【弁護士ドットコム提供コンテンツ】成長企業事例集
契約締結のリードタイムが最大10分の1に!大幅な効率化を実現する改革方法とは

概要

人材紹介や人材派遣などを手がける某大手人材紹介会社では、求人企業へ送る契約書を紙からクラウドサインに移行。これにより、7〜10日間かかっていた契約締結のリードタイムが大幅に短縮、案件の70%が1日以内に締結されるようになった。

本資料では、同社のほかさまざまな成長企業が「クラウドサイン」を活用し、契約締結にかかる時間を削減、大幅な効率化を果たした事例をまとめて解説。

内容(一部抜粋)

・契約締結に時間がかかりすぎており、機会損失が発生していた
・時間短縮のため「クラウドサイン」を導入
・7〜10日間をみていた契約締結のリードタイムが大幅改善

※本資料「クラウドサイン導入事例集」は、日々クラウドサインを活用している企業9社の事例を紹介しています。