【弁護士ドットコム提供コンテンツ】
「勤務時間」から「作業の時間」を削減!
30,000社が導入した電子契約サービス「クラウドサイン」利用者のリアルな声を一挙公開!

電子契約サービス「クラウドサイン」は、Web上で契約に関するすべての業務を行い、ペーパーレスや無駄な業務の削減を実現します。

住まいや商業施設のリノベーションを提供するリノベる株式会社は、契約書の扱いが多く、関連する事務作業のウェイトと手間が非常に高い状況が続いていました。そこで同社は、契約をクラウド上で完結できる「クラウドサイン」を導入。今では社内の利用率が90%に達し、「勤務時間」から「作業時間」を減らせただけでなく、紛失のリスクがなくなったことで情報セキュリティ面でも向上したといいます。

本資料では同社のほか、さまざまな成長企業が「クラウドサイン」活用によって契約締結にかかる時間を削減し、生産性向上に成功した事例をまとめて解説しています。

資料内容(一部抜粋)

  • リリースから約3年で3万社以上が導入「クラウドサイン」とは?
  • 某大手ネット印刷会社、某急成長ユニコーン企業などの導入事例9選

電子契約サービス「クラウドサイン」とは?

「クラウドサイン」はクラウド上で契約締結を行える電子契約サービスで、「無駄な費用」「保管スペース」「時間のロス」など、紙の管理で発生する負を解消。紛失リスクや詳細更新事項の目視が必要であった原本確認が容易になり、バックアップデータが原本となるため、データとしての検索性や確認の精度を向上させます。

《3つのポイント》

  • 顧客の登録が不要
  • 契約業務を圧倒的に効率化
  • コンプライアンスを強化

▼サービスの詳細はこちら
https://boxil.jp/service/611/