BIツールの口コミ・比較・ランキング

BI(Business Intelligence) / ビジネスインテリジェンスとは、業務システムを通じて蓄積される莫大なデータを分析・加工し、経営の意思決定に役立てる手法です。
BIツールは、レポーティング、OLAP、データマイニング、プランニングなどの用途で利用され、経営の意思決定に活用できます。

サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。BIツールのサービス資料(15点)をまとめてダウンロードできます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約に同意の上
32件のサービスがあります
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。BIツールのサービス資料(15点)をまとめてダウンロードできます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約に同意の上
Heading kuchikomi

BIツールの口コミ

BIツールの図解・インフォグラフィック

Boxil ig bi1010 1
Boxil ig bi1010 2

BIツールの選び方ガイド

4ページ目以降を閲覧するには...
何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドではBIツールのサービスについてまとめています。
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
ウイングアーク1st株式会社、株式会社ジャストシステム
利用規約とご案内の連絡に同意の上

BIツールを選ぶときの3つのポイント!

1
目的と機能がマッチしているか
BIツール(ビジネスインテリジェンスツール)と一口で言っても、実は大きく分けて 4つの種類に分けられます。ですから、 まず最初にやらなければならないことは、自社の目的と機能がマッチしたものだけをピックアップすることです。このピックアップしたサービスだけで、比較をしていきましょう。ここでミスマッチが起きてしまうと、他の条件がどんなに優れていても、求めたパフォーマンスを達成することはできないでしょう。
2
利用者にあった UI か
BIツール(ビジネスインテリジェンスツール)は利用者の属性によって、「使いやすい UI」という定義が変わってきます。 現場のプレーヤーや、一つの部署のマネージャーが利用するならば、「シンプルで直感的な操作ができる」ものが、「使いやすい UI 」になるでしょう。なぜならば、それらの人々は基本的に情報分析に明るくないからです。しかし、専門の部署の担当者や、経営陣、つまり、スキルがあったり、俯瞰する視点を求める人では話が変わってきます。その場合は 「使いやすい UI 」 の定義は、「細やかな分析ができて、ダッシュボードで一覧できるもの」になってくるでしょう。このように、利用する人のスキルや視点、つまり属性によって比較するべきツールが変わってくるのです。BIツールを比較するときはサービスの対象がどのような属性の人かを考える必要があります。
3
必要なデータを取り込めるものか
BIツール(ビジネスインテリジェンスツール)は、企業に蓄積されたデータを分析して、ビジネス上の意思決定を進化させるためのものです。それは、データを取り込めないと何も機能しないということを意味します。ですから、すでに自社でデータベース(DWHやETL )を運用しているならばそれらとの接続ができるかということを確認しなければなりません。もし、データベースの運用していない場合や、 BIツール導入に際しリプレースを検討しているならば、この機能がついた BIツールを選ぶというのも一つの手です。

BIツールの基礎知識

1
BI(ビジネスインテリジェンス)ツールとは
BIツールとは自社で利用しているシステムなどに蓄積されている膨大なデータを、BIツール上に集約・体系化し、それらのデータを分析し、加工することによって企業の意思決定に役立てるというサービスです。
BIツールを利用すれば、社内外の情報を一元的に収集し、可視化することが出来ます。何が起きたのか、その原因はどこにあるのかを把握できるようになるので、意思決定の精度が上がります。その結果、売上向上や業務効率化が実現されます。
2
BI(ビジネスインテリジェンス)ツールの基本性能
一口にBIツールと言っても、「レポーティングツール」「OLAP分析ツール」「データマイニングツール」「プランニングツール」の4種類に分けられます。
・レポーティングツール これは問題が起こる兆候を事前に発見することを目的としたツールです。企業の業績などのパフォーマンスを監視・分析し、そこに異常が見られた場合は、分析・評価が行われます。その結果、問題が起こる前に、対処することが可能になります。

・OLAP分析ツール これは問題が実際に起きてしまった後に、原因の分析、並びに検証を行うことを目的としています。OLAPとはオンライン分析処理を指し、社内のデータベースに蓄積したデータを様々な角度から解析することによって、問題点やその問題を解決するための方法を発見することを目的としています。

・データマイニングツール これは問題に対する対処法を発見することを目的としています。様々なデータを分析し、問題の対処に利用できそうな、データ間の関係や傾向を探します。統計学的な手法を取られており、経営者は問題対処のための新たな切り口を発見することが出来ます。

