レンタルサーバーの口コミ・比較・ランキング

レンタルサーバとは、サーバを貸し出すサービス全般を指します。
レンタルサーバはホスティング、共用サーバとも呼ばれ、一台のサーバーを複数のユーザーで共有して利用されます。
主にWebサービスやホームページを公開するWebサーバの用途で使われることが多く、事業者によってさまざまなプランが用意されています。

サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。レンタルサーバーのサービス資料(4点)をまとめてダウンロードできます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約に同意の上
12件のサービスがあります
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。レンタルサーバーのサービス資料(4点)をまとめてダウンロードできます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約に同意の上
Heading kuchikomi

レンタルサーバーの口コミ

レンタルサーバーを選ぶときの3つのポイント!

1
同時アクセス数と回線容量
レンタルサーバーを利用するにあたり、一番心配しなければならないのが通信障害です。通信障害を引き起こす要因はいくつかありますが、同時アクセス数と回線容量が大きいでしょう。同時アクセス数はサイトにアクセスが集中した時に足かせになってしまうポイントです。多くの場合、アクセスが集中するときはPR をしたときなどチャンスであるときが多いです。そのチャンスを逃す機会損失が大きいので同時アクセス数は重要です。同じように回線容量も大きくしておかないと通信速度の低下、通信障害につながるので注意が必要でしょう。
2
サーバーのスペック
サーバーのスペックはもちろん重要です。自社の、共有の場合は他の領域にアクセスが集中しているときに、処理スピードなどのスペックが高いと、サイトが重くならずに動きます。スペックを悪人する際には、クロック数やコア数を資料で確認するか、直接ベンダーに問い合わせるといいでしょう。
3
サポートとバックアップ
特に専用サーバーやVPSを運用するならば、少なからず専門知識が必要となってきます。それでも問題というものは発生するものなので、ベンダーのサポートはしっかり確認しておくと良いでしょう。また、予期せぬことでサーバーのデータが消えてしまったりトラブルが起きたときには、バックアップがあると非常に安心です。このバックアップは今や多くのサービスで取り入れられていますが、期間などが異なるので、そこが比較ポイントになるでしょう。

