MAツール(BtoB)の口コミ数・満足度ランキング | 価格とプランも

MA / Marketing Automation(マーケティングオートメーション)とは、メールの開封状況やWebサイトへの訪問履歴などを基にした顧客のスコアリング、スコアリングに応じたキャンペーンの実施などを自動化し、企業のマーケティングを効率化するシステムです。スコアリングの精度向上必要なデータをインプットするための連携が重要であり、人工知能を活用したキャンペーンの高度化がトレンドのMAツールの、レビュー数・満足度のランキングを紹介します。
MAツール(BtoB)のサービス資料15件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
Cloud CMO
SATORI
Pardot
Kairos3
b→dash
マーケティングオートメーション MAJIN
Dr.Marketing

MAツール(BtoB)のランキング

条件を指定して絞り込む
19
並び順
HubSpot
料金プラン
-
無料トライアルあり
Pardot
料金プラン
150,000円-/月
Marketo Engage
料金プラン
-
SATORI
料金プラン
148,000円-/月
Kairos3
料金プラン
6,000円-/月
マーケティングオートメーション MAJIN
料金プラン
100,000円-/月
無料トライアルあり
Cloud CMO
料金プラン
80,000円-/月
無料トライアルあり
b→dash
料金プラン
-
Oracle Marketing Cloud
料金プラン
-
Oracle Eloqua
料金プラン
-
Dr.Marketing
料金プラン
30,000円-/月
無料トライアルあり
GoQMieruca
料金プラン
-
無料トライアルあり
マウティック
料金プラン
-
無料トライアルあり
OPTIO
【B2B向け】インタラクティブコンテンツを活用したリード獲得ツール「OPTIO」
料金プラン
50,000円-/月
無料トライアルあり
HCL Campaign
料金プラン
-
Cloud Circus
料金プラン
50,000円-/月
無料トライアルあり
nosy
料金プラン
-
無料トライアルあり
まるごとおまかせZabbix
料金プラン
499,000円-/年
サスケLead
インサイドセールス専用システム『サスケ Lead』
料金プラン
45,000円-/月
無料トライアルあり
MAツール(BtoB)のサービス資料15件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
Cloud CMO
SATORI
Pardot
Kairos3
b→dash
マーケティングオートメーション MAJIN
Dr.Marketing
MAツール(BtoB)の選び方ガイド
資料の続きを閲覧するには
何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドではMAツール(BtoB)のサービスについてまとめています。

