社内SNSの口コミ数・満足度ランキング | 無料トライアルあり

社内SNS(Social Networking Service)とは、社内におけるネットワーク活動を支援するシステムです。
例えば、従業員数が多く他部署など関わりの少ない従業員を把握することが難しい、社内サークル、内定者、ダイバーシティ交流などネットワーク活動が必要な場面で利用されます。
続きを読む
社内SNSのサービス資料27件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
Talknote
gamba!
Chatwork
Beat Shuffle
Aipo
houren.so
LINE WORKS

社内SNSのランキング

条件を指定して絞り込む
26
並び順
Talknote
料金プラン
-
無料トライアルあり
LINE WORKS
料金プラン
-
無料トライアルあり
LINE WORKS
料金プラン
360円-/月
無料トライアルあり
Yammer
料金プラン
-
無料トライアルあり
Chatter
料金プラン
-
無料トライアルあり
WowTalk
料金プラン
300円-/月
無料トライアルあり
Aipo
料金プラン
-
無料トライアルあり
ChatLuck
料金プラン
-
無料トライアルあり
gamba!
料金プラン
-
無料トライアルあり
Beat Shuffle
料金プラン
-
無料トライアルあり
InCircle
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
Chat&Messenger
料金プラン
-
無料トライアルあり
nanoty
料金プラン
9,500円-/月
無料トライアルあり
TEんWA
料金プラン
-
無料トライアルあり
SMART Message
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
Tocaro
料金プラン
800円-/月
無料トライアルあり
Zoho Connect
料金プラン
0円-/ユーザー
無料トライアルあり
LINE WORKS
料金プラン
-
無料トライアルあり
社内報アプリ
料金プラン
100,000円-/月
無料トライアルあり
Linkit
料金プラン
-
無料トライアルあり
社内SNSのサービス資料27件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
Talknote
gamba!
Chatwork
Beat Shuffle
Aipo
houren.so
LINE WORKS
社内SNSのお役立ちガイド
資料の続きを閲覧するには
何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドでは社内SNSのサービスについてまとめています。

社内SNSの基礎知識

1
社内SNSとは
社内SNSとは利用用途を会社内やチーム内だけに絞ったSNSのことです。LINEやMessengerのグループを会社やチーム内でやるというイメージを持ってもらったほうが理解しやすいかもしれません。メールでのやりとりとは違い、社員や仲間とコミュニケーションを取り合う時に気軽にやりとりができることが特徴です。
2
社内SNSの基本機能
・ビジネスシーンで利用されるメールと違い、気軽にやりとりができる。
・部署ごと、プロジェクトチームごとにグループを作れる。
・スマートフォンやタブレット端末などからも利用できる。
・クラウドで管理しているため社外でも利用可能。
ビジネスシーンでよく使われていたメールと比較すると割と気軽に素早くチーム内でコミュニケーションをとることができます。ビジネスでは素早く円滑なコミュニケーションが求められることが多いのでクラウド型の社内SNSサービスはとても注目されています。
3
社内SNSはなぜ必要か
会社やチーム内で一緒に仕事をする上で、ミスはどうしても起こってしまいます。しかし、連絡の遅れや伝達ミスなどコミュニケーション不足が原因のミスならば防ぎようがあります。そんな時に必要になってくるのが社内SNSです。社員、メンバー間でのやりとりを円滑に素早く行う事ができます。
世界中のビジネスシーンで重宝されているメールと違い、気軽にやりとり可能です。チームへのコミットを高めるという効果もあります。
4
社内SNSを導入するメリット
・素早く気軽にやりとりができる。
・絵文字やスタンプ機能により社員間の仲が深まる。
・部署間、チームの垣根を越えてコミュニケーションが取れる。
・全体的に低価格で導入できる。
・社外でスマートフォンやタブレット端末でも利用できる。
社内SNSを導入すると気軽にコミュニケーションが取れて、社員間の仲が深まります。それにより間接的に仕事がスムーズに進む効果が得られるでしょう。
5
社内SNSを導入するデメリット
・社内SNS利用者が少なすぎると導入の意味がない。
・雑談などをしてしまうと業務内容に関するやりとりが流れてしまい、遡らなければならない。
基本的にチャット形式のため、トーク履歴がどんどんと上にいってしまい遡るのに時間がかかってしまうこともしばしばあります。またSNSなので社内で利用者の割合が少ない時はあまり導入した時の効果を得ることが難しいでしょう。
6
社内SNSを導入する上での比較するべきポイント
・スマートフォンやタブレット端末で利用できるかどうか。
・機能の使いやすさ
・コスト
・送信データ量
・絵文字やスタンプ、いいね!機能が充実してるかどうか。
・アカウント数、グループ数などで細かいカスタマイズができるかどうか
導入前に無料お試し期間、体験版があるならば利用し使いやすさを体感してください。気軽にコミュニケーションができることが社内SNS導入の前提条件のようなものなので、使いにくいと感じるサービスは導入しない方が良いです。
7
社内SNSの導入に成功するため、失敗しないためのポイント
・利用人数、頻度にしっかりとあった料金プランを設定をする。
・社風や利用人数、頻度にしっかりとあった使いやすいサービスを選ぶ。
・しっかりと社内SNSが浸透するような社内環境を整える。
社内SNSはなかなか社員に浸透せずに失敗することが少なくありません。無料お試し期間、体験版があるならば是非試してみてから導入した方が良いです。

社内SNSの口コミ

LINE WORKSの口コミ
新垣 貴人
ユーザー
レイス株式会社
/
コンサルティング・専門サービス
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:1000件以上
投稿日:2021/02/22
4/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
メール・携帯電話SMS以外でのよりスムーズな連絡手段として、多くの人に認知をされ、実施に利用されているチャットツールのため、ネットワーク外部性が効いており、比較的ズムーズに連絡先の交換が可能
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
もともと別のチャットツールを使っていたが、費用対効果の面+外部の方との連携を考えた際に、上記理由もあって切り替えが始まった
サービスの5段階評価
使いやすさ
お役立ち度
カスタマイズ性
機能満足度
サービスの安定性
Beat Shuffleの口コミ
木原 瑞樹
ユーザー
個人事業主
/
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:1件
投稿日:2021/02/15
4/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
他社のSNSとの大きな違いはつぶやきやコミュニティのような社員間の業務を支援するツールの他にQ&A、アンケート、WIKIのような情報を蓄積するナレジマネジメントツールを合わせて利用できるところです。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
グループや情報の公開設定が5段階あり、他の社内ポータルと比べて多いです。ヘッダー部分には自分に関する新しい情報を一目で確認できるお知らせ通知と、検索バー、各種設定項目があります。当然ですが広告などはありません。
サービスの5段階評価
使いやすさ
お役立ち度
カスタマイズ性
機能満足度
サービスの安定性