勤怠管理システム選ぶなら、クラウドサービスで比較

こんな課題、お持ちではありませんか?

【申請者側の悩み】
・直行直帰や打刻修正、休暇申請等に対応できず個別で稟議をあげる対応が必要なので手間と感じている。
・勤怠の記録が不正確なものになりがち(月末月初などにまとめて入力する事ができてしまう)

【経理担当者側の悩み】
・紙やメールでの、休暇や打刻漏れの申請用紙を確認しながら集計するため、計算が負担になっている。
・残業集計が月末になるまでできないので、残業超過を未然に防ぐ事ができない。
・会計システムや、給与計算ソフトに連携できないシステムであるため、月末にはどうしても工数がかかっている。

クラウドサービスなら、解決できます

・その1:マルチデバイス対応で、場所を限定せず、勤怠管理業務に取り組める
PCだけでなく、スマートフォン、ICカードで記録など様々な手段で記録や、申請ができるため必要に応じて申請の手段を変える事ができる

・その2:正確な労務管理を行うことができ、事前アラートも可能
外出先でも打刻できるため、正確な勤務記録を残しやすい。さらに、残業時間が長い社員や、休暇を取れていない社員に対して、自動でシステムが警告してくれるシステムもあるため、管理漏れによる勧告を防ぐ事ができる。

・その3:低コストですぐ利用でき、開発も不要
1アカウントあたり最安200円程度から、500円程度で利用可能。従業員数の増減に応じてID数を変更できるので、費用を抑えることができる。

ビジネスの生産性を加速度的に向上させませんか?クラウドサービス選定に強いBoxilが厳選して資料をお届けいたします。