文書管理システム選ぶなら、クラウドサービスで比較

重要文書の管理におけるこんな課題、お持ちではありませんか?

・様々な種類の資料に関する保管の仕方や保管場所に悩んでいる
・資料の内容によって権限付与を行いたいが、現状は適切にできていない
・ファイルサーバーにアップロードして管理するにも、コストや専門知識が必要

クラウドサービスなら、解決できます

・その1:保管形態・保管場所にまつわる手間やコストの削減が見込める
書類が紙の場合、原本の紛失や劣化が伴うことが多いが、クラウド上に更新することでメンテナンスの手間が軽減され、多拠点からのアクセスにも対応ができるため、保管に関する負担が軽減できる。

・その2:資料の重要度ごとに権限管理ができる
データストレージ上にアップロードすることにより、アクセスできる人員の登録、削除、権限変更などを用意に行うことができる。

・その3:低コストですぐ利用でき、開設まで短期間
クラウドならサービス導入するだけで社外からも必要な人員のみが文書にアクセスできる環境を実現可能。複雑な管理業務も不要なため、
費用対効果では自社で一から構築するより安価になるケースも。

ビジネスの生産性を加速度的に向上させませんか?クラウドサービス選定に強いBoxilが厳選して資料をお届けいたします。