レンタルサーバーの基礎知識

1
レンタルサーバーとは
レンタルサーバーとは、サイト運営やメールの送受信をするサーバーと呼ばれる高性能PCを借りられるサービスです。一昔前までは自分のオフィスにサーバーを設置し管理していました。しかし、この方法では管理が困難であるうえにコストも莫大にかかります。そこで近年導入されるようになったのがレンタルサーバーというシステムです。大量のサーバーを所持した企業からそのシステムを借りることで、自社に設置せずとも利用できるようになりました。このサービスにおけるメリットは先に上げたとおり、管理が楽な点と低価格な点ですが、それに加えて導入が簡単なところも注目ポイントです。
レンタルサーバーを用いれば、以前のように初期設定に追われることは格段に減らせます。面倒な始めの設定をサーバー提供者側が行ってくれるからです。
レンタルサーバーを導入するにあたって気をつけるべきことはいくつかありますが、もっとも気をつけるべきはそのパソコンで何ができて何ができないのかを詳細まで把握することです。サーバーは主にエンジニアが管理していく領域ですから、専門用語も多く良否の判断もつけづらいでしょう。エンジニアと話し合いながらどのサービスの機能が必要なのかを綿密にすりあわせてくことが肝心です。
2
レンタルサーバーの基本性能
・サイトの運営
・メールの送信
そもそもサーバーとは、多様なネット利用者がサイトやデータを授受できるようにシステム運営しているパソコンを指します。従来はこのパソコンを自社内にもつ企業が多かったのですが、最近は所持を外部に委託するようになってきています。自社ではサーバーを持たずに、外部から借りるということです。これがいわゆる「レンタルサーバー」です。
このレンタルサーバーで行えることは主に「サイトの運営」と「メールの送信」です。前者は自社でサイトを構築する際に、閲覧されるサイトのデータをサーバーに渡すことが目的です。後者はサーバーを介して、より安定した送信を図っています。
レンタルするか否かは、管理するのが自分か外部委託かという違いに過ぎないので、本質的には通常のサーバーとはシステムは変わりません。
3
レンタルサーバーがなぜ必要か
・低価格に抑えるため
・安定した稼働を保つため
レンタルサーバーが必要な理由は「低価格に抑えるため」が一番にあげられると思います。サーバーを自社で保持していくとなると、設置費用や管理費用が膨大です。加えて専用のスペースや空調による制御など、オフィス環境を変えざるを得ない状況に陥ります。これを未然に防ぐためにはサーバーをレンタルすることが効果的です。サーバーの制御は委託先に完全にお任せできるので、余計な苦労をする必要がありません。
他に必要な理由としては「安定した稼働を保つため」というのもあります。自社でサーバーを持っていれば、運用はできたとしても一から設計しなくてはなりません。複雑なコーディングを組むためにかかる時間を省略し、確実にシステムを始動するためには共有のレンタルサーバーがおすすめです。技術はないがサイトを構築したい方にとっては必須のサービスといえるでしょう。
4
レンタルサーバーを使うメリット
・設置が不要
・低価格なサーバー
・自動バックアップ
・SSLで安全
「レンタル」サーバーなのでサーバーの「設置が不要」です。前の項目で、サーバーはパソコンと説明しましたがノートパソコンのように小さなサイズではありません。スーパーコンピューターの説明などで出てきそうな大型のものを想定していただいたほうが正確です。あれだけのものを自社に置こうとしたらそれなりにスペースを要しますし、気温などの管理も欠かせません。
しかし、レンタルサーバーであれば所持と管理を同時に委託できるので、余計な心配は杞憂に終わります。管理費がかからないので、「低価格でサーバー」を利用することが可能です。安全面はサービスによりますが、日本の有名なところは概ね対策が施されています。「自動でバックアップ」もとってくれるので、もしものときにも安心です。
また、レンタルサーバーのサービスではサイトへの訪問者に対しても安全性が担保されています。訪問者が入力した個人情報はSSLというシステムによって、解読が困難な文字列に置き換えられます。これによりサイトから個人情報を盗もうと試みられたものをシャットアウトできます。レンタルサ-バーは気軽に利用できる上に安全性に優れているものが多くあり、その点が大きなメリットといえるでしょう。
5
レンタルサーバーで起こり得るデメリット
・レンタルによる危険性
・サーバーの遅延やダウン
レンタルサーバーを導入するときの主なデメリットは上記の2つです。まずは「レンタルによる危険性」があげられます。従来はサーバーを自己責任で管理していたので、よくも悪くも自分たちが厳格に管理をしていれば問題は起こりえませんでした。しかし、サーバーをレンタルするこのシステムは管理している企業次第で安全性が大きく変わります。サーバーがどのような環境に設置され、管理されているのかが不透明になりがちなのがマイナスのポイントと言えるでしょう。
もう一つは「サーバーの遅延やダウン」の恐れが、より多いことです。これは共有サーバーを借りる際の話ではありますが、他のサーバー利用者と同一のサーバーを利用するので、他の利用者が及ぼした悪影響を受けやすい環境にあります。もし他の利用者がサーバーに負担をかけるようなことをすれば、あなたのサイトも挙動が不安定になります。共有サーバーは低価格で導入まで簡単に手が出せる反面、このような点にデメリットがあります。サーバーの管理側も厳重な注意を重ねているとは思いますが、可能性がある点は認識しなくてはなりません。
6
レンタルサーバーの比較ポイント
・共有か専用か
・マルチドメインとサブドメイン
・サポートの質
レンタルサーバーは数値の指標が数多くあるので比較には苦労しますが、その中でも特に比較してほしいポイントを3つに絞って紹介します。レンタルサーバーを採用するにあたって最初に注意すべき項目は「共有か専用か」です。レンタルサーバーはVPSやクラウドサーバーなどもありますが、中心となるのは共有サーバーと専用サーバーではないでしょうか。共有サーバーは価格を抑える代わりに複数人で同一のサーバーを利用します。サービス提供企業が管理をしてくれるので、もろもろの設定をしなくてよい点が利点です。
専用サーバーはサーバー1台をまるまるレンタルします。コストはかかりますが、かなり自由度のきいた運営ができます。「マルチドメインとサブドメイン」も比較すべき点の1つです。マルチドメインがあれば1つの契約でいくつもの主要ドメインを管理でき、経費を浮かすことも可能です。サブドメインは主なドメインから派生させてドメインを作るものです。サーバーによってどちらが何個使用できるかが異なるので、大きなサイトや複数サイトを運営する際には注目するといいでしょう。
そして「サポートの質」はいうまでもなく重要です。バックアップの頻度はどれほどか、万が一サーバーがおちたときの保障はしてくれるのかなど、サービスの玄関口になりうるサイトの安全性は絶対的に重要です。
7
レンタルサーバー選びに成功するため、失敗しないためのポイント
・専門知識の保持
・トライアルの利用
・アフリィエイトサイトへの注意
サーバーはエンジニア職とも関係性が強いので、「専門知識の保持」は欠かせません。パソコンのスペックに関する用語やサーバーで利用できるPHPのバージョンなどその道の人でないとなかなかわからないものもあります。サーバーを検討する際には、エンジニアの代表者と相談して決めたほうがよいでしょう。「トライアルの利用」もその一環です。実際に操作するのはコーディングを行うエンジニアなので、使用感を聞くことはマストです。
話題は変わって次は「アフリィエイトサイトへの注意」についてお話します。これはレンタルサーバーに限った話ではありませんが、意外と陥りがちなミスです。自分自身に知識がない方は比較サイトなどを利用すると思いますが、そのサイトは必ずしも中立・公平に記述されているとは限りません。比較サイトの広告は決められたサービスのコンバージョンで報酬が得られるので、そのサービスがよく映るようにおすすめしてきます。
比較サイト自身も、情報操作がされている意識を持ちながら閲覧するようにしなければ、本当に適切なサーバーは発見できません。
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。