・プランニングツール これは予算編成に役だつツールです。社内の過去のデータを分析することで、予算計画などの計画に対する根拠を手に入れることが可能です。
3
BI(ビジネスインテリジェンス)ツールがなぜ必要か
・経営者の迅速な意思決定
・企業内のデータを有効活用
・システムごとのデータ統合
売上分析や顧客動向分析などの分析はハードルが高く、専門家に頼りがちでしたが、BIツールを利用することによって経営者が自分の手で分析を行うことが出来るようになり、迅速な意思決定が可能となりました。
IT化が進む現在、企業が取り扱うデータ量は急激に増えており、データの管理運用・部門を超えたデータの統合が企業にとって課題となっています。部門ごとに全く異なるシステムでデータを管理していることも障害の一つでした。問題点としては、企業内にデータが存在しているにも関わらず、それを運用出来ないがために、活用できていない点にあります。
そこで、BIを導入することによって、企業内に蓄積されたデータを統合・分析し、戦略的に活用することが可能になります。
4
BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入するメリット
・全社のデータ共有
・全社員が最適で高度な分析を行える
・現状の迅速な視覚化
・レポート作成における工数削減
BIツールが導入されていない場合、部門ごとに業務データが管理されており、散在しているため、データを統合するだけでも一苦労でした。また、データの解析は知識のある一部の社員しか行うことが出来ませんでした。エクセルでデータ解析を行っても、その効果は少し疑わしいものがありました。
しかし、BIを導入することによって、部門ごとのデータはデータウェアハウスに統合され、全社のデータを即座に扱うことが可能です。また、分析ツールを利用することによって、ドラッグ&ドロップやクリックなどの簡単な操作のみで、誰もが業務内容に適した高度な分析を行うことが可能になります。部門ごとのデータで分析を行うのではなく、全社のデータで分析を行うため、従来では実現しえなかった高度かつ全社的な現状を示す分析が可能になります。
また、社員は自分の手でデータの分析を行うことができるため、タイムリーな解析結果をもとに、業務の問題点を把握し、即時的な対応が可能になります。 BIツールを導入しない場合はレポート作成にかかる工数も膨大でしたが、BIツールを導入することによって、レポート作成業務は効率化されます。
5
BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入する際のデメリット
・コストが高い
・設定にはある程度の知識が必要
・導入が難しい
クラウド型かオンプレミス型かに関わらず、BIツールは他のシステムと比較しても、高価な傾向があります。そのため、導入すればある程度のコスト増加は避けられません。
分析業務を誰でも行えるようになるのが特徴のBIツールですが、導入時には複雑な設定が必要となります。抽出・加工するデータの設定などは自社の人間が行う必要があるため、統計分析に関する知識のある社員が一人は必要です。
また、BIツールは導入が難しいツールとしても有名で、多くの失敗例を耳にします。その原因は、比較ポイントや重要なポイントが分からないためだと言われています。
6
BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入する際に比較するべきポイント
・自社の目的に合ったツールを選ぶ
・業種・業務内容に合ったツールを選ぶ
・ETL・DWHの対応
「基本性能」でもご紹介しましたが、BIツールには、「レポーティングツール」「OLAP分析ツール」「データマイニングツール」「プランニングツール」の四種類があります。ツール毎にその機能は全く違うので、自社がBIツールに求めていない機能を有するツールを導入しても全く意味はありません。
また、企業のデータを分析するBIツールには、企業の業種や業務内容ごとに多用される分析手法などをテンプレートとして用意しているツールがあります。自社の業種や業務内容に応じたツールを選択すれば、導入時の設定などにかかる負担を軽減することができます。
全社のデータを統合することはご説明しましたが、これを行うのがETLとDWH(データウェアハウス)です。しかし、このどちらとも既存の他システムに対応していなければ、他システムのデータを統合することが出来ません。ETL・DWHが既存システムに対応しているかは確認必須項目です。
7
BI(ビジネスインテリジェンス)ツール導入に成功するため、失敗しないためのポイント
BIツールは導入に失敗しやすいツールであり、6割が失敗するとまで言われています。なぜ、これほどまで導入に失敗するのか、その原因と対策をご紹介します。

・分析対象が明確でなかった。 BIツールはデータを分析するためのツールですが、社内で扱うデータは多種多様です。その中から、どのデータを分析にかけるべきなのか分からないパターンです。分析を簡略化するツールと言っても、分析対象は自分で決めなければなりません。システム・ツールの導入失敗例として、運用の目的が明確でなかったというのは多いですが、その一種と言える失敗原因かもしれません。目的を明確にしてから、導入に踏み切りましょう。また、分析対象を明確にしたうえで、業務部門とシステム部門で十分なコミュニケーションを取るようしましょう。

・業務現場で利用されなくなる。 他のシステムを導入したことのある方は経験したことがあるかもしれませんが、新しく導入したシステムは現場で利用されなくなることが多いです。その理由は運用のハードルが高いことが挙げられます。システム部門が、このBIツールなら現場の人間でも簡単に扱うことが出来ると考えても、現場の人間は少し不満を感じれば、利用するのをやめてしまいます。システム部門は現場のニーズを踏まえ、継続的にシステムを改善しつつ、運用しましょう。
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。