コピー完了

記事TOP

リスクがないと考えるのは危険!【成功報酬型ビジネス】に潜む4つのリスク

最終更新日:
公開日:
成功報酬型ビジネスは一見、成果を得てから料金が発生するためローリスクハイリターンが望めると誤解しがちです。

成功報酬型ビジネスは一見、成果を得てから料金が発生するためローリスクハイリターンが望めると誤解しがちです。

利用する側からしても初めては費用の心配がなく成果が出てからの支払いのため、「費用対効果はあるのか?」という不安に駆られることがないのでこのような錯覚に陥りやすいと考えられます。

しかし成功報酬型ビジネスは必ずしもリスクがないとは言い切れません。
というよりも、通常のビジネススタイルよりもリスクを感じづらいだけで同等のリスクがあると言えます。

SEO対策、コスト削減、その他コンサルティング業でよく見受けられる成功報酬型ビジネスとリスクとは何でしょう?

ここでは成果報酬型ビジネスに依頼をするときのリスクについて考えていきます。

1. 一時的な施策にしかならない

SEO対策事業者を例に挙げると、成果報酬ビジネスでは契約キーワードを上位に持っていくことはしてもWebサイト内部の最適化はしない事業者が多いようです。
つまり「言われたことだけやる」といったスタイルが成功報酬型ビジネスには多いのです。

これはSEO対策事業者に限らず多くの成功報酬型ビジネスに通じます。
そのためWebサイトが検索上位に上がったとしても、コスト削減が実現したとしてもそれらは一過性のものに過ぎません。

外堀だけを気にして根本的な問題解決を行わない事業者に注意しましょう。

2. 機会損失になる恐れがある

成功報酬型ビジネスとの契約中、もしも成果が出なかったとしても報酬が発生しないから安心と考え、それが現実となると「損せずに済んだ」と思うことが多いでしょう。

しかしそれは損せずに済んだようでしっかりと損しています。
コスト面では損をしなかったにしても間違いなくそれまでの時間は全て無駄になります。
もしも別事業者に依頼をしていればすぐにでも成果を得ることが出来たかもしれません。

このような損失は出ていないが、「ああすれば成果が出たかもしれない」というのを機会損失といいます。

時間はコストに匹敵するほどビジネスにおいて重要な要素です。

3. 初期費用だけもって何もしない事業者

成功報酬型ビジネスの中で最も悪質なものであり、最も注意しなくてはならないことです。

初期費用をもらってあとは適当に業務をこなし、成果が出なければ「駄目でした」で済み、成果が出ればラッキーボーナスで追加報酬がもらえる。
このような考えのものと成功報酬ビジネスを行っている悪質な事業者は確かに存在するので注意しましょう。

4. 契約内容を変更できない

再度SEO対策事業者を例に挙げると、契約中はキーワード変更ができないという事業者が多く存在します。

例えば契約したキーワードが検索上位にヒットするようになったが、思ったような成果が得られていないと感じてもキーワードを変更することが出来ません。
しかも事業者からすれば検索上位にヒットさせているので当然報酬が発生します。

しかし利用者からすれば成果が得られないものに費用を費やしているだけで赤字になる可能性が高いのです。

まとめ

以上、こうしてまとめてみると成功報酬型には意外と多くのデメリットがありますね。
成功報酬型ビジネスの批判的な意見のように思えるかもしれませんが、これらは実際に存在するデメリットです。
また全ての成功報酬型ビジネスが悪質なものではなく、中には優良事業者も存在します。
成功報酬型ビジネスの利用にはしっかりとした選定基準が必要です。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
その他ビジネスの最近更新された記事