グループウェア選ぶなら、クラウドサービスで比較

こんな課題、お持ちではありませんか?

【利用者側の悩み】
・社内コミュニケーション速度が遅く、共有に時間がかかったり、伝ったかの確認に時間がかかる
・スケジュールが紙ベースまたは、社内ホワイトボードなどで共有されていて、他のメンバーがどこで何をしているか把握できない
・データへのアクセスや稟議申請など、社内でしかできない業務が多く、リモートワークなどに対応できない

【管理者側の悩み】
・機能ごとにツールが分かれているため、ID管理が大変
・使い分けが難しく、無駄なツールを利用している可能性がある
・付帯機能が多すぎるために、料金が高い

クラウドサービスなら、解決できます

・その1:マルチデバイス対応で、場所を限定せず業務に取り組める
PCだけでなく、スマートフォンで利用できるため、隙間時間の効率化が可能に。

・その2:様々な機能をまとめて利用できる
社内コミュニケーションを行うための機能が備わってるケースが多いため、社内コミュニケーションをまとめて効率化できる。さらに、様々なシステムを1つに集約して解決できるため、使い勝手が向上するケースが多い。

・その3:低コストですぐ利用でき、開発も不要
1アカウントあたり150円程度から利用でき、従業員数の増減に応じてID数を変更可能。必要な分だけ使用できるため費用を最小限に抑えることができる

ビジネスの生産性を加速度的に向上させませんか?クラウドサービス選定に強いBoxilが厳選して資料をお届けいたします。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス資料をダウンロード