【弁護士ドットコム提供】
決め手は「時間とコストの削減」!
30,000社が導入した電子契約サービス「クラウドサイン」利用者のリアルな声を一挙公開!

契約にかかる「スピード、コスト、手間」に課題があったという株式会社は、クラウドサインを導入したことでこの課題が解決しただけでなく、ペーパレス化が進むなどといったメリットを享受しました。

本資料では同社のほか、さまざまな成長企業が「クラウドサイン」活用によって契約締結にかかる時間を削減し、生産性向上に成功した事例をまとめて解説しています。
導入検討にあたってのヒントとしてぜひご活用ください!

資料目次(抜粋)

  • リリースから約3年で3万社以上が導入「クラウドサイン」とは?
  • 某大手ネット印刷会社、某急成長ユニコーン企業などの導入事例9選

電子契約サービス「クラウドサイン」とは?

「クラウドサイン」はクラウド上で契約締結を行える電子契約サービスで、「無駄な費用」「保管スペース」「時間のロス」など、紙の管理で発生する負を解消。紛失リスクや詳細更新事項の目視が必要であった原本確認が容易になり、バックアップデータが原本となるため、データとしての検索性や確認の精度を向上させます。

《3つのポイント》

  • 顧客の登録が不要
  • 契約業務を圧倒的に効率化
  • コンプライアンスを強化

▼サービスの詳細はこちら
https://boxil.jp/service/611/

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料を無料DL