採用管理システムの口コミ・比較・ランキング

採用管理システムとは、候補者の履歴書、選考状況、面接官による評価など多岐にわたる採用データの一元管理を実現し、採用業務の効率化、採用に係るROIの最適化を支援するシステムです。
採用データの管理に加え、候補者やエージェントとのコミュニケーションもサポートします。

サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。採用管理システムのサービス資料(7点)をまとめてダウンロードできます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約に同意の上
10件のサービスがあります
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。採用管理システムのサービス資料(7点)をまとめてダウンロードできます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約に同意の上
Heading kuchikomi

採用管理システムの口コミ

採用管理システムの選び方ガイド

4ページ目以降を閲覧するには...
何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドでは採用管理システムのサービスについてまとめています。
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社ビズリーチ、株式会社Combinator、株式会社Donuts、株式会社ジャパンジョブポスティングサービス
利用規約とご案内の連絡に同意の上

採用管理システムを選ぶときの3つのポイント!

1
自動化できる流れ
採用管理システムを導入する最大の目的、メリットは採用業務の効率化です。この目的をどこまで果たせるかは、どこまで採用業務を自動化できるかにかかっています。自動化できるものとしては、複数の採用サイトからの応募情報の一元管理はもちろんのこと、各種条件による絞り込み機能、そして候補者に対するメール配信などの一次コンタクトなどが挙げられます。自動化できる領域が広がれば広がるほど、業務効率は向上していきます。
2
効果測定機能
採用業務の自動化だけが採用管理システムの機能ではありません。採用した候補者や採用しなかった候補者の分析をすることも自動化と同じくらい重要な目的です。これによって採用の質を高め、結果的に業務効率を高めることにつながります。採用した候補者の大学をはじめとした属性に分析や、採用サイトの実績の分析などが分析の一例に当たるでしょう。採用活動は、業務効率や質を検討するのが難しいだけにこの機能の充実さは重要な比較ポイントとなるでしょう。
3
他サービスとの連携
自動化機能が充実している採用管理システムでは、候補者と面接者の面接の日取りを自動で調整してくれます。ここで起こりうるトラブルは、自動で組まれた面接の予定を面接者がしっかり把握しておらず、ダブルブッキングを起こしてしまうことです。これを防ぐ手段として、面接者のスケジュール管理サービスと採用管理システムを連携させて、自動で反映させることです。これができるとできないでは、ミスの確率が大きく異なります。できるだけ、この機能のあるものを選びたいところです。
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。