【株式会社テンダ提供コンテンツ】
金融機関が抱える全国1万人超の大規模研修の課題
マニュアル化工数「75%削減」で得られた経済効果とは?

概要

全国各地1万人を超えるシステムの操作対象者に研修を行う必要があったという某金融機関。紙のマニュアルだけでなく、シミュレーション型コンテンツを用いた研修を行うためにツールを比較検討していた。職員が使いやすくスピーディーに導入でき、費用対効果の高い「Dojo」を導入したことで得られた効果とは?本資料では、集合研修にてシミュレーションコンテンツを利用することで、金融機関に導入の背景と活用事例を解説する。

内容(一部抜粋)

・システム操作対象者「全国1万人」への研修が課題
・紙+シミュレーションコンテンツを活用できるツールを選定
・マニュアル作成を2か月から2週間(約75%)大幅短縮
・研修環境構築、コンテンツ制作の人件費も削減可能に

Dojo導入事例

※ 本資料では、eラーニングの内製化やテストエビデンスでの活用、集合研修のコストダウン、製造業でのタブレット閲覧用の現場マニュアルなど、通常のシステムマニュアルの作成用途以外にも幅広く活用される「Dojo」の導入事例を多数紹介しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料の無料DLはこちらから