【あしたのチーム提供コンテンツ】
評価をする側とされる側では認識に大きな差があった!数字で見る人事評価制度の勘違い

人事評価制度を運用している企業の経営者・人事担当者が、自社の人事評価制度をどのように認識しているのか、運用上重視している点や課題などについてあしたのチームが調査データをまとめました。調査では、経営者・人事担当者の6割が「人事評価制度を適切に運用できている」と感じているのに対して、従業員の約7割が「人事評価制度に不満を持っている」という認識の差が明らかになりました。自社の人事課題にお悩みのご担当者様は、解決のヒントとしてぜひご活用ください。

こんな課題をお持ちの方へおすすめです

  • 人事評価制度を改善したい
  • 従業員エンゲージメントを高めたい
  • 評価結果を人材育成に活かしたい

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料をダウンロード