名刺管理システム選ぶなら、クラウドサービスで比較!

名刺管理に関するこんな課題、お持ちではありませんか?

・同じ担当者で複数枚ある場合がある(部署変更などで複数の名刺があってどれが最新かわからない)
・資産として活用できていない(後に有効活用できると思っていたが、そのままになっている)

クラウドサービスなら、解決できます

・その1:名刺のアナログ管理や整理が不要に
名刺をデータとして管理できるため、企業名や名前、部署名などで自由に検索することが可能に。また、名寄せ機能があるため、1人に対し複数のデータが存在するという状況を回避できる。

・その2:部署部門間で、情報資産として管理
社内全体や部署単位で情報を共有することにより、新規獲得のための営業先がバッティングしてしまうことを防いだり、既存顧客との取引を複数メンバーで対応できるなどが可能に。複数のメンバーでステータス共有することができる。

ビジネスの生産性を加速度的に向上させませんか?
クラウドサービス選定に強いBoxilが厳選して資料をお届けいたします。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス資料をダウンロード