o2oの口コミ・比較・ランキング

O2O / Online to Offline(オンライン・ツー・オフライン)とは、ECサイトやWebサイトなどオンライン上の購買・行動データと実店舗やイベントなどオフラインの購買・行動データの連携・融合させることでオンラインからオフラインまで統合的にマーケティングアプローチを行うことです。
O2O最適化ツールではオンライン上のクーポン配布からオフラインでのクーポン利用など、O2Oマーケティングの最適化を実現します。

サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。o2oのサービス資料(11点)をまとめてダウンロードできます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約に同意の上
33件のサービスがあります
無料トライアル無料プラン利用料金
NO IMAGE
NO IMAGE
Heading kuchikomi

o2oの口コミ

o2oを選ぶときの3つのポイント!

1
アプローチの手段
まず、O2Oにカテゴライズされているサービスを比較する上では、どのような手段で顧客にアプローチするのかを知りましょう。様々な手段の様々なサービスが顧客に対してアプローチをするというのがO2Oサービスの特徴です。自社のビジネスモデルを考え、どのような顧客にどのようなアプローチをかけるのが最善の方法なのかを考えると大きく効果が上がります。反対に顧客層や、ビジネスモデルに合わない方法を利用すると、効果はあまり出ません。
2
実店舗との連携
実店舗を運営している企業では、実店舗とO2Oサービスの相乗効果がどれくらい出てくるかを比較することが重要です。O2Oサービス単体の効果だけでなく、実店舗との相乗効果を考慮した上での導入効果を計算するべきでしょう。本当に正確な数値というものは難しいにても、今持っているリソースとの比較するO2Oサービスでコラボした動きができるかは事前に検討してください。
3
分析の種類
O2Oサービスを利用する際には、サービス導入後の効果測定をする機能があるかを検討しましょう。もしサービスに効果測定の機能がなくても、測定する手段があれば大丈夫です。とにかく、どれくらいの効果が出たのか分析ができないと、振り返りができません。これによって将来的なサービスの再検討ができなくなってしまいます。この事態を回避するためにもサービスの導入後の効果測定をする機能または手段が確保されているかが非常に重要な比較ポイントになるでしょう。

o2oの基礎知識

1
O2Oサービスとは
O2OとはOnline To Offlineの略称であり、今まではリアルの場面のみで行ってきたマーケティングやその他システムを、ウェブサイトを絡めてより効率的に行っていこうというものです。
例えば、TSUTAYAからスマホにDVD半額のお知らせが届いたから、借りに行こうという状況はO2Oが関与しています。つまり、リアルの販売とサイト等オンラインでの購買(EC)・マーケティング活動におけるオンライン側のサービスを請け負っているのがO2Oです。クーポンの他にも店舗アプリやECとのポイント連携といった事例があります。昔は紙のクーポンやチラシなしでは成し得なかった宣伝が、オンラインを通して行うことができます。
マーケティングの新たな切り口としてO2Oを検討してみてはいかがでしょうか。
2
O2Oの代表的なサービスの種類
・クーポン
・アプリ
O2Oはそのカテゴリーの特色上、様々なサービスを包括的に表しますのでここでは代表的な2つのものをあげたい思います。
1つにはクーポンがあげられます。オンライン上で取得したクーポンを実際の店舗で利用します。マックのかざしてクーポンや食べログ等のクーポンがそれにあたります。紙の代わりに使用されることで、提供側は印刷する必要がなくなりますし、利用側はわざわざ紙のクーポンを切り抜いて持ち歩かなくて済みます。
クーポンの他にはアプリがあります。それぞれの企業が独自のアプリを開発することで、よりお客様に対してアプローチしやすくなります。
3
O2Oサービスがなぜ必要か
・インターネットが身近になったため
当然のことではありますが、10年前にはO2Oのサービスは存在していたとしても売上は伸ばせなかったでしょう。それはネットが身近になかったからです。反対に今の時代にはスマホが普及しています。
手のひらのパソコンともいわれるスマホのシェア拡大によってインターネットが格段に利用しやすくなりました。テレビ離れすら謳われる中、紙のクーポンやチラシを刷るよりもデジタルのクーポン等を作成したほうが利用しやすく、コストも抑えることができます。
4
O2Oサービスを導入するメリット
・ネット経由の利用
・アナログでは難しい機能
・若者へのリーチ
インターネットを利用して行うことのみでもメリットがあります。情報が最新であること、持ち運ぶ手間がないことのほか多数あります。また、そもそもアナログでは不可能だった利用法も可能になっています。アプリから実店舗を探すときに従来は表示できる地図に限りがありましたが、デジタルのアプリであれば自宅付近、会社付近、出張先付近などと際限をなく表示させられます。情報量の制限がなくなったと言えるでしょう。
O2Oは若者へのリーチも容易にこなします。Twitter等のSNSと連携が図れるものであれば、若者のプラットフォームであるSNSのタイムラインに載ることはそう難しくありません。
5
O2Oサービスを導入する際のデメリット
・ネット環境がマスト
・高齢者にはリーチが困難
メリットはデメリットの裏返しになることが多く、今回もそれに当てはまります。ネットを経由するがゆえのデメリットはネットにアクセスする環境がマストである点です。圏外のときや通信制限がかかっているときは使用ができません。
また、ネットを普段から利用しない人にも同様に利用されにくいです。その典型が高齢者です。そのサービスが高齢者をターゲットにしていないのならば問題ありませんが、もしターゲットに含んでいる場合はO2Oの利用はあまりおすすめできません。高齢者にも利用していただきたい場合は、わかりやすく直感的に扱えるようにすることはマストです。
6
O2Oサービスを導入する際に比較するべきポイント
・問題を解決できるか
・どのようなアプロ-チをとるか
現在、多様化しているO2Oサービスですが、上のような点に注意して比較すべきです。問題を解決できるかはサービス全般で重要ですが、種類が豊富なO2Oでは特に注視すべきかと思います。アプリやクーポン、SNS、アンケートなど、どのサービスがユーザーのニーズになっているかを考察しましょう。
また、そのユーザーへのアプローチ方法も重要です。先に上げたように様々なマーケティングをしていくことができます。実店舗を主体で扱うのか、ECサイトを主軸に運営していくのか、それだけでも力の入れどころが変わります。その点を注意すれば、自ずと導入候補のサービスも絞られてきます。
7
O2Oサービスの導入に成功するため、失敗しないためのポイント
・そもそも必要か
・導入はスムーズに行えるか
・コスパ
導入をするときにはまず、そもそもそのサービスが本当に必要かを見極めなくてはなりません。アプリを導入することでユーザーの来店回数は増加するのか、根本の問題としてアプリをインストールしてもらえるのかなどユーザー視点に立って今一度考えてみましょう。これらのサービスは導入時につまずかないかも注意を要します。
仮に店舗側が容易に準備出来たとしても、ユーザーが慣れるまでには時間がかかるかもしれません。先を見通して検討しましょう。そしてコスパも考えなくてはなりません。
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。