【弁護士ドットコム提供コンテンツ】成長企業事例集
「ラクスル」に学ぶ!上場を支えた効率的な契約業務体制とは?

概要

2018年5月、東京証券取引所マザーズに上場した「ラクスル」は、事業拡大に伴い、サービスの種類・規模の増加やパートナーや契約数も増える一方、限られた社員数で単純作業に割かれる人的リソースを削減しなければならないという課題を抱えていた。
同社では契約業務などの単純作業の効率化や工数・コスト削減のため、「クラウドサイン」導入。

本資料では、同社のほかさまざまな成長企業が「クラウドサイン」を活用し、契約締結にかかる時間を削減、大幅な効率化を果たした事例をまとめて解説する。

内容(一部抜粋)

・リリースから約3年で2万社以上が導入「クラウドサイン」とは?
・某大手人材紹介会社、某急成長ユニコーン企業、上場企業などの導入事例

※本資料「クラウドサイン導入事例集」は、日々クラウドサインを活用している企業9社の事例を紹介しています。