経費精算システム選ぶなら、クラウドサービスで比較

こんな課題、お持ちではありませんか?

【申請者側の悩み】
・外から入力できないので、会社で申請が必要なため月末まで申請をためてしまうケースがほとんど。
・領収書からシステムに1つ1つ入力していくため非常に手間で、システムも起動するのに時間がかかる。

【経理担当者側の悩み】
・申請内容と、明細の照合に工数が非常にかかる(申請はシステムで、レシートなどの明細は紙で管理するため)
・勘定科目の入力間違いや、提出漏れの管理に時間がかかり非効率。

クラウドサービスなら、解決できます

・その1:マルチデバイス対応で、時間・場所を限定せず、経費精算業務に取り組める
申請・承認の作業も普段使うスマホやアプリから。すきま時間に、経費精算ができ業務効率向上!

・その2:手動で行っていた作業が半自動化、時間短縮
ICカード、クレジットカードなど様々なデータを取り込むことが可能、入力や仕分けが楽に、簡単に!また、経費以外のシステム連携をすることが可能である、データを自動的に仕分けたり、会計ソフトに入力する手間省けたりリアルタイムで管理可能。

・その3:低コストですぐ利用でき、開発も不要
初期費用無料が一般的。さらに、月額も300円程度から利用できるサービスが多く、アカウント登録後すぐにID増減・サービス変更など柔軟に対応できるケースがほとんどです。

ビジネスの生産性を加速度的に向上させませんか?クラウドサービス選定に強いBoxilが厳選して資料をお届けいたします。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス資料をダウンロード