【おかん提供コンテンツ】
ANAエアポートサービスから学ぶ健康経営!
24時間体制のシフト勤務スタッフを支える福利厚生とは?

概要

ANAエアポートサービスでは、2020年の国際線発着枠の増枠やオリンピック・パラリンピックの対応に向け、積極的に採用を実施しています。
従業員は若年層が占める割合が高く、24時間体制で空港のオペレーションを担うため、9割以上がシフト勤務をしているのが特徴です。

昨年度に従業員の健康増進や福利厚生などの観点から、職場環境・働き方にマッチしたサービス「オフィスおかん」を導入しました。

本資料では、ANAエアポートサービスをはじめ、さまざまな働き方の企業が「オフィスおかん」を活用し、福利厚生の拡充、社内のコミュニケーション活性化や、人材の採用・定着、従業員満足向上に役立てた事例を解説します。

内容(一部抜粋)

・従業員の健康増進や福利厚生など、健康経営に注力
・不健康になりがちな食生活を改善
・従業員の食に対する意識も向上

注目企業の業務効率化をまとめて事例解説!

※ 本資料「オフィスおかん導入事例」では、食の福利厚生サービス「オフィスおかん」を導入した成長企業の事例をまとめて解説しています。

掲載企業(一部抜粋/順不同)

・アイレップ
・さくらインターネット
・電通マクロミルインサイト
・ドコモ・ヘルスケア   など

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
オフィスおかん導入事例集を無料DL