【レッドフォックス提供コンテンツ】
ルート/外回り営業「効率化の極意」は時間配分にあり?
いま営業が「位置情報」を活用すべき理由

概要

位置情報を活用して本当にビジネスが儲かるのか?この疑問に関して、実績数字に基づいた情報はまだまだ少ない状況です。本資料では、位置情報技術3.0時代の今、どのように位置情報は実際のビジネスシーンで活用されているかについて国外、国内の最新事例を交えて紹介。さらに、電子地図+行動ログの見える化によって、顧客管理、営業/ラウンダー、メンテナンスの業務効率を大幅に削減する方法も解説します。

内容(一部抜粋)

・国外・国内でどのように位置情報を活用しているか
・海外事例:路線バス/モバイルCRM
・2020年に60兆円市場「位置情報ビジネス」を活用せよ
・営業/ラウンダー業務の課題とは?
・行動ログ取得で訪問ルートの自動記録を実現