撃を与えるので決して手を抜くわけにはいきません。そこで出てくる解決策がクラウド型の在庫管理・生産管理ツールです。これらのサービスを導入することで、従来より生産・在庫管理に関する大幅なコスト削減が見込めます。さらに生産・在庫管理の可視化・高速化により、適切な発注、入庫・出庫管理や経営判断を素早く、正確に行うことが可能になります。

4
在庫管理・販売生産管理システムを導入するメリット

・従来の在庫管理・生産管理よりコスト削減が見込める
・データの統合、情報共有、一括管理により在庫管理・生産管理の見える化
・業務負担の低減が可能
・業務効率の向上が見込める
在庫管理・生産管理はデータの正確性・更新頻度が命。複数店舗・サービスのデータも一括にまとめることや、在庫管理の一元化など効率よく管理が行えます。さらにクラウド型のサービスなので、データは素早く反映され、共有が可能です。このため在庫管理・生産管理の見える化や効率化が可能。中には一部データを自動で入力できるサービスもあります。

5
在庫管理・販売生産管理システムで起こりえるデメリット

○インターネット環境
○初期費用、場合によっては月額費用
在庫管理・生産管理データにどこからでもアクセスできるというメリットは、インターネットにアクセスできないトラブルなどに陥った場合、在庫管理票や各種データを得ることができなくなります。ネット環境に接続できなくなる状況は十分想定されるので、その点の対策が必要になります。また、サービスによっては初期費用が高いものや、規模によっては月額費用がかさむ場合もあります。

6
在庫管理・販売生産管理システムを導入する際に比較するべきポイント

・初期費用または月額費用
・利用する規模・ユーザー
初期費用額、または長期的利用を視野に入れ導入を検討する際は、導入・その後にどの程度資金が必要になるのか正確に把握しなければなりません。導入にかかる初期費用だけでなく、導入後の運用費用のことも考えてサービス比較をすべきです。
また、販売数量や在庫数などの規模によって選ぶサービスも異なってきます。もちろん極端に規模が小さい場合は、無料のサービスを導入してみて、試験的に試すのも良いでしょう。
さらに、サービスのミスマッチを防ぐためにも、導入前には使用する部署、管理者が求めていたサービスと合致しているかどうか。実際に使い始めて煩わしい点や、困難な点がないかどうかきちんと確かめてながら、サービスを比較しましょう。

7
在庫管理・販売生産管理システムの導入に成功するため、失敗しないためのポイント

・実際に使用した際に、利便性が上がっているか
・初期費用/ランニングコスト
・セキュリティー対策は十分か
まずは初期費用と、その後にかかってくる月額費用などです。導入に大きなコストがかかる場合もありますし、月額費用が安くても、長期的スパンでは結構なコストになります。導入後いつまで利用するのか、長期的に利用していく場合には運用方法や活用方法もしっかり検討しましょう。さらにクラウド上にデータを管理するため、どこからでも情報にアクセスできる一方で、ネットに接続できなければデータにアクセスできません。その点は十分考慮し、万一そのケースに陥った場合のために対策を講じておきましょう。ほかにも商品管理、在庫管理表などのデータを第三者に盗み見られることのないよう、セキュリティ面の管理も徹底しておくと良いでしょう。