【弁護士ドットコム提供コンテンツ】契約書の保存は紙からデータへ!
「電子取引データ保存」の義務と要件について徹底解説!

移動交通費・宿泊費などのコスト削減、移動時間の削減による業務効率化、社内コミュニケーションの活性化による業務スピード向上、意思疎通など、テレビ会議システムが設備インフラとして必要不可欠な機器になりつつあります。

一方で、テレビ会議システムは専用機タイプとパソコンタイプの2種類があったり、無料のものから100万円を超える高額製品まであったりと、様々な種類があり、どのシステムが良いのか知識のない方には分かりにくいシステムと言えます。

そこで本資料では、テレビ会議システムの導入・選定にあたって考えるべきポイントや、専用機タイプとパソコンタイプの違いなど、初めてテレビ会議システムの導入を検討する方にとって分かりにくいところを簡潔にまとめ、解説しています。

初めてテレビ会議システムの導入をする企業の調査ご担当者の方や、経営者の方にぜひお読み頂き、参考にして頂ければ幸甚です。

資料概要

1.選定にあたって考えるべき2つのポイント
 ポイント1 ストレスを生まないためには、 「音声 > 映像」
 ポイント2 考えるべきは、「現場のユーザ」と「用途」

2.専用機とパソコンタイプの違い
 1.テレビ会議システム比較表
 2.パソコンタイプのメリットと注意したいポイント

  1. まとめ

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料をダウンロード