【弁護士ドットコム提供コンテンツ】データ保存の「契約書」はどこまで有効?
ビジネスマンが知っておくべき「データ」に関する法務と税務を徹底解説

電子契約を締結してデータとして保存するにせよ、紙の契約書をスキャンしてデータ化するにせよ、契約を電子的に保存するにあたって知っておかなければならない法律が「電子帳簿保存法」です。
複数回にわたる法改正が入った経緯もあり、結局のところ、どうすれば契約をデータとして適法に保存できるのか不安なまま管理をしている企業も少なくありません。

今回は、電子帳簿保存法に定められた「電子取引のデータ保存」の義務と要件のほか、契約をデータ化し文書保存の負担を減らすにはどうすればよいのか?などを徹底解説します。

資料概要

1.契約書の「データ保存」に関する法務と税務
̶電子契約をデータとして保存する場合

2.契約書の「スキャナ保存」に関する法務と税務
̶契約書をスキャンして保存する場合

 

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料をダウンロード