【株式会社テンダ提供コンテンツ】
大手製薬メーカーが属人化から脱却
「1,800万円コスト削減」を実現したマニュアル自動化のポイント

概要

1,000人超の従業員向けに統計解析ツールのトレーニングを実施していた某大手製薬メーカー。同社では、ナレッジ強化や工数削減、マニュアル・教材の統一化をすべく、テンダの「Dojo」を導入しました。その結果、集合研修型トレーニングによる従業員の移動時間やトレーナーのコスト、ユーザー管理に費やす時間を大幅に削減。その効果は1,800万円にもおよびます。同社はいかにして属人化から脱却できたのか?詳細な事例を紹介します。

内容(一部抜粋)

・課題と導入背景
・作成したeラーニングコンテンツ
・トレーニングを開催せずとも予習・復習が可能に
・Dojo導入で1,800万円のコスト削減を実現

Dojo導入事例

※ 本資料では、eラーニングの内製化やテストエビデンスでの活用、集合研修のコストダウン、製造業でのタブレット閲覧用の現場マニュアルなど、通常のシステムマニュアルの作成用途以外にも幅広く活用される「Dojo」の導入事例を多数紹介しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料の無料DLはこちらから