在庫管理システム選ぶなら、クラウドサービスで比較

在庫管理に関するこんな課題、お持ちではありませんか?

・倉庫在庫状況確認(倉庫と現場の連携が取れておらず在庫確認が手間になっている)
・管理コストの肥大化(棚卸しや欠品の発生などに不必要なコストがかかっている)

クラウドサービスなら、解決できます

・その1:倉庫在庫状況の可視化
マルチデバイスで倉庫管理者だけでなく、営業などの現場メンバーとも在庫状況を確認できるため在庫確認がスムーズに。

・その2:管理コストの削減
在庫状況を可視化することで、余剰在庫や、欠品のリスクを未然に防ぐことができ管理コストの削減が可能に

ビジネスの生産性を加速度的に向上させませんか?クラウドサービス選定に強いBoxilが厳選して資料をお届けいたします。