【弁護士ドットコム提供コンテンツ】
武器としての「契約アナリティクス」入門!リスト管理すべき20の契約項目

自社が締結した契約情報の把握は、事業部門や経営者に対してさまざまな提案を可能にします。しかし、紙文書前提の管理によって、本来は武器になるはずの契約情報を生かしきれていない企業が多いのが実状です。本資料では、契約書を「契約データ」という武器に変えるための第一歩として、管理すべき契約項目を3つのレベルにわけて詳しく解説します。

こんな課題をお持ちの方におすすめです。

  • 自社が締結した契約情報を把握しきれていない
  • 契約情報を生かすために必要な契約項目がわからない
  • 紙の契約書をデータ化したいが、スキャンが面倒