MAツール(BtoB)の基礎知識

1
マーケティングオートメーションツール(MAツール)とは
マーケティングオートメーションツール(MAツール)とは、マーケティングに関するプロセスを自動化するというコンセプトのツールです。
大衆に対して画一的な方法でマーケティングを行うマスマーケティングとは異なり、興味や関心が異なる顧客それぞれに対して、それぞれ異なるマーケティング方法を採るデジタルマーケティングをサポートするものです。見込み顧客を選別し、育成するところまでをITによって自動化します。
具体的にはITにより、顧客の興味・関心を把握し、その興味・関心に合った商品・サービスをレコメンドし、購買行動までつなげます。興味・関心の高い消費者に対して効率的に購買を促すことが可能です。
2
マーケティングオートメーションツール(MAツール)の基本性能
・リード管理・セグメンテーション
・Webランディングページ・登録フォーム
・メール配信機能
・SNS連携
・キャンペーンや施策の管理
・レポート作成・分析
マーケティングオートメーションツール(MAツール)はマーケティング活動の効率化をサポートするための機能が搭載されています。その中でもリード管理がメインの機能と言うことが出来ます。そもそもリードとは自社の商品やサービスに興味・関心を持つ消費者を指します。マーケティング活動ではこのリードを顧客に転換させることが重要です。そのためにリードごとの自社サイト上での行動履歴などを適切に把握・管理することで、消費者の興味・関心に沿ったマーケティング活動を行うことが可能になります。
セグメンテーション別にメールを送信したり、消費者の行動に応じてメールを送信するなどのメールマーケティングも行うことが出来ます。 現在、リード獲得のための大きな手段となったSNSとの連携も可能です。
また、自社で行ったキャンペーンや施策の状況・結果を管理することが出来ます。また、それらの結果などに関するレポートを作成することができ、分析も可能です。 DMPというデータを蓄積・セグメント化するシステムと相性が良く、DMPと併用することで、マーケティングオートメーションツールを効率的に運用することが出来ます。
3
マーケティングオートメーションツール(MAツール)が必要とされている理由
・営業効率の向上
・見込み顧客への効率的アプローチ
インターネットが普及するまでは、BtoBのマーケティング活動において、営業マンが見込み顧客に定期的に営業に行っていました。しかし、これでは営業マンの力量に頼る部分が大きく、社内全体の営業効率を上げるのは難しいという問題がありました。しかし、インターネットが普及してマーケティングの在り方が変化しました。
見込み顧客は営業がなくとも、インターネット上で資料をダウンロードできるようになり、競合他社との製品・サービス比較も簡単にできるようになりました。この結果、他社との競争が激しくなりました。企業はインターネット上の見込み顧客に効率的にアプローチする必要が出てきました。このような時代だからこそ、Webマーケティングを自動化するマーケティングオートメーションツール(MAツール)は必要とされます。
また、マーケティングオートメーションツールを導入前は、営業リストを作成しても、興味・関心が分からなかったので、闇雲に営業を仕掛けることしか出来ず、営業漏れも多かったようです。マーケティングオートメーションツールを導入することによって、興味・関心に応じて、効率的に営業を行うことが可能になりました。
4
マーケティングオートメーションツール(MAツール)の導入によるメリット
・収益性の向上
・キャンペーンの効果向上
・業務負担の軽減
・マーケティング担当者の人材不足の補てん
・新しいリード育成チャンネルが手に入る
見込み顧客の行動履歴を管理・分析することが出来ます。このような行動履歴を分析することで、今まで見えなかった見込み客のニーズが見えてきます。ニーズが分かれば、効果的な営業活動が可能となり、売り上げにつなげやすくなります。また、見込み顧客のニーズを分析し、その結果を反映したキャンペーンを行えば、キャンペーンによる効果を上げることができます。
また、マーケティング業務をサポートするための機能が搭載されており、細かい作業を必要とするマーケティング業務を効率化することが出来ます。煩雑な作業が多いために、人材不足に陥りがちなマーケティング部門の負担軽減にもつながります。
見込み顧客の獲得方法に行き詰っている方も多いのではないでしょうか。マーケティングオートメーションツールの導入によって、見込み顧客のニーズに合せて、適切なアプロ―チを行い、見込み顧客を効果的・効率的に育成できるようになります。
5
マーケティングオートメーションツール(MAツール)の導入によるデメリット
・機能が複雑で、ユーザーのスキルが追い付かない
・効果が出るまでの時間を要する
マーケティングオートメーションツール(MAツール)を導入すると、ユーザーのスキルがマーケティングオートメーションツールの機能に追いつかないという状況に陥りがちです。中でも、よく取りざたされるのはスコアリングです。顧客を正しくセグメントするために重要な作業ですが、どのようにスコアをつけていけばいいのか分からないことは多いようです。
即効性は低いと言えます。マーケティング活動は、計画と改善を繰り返しながら行うものですが、マーケティングオートメーションツールを導入してもそこは変わりません。ツールはマーケティング活動を効率化するものの、マーケティング自体を自動化するわけではありません。よって、ユーザーの能力は問われますし、効果が出るまでに時間もかかります。
6
マーケティングオートメーションツール(MAツール)を導入する際に比較するべきポイント
・自社が必要とする機能を搭載しているか
・簡単に操作できるか
・長期的に行動履歴を管理できるか
・サポート体制が充実しているかどうか
・初期費用が抑えられるかどうか
当然のことですが、どのようなツールを導入する際でも、そのツールにどのような機能を求めて、どのような結果を出したいのかを社内で決めることは効率的運用のためには避けられません。社内で求める機能を搭載しているか確かめたうえで、費用面を考慮しましょう。
そして、マーケティングオートメーションツールは、マーケティング活動全般において、営業部門などが利用することになるツールなので、実際に利用するユーザーにとって操作しやすいものでなくてはなりません。そのために選定の際には営業部門など実際の利用者が主導するべきでしょう。
行動履歴の管理が長期間出来るかどうかも重要なポイントです。リード管理が中枢機能とご紹介しましたが、その管理を長期間行えることが重要です。BtoBのビジネスにおいては取引や交渉が長期間行われますが、その期間にもマーケティング施策を打ち続けなければなりません。企業ごとに長期間、情報を管理できるということは重要です。
7
マーケティングオートメーションツール(MAツール)の導入に成功するため、失敗しないためのポイント
・コンテンツ量が十分でない
・豊富な機能に振り回されて終わる
・スコアリングのブラックボックス化
・スコアリングの基準のの間違い
マーケティングオートメーションツール(MAツール)は、機能が豊富でどのツールを利用するべきか迷う方も多いかと思います。もし、たくさんの機能を搭載しているほうがいいだろうと考え、導入してしまったら、全てを使いこなせず、むしろ運用に無駄が生じることになります。社内でマーケティングオートメーションツールに対して求める機能を検討することが重要です。
マーケティングオートメーションツールはリード管理して、セグメント別に興味・関心を持ってもらえるようなコンテンツを配信して、見込み顧客を育てるツールです。そのため、自社に適量のコンテンツが蓄積されていなければ、適切なコンテンツを配布することすらできません。導入前に自社のコンテンツ量を確認する必要があります。
マーケティングオートメーションツールにおいて、リードの興味・関心度を示すスコアリングは非常に重要です。スコアリングが適切でないと、興味・関心の高い見込み顧客に効率的にアプローチすることが出来ません。スコアリングも確認必須の項目です。

