【マネーフォワード提供コンテンツ】
4月から中小企業も対象に!時間外労働の上限規制への対応方法を解説

4月から中小企業も対象になる「時間外労働の上限規制」。時間外労働の上限時間が法律で定められたことで、違反した場合に罰則が科されるおそれもあります。本書では、規制の内容を改めて確認した上で、勤怠管理に関する悩みを解決する方法を紹介しています。法施行によって勤怠管理の業務負担増加が見込まれる中、従業員・労務担当者の負荷軽減と適切な管理のために必要なこととは?

こんな課題をお持ちの方へおすすめです

  • 4月から時間外労働の上限規制の対象になるが、具体的な対策ができていない
  • 法施行によって増加する勤怠管理の業務負荷を軽減したい
  • 働き方改革関連法に対応した勤怠管理システムを導入したい