MAツール(BtoB)の口コミ

HubSpotの口コミ
相羽 貴樹
ユーザー
個人事業主
/
マスコミ/広告/デザイン/ゲーム/エンターテイメント系
利用状況:利用中
/
5/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
個人事業主として顧客管理するときに見つけた。メール送信の状況や商談管理、毎月のタスクの進捗状況などを把握するために役立てている。 顧客数の規模が小さいうちは無料で使えるところが大変良い。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
複数の顧客とのやり取りを、このツールを使えば一括管理できる。ビジュアル的に自分の仕事の量、そして進捗状況を一目で把握できる。おかげで仕事のチェック漏れがなくなった。
サービスの5段階評価
使いやすさ
お役立ち度
カスタマイズ性
機能満足度
サービスの安定性
HubSpotの口コミ
匿名のユーザー
導入推進者
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
5/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
営業組織立ち上げ初期に利用するに無料ツールとして、要件をすべて満たしている。 顧客情報登録(社名/担当/連絡先)、一斉メール送信、開封確認、商談管理まで無料で利用ができ、運用が軌道にのったら優良プランに切り替えて利用ができる。 一定の件数まで無料で利用し効果測定を行うことができる為、予算獲得のためのデータを集められ、初期の予算確保が難しい企業にはとくにおすすめです。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
俗人化している新規営業手法を体系化し、データをベースとした戦略戦術に落とし込むために導入。 一定の件数まで無料で利用し効果測定を行い、予算獲得のためのデータを集めたうえ有償化予算を確保する計画。
サービスの5段階評価
使いやすさ
お役立ち度
カスタマイズ性
機能満足度
サービスの安定性
営業担当の印象
サポートの品質
初期設定の容易さ
料金の妥当性
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。