Article square balloon green
2016-03-20

在庫管理システムの導入成功へ向けて注意すべきポイントをまとめてみた

在庫管理システムを導入しようとお考えの方は、どういったメリットデメリットがあるのか気になりますよね。そこで、在庫管理システムを導入する際に注意すべきポイントをまとめました。お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。
ECサイト在庫管理システム
Large

メリットはよく紹介されていても注意点を紹介してくれている記事は少ないですよね。導入の際の注意点を5つ紹介していきます。(この記事は2017年6月12日に内容を更新しました。)

必ずしも導入して良いことばかりではない

在庫管理システムに限らず、どんなに高価で多機能なシステムを導入したとしても、基本的なポイントを押さえられていなければ必ず導入に失敗します

事実、導入に失敗する多くの企業ではシステム選定にばかり気を取られ、肝心のポイントを押さえられていません。あなたの会社も「導入したけどイマイチだった…」なんてことを危惧しているのではないでしょうか。

導入までにかかるコストもリプレースにかかるコストも馬鹿にならないので失敗は避けたいところです。

在庫管理システム導入を成功させるために注意すべきポイントをまとめてみました。

在庫管理システム導入成功のために注意すべき5つのポイント

1.在庫管理システム導入目的の設定

第一に「在庫管理で何を実現したいか?」を考えることが非常に重要です。
これは適切なシステム選定のためはもちろん、導入後に「在庫数の把握以外メリットを感じられない」という事態を防ぐためでもあります。導入目的がはっきりしていない企業では在庫管理システムを有効的に活用できず、単なる在庫数把握のためのシステムとなってしまいがちなようです。

ただ、「いきない目的を設定しろ」と言われても抽象的なものしか出てこないので、まずは在庫管理に関わる課題点を洗い出しましょう。

「先入れ先出しが適切に出来ていない」
「返品や不良品の管理が行き届いていない」

など、何かしらの課題を日々抱えていませんか。その課題解決こそが在庫管理システムを導入する具体的な目的となります。

2.ビジネスモデルに適したシステムを選定

ここで言うビジネスモデルは単に「食品業」や「流通業」といった業種だけでなく、どのようなシーンで在庫管理システムを活用するかも重要です。

「食品業だから賞味期限管理が出来るシステムを選定する」などは基本中の基本であり、何も言及せずとも皆さん業種に合ったシステムを選定しているかと思います。しかし同業種でも各企業によりビジネスモデルは違いますよね?

ECショップであったり自社製品の製造まで行っていたり、または総合的なビジネスを展開していたりなどビジネスモデルは実に様々です。

ECショップならWebサイトと連携の取れるシステム、製造まで行っているのなら生産管理機能も兼ね備えた包括的なシステムなど、それぞれのビジネスモデルによって導入すべきシステムが違ってきます。

また、営業販売系であれば外出先から在庫状況がリアルタイムで確認出来るクラウド型が最適です。

このうように、業種に適しシステムだけでなく「どのようにシステムを使うのか?」もしっかりと選定基準に入れておきましょう。

3.カスタマイズ性を確保

システムを運用していくうえで初めて見えてくる課題点というものがあり、そこで必ず出てくるのが「この管理項目を追加出来たら」などの要望です。

従ってカスタマイズ性のあるシステムを導入しておくと、適宜管理項目を追加出来るのでより効率的に在庫を管理することが可能となります。

選定時はシステムのカスタマイズ性に着目してください。

4.管理体制のマニュアル化

導入するだけでは在庫管理システムは上手く機能しません。
システムを受け入れる側にもしっかりとした体制を築く必要があります。

  • 入荷時のルール
  • 先入れ先出しのルール
  • 在庫保管のルーツ
  • 検品時のルール
  • ピッキングのルール
  • 出荷時のルール

など決めるべきことは多岐に渡ります。

管理体制がマニュアル化されておらず各々の管理手法を実行していてはいくらシステムを導入しても課題解決には繋がりません。

導入前に必ず管理体制の見直しを行いましょう。

5.現場にキーマンを配置

在庫管理システムを初めて導入する場合、ほとんどの社員が初めて触れるものです。
そのため「使い方がわからない」や「設定をいじってしまった」などのトラブルが発生するかと思います。

その都度サポートを活用するという手もありますが、対処が遅れ業務に支障をきたしてしまうでしょう。

そこで、現場に最低一人はキーマンを配置してください。
あらかじめ教育してシステムを熟知した社員が一人いるだけでもトラブル時の対処が迅速化します。

システムを円滑に運用するためには欠かせないポイントです。

注意点まとめ

以下にここまでの注意点をまとめておきます。

  • 1.現状の課題を洗い出し導入目的を設定する
  • 2.自社のビジネスモデルに適した在庫管理システムを選定する
  • 3.カスタマイズ性のある在庫管理システムを選定する
  • 4.在庫管理体制をマニュアル化し導入に備える
  • 5.現場にキーマンを配置しトラブルへの対処を迅速化する

おすすめの販売管理システム

iDempiere(在庫管理)

  • 低コスト経営が出来るERP
  • 必要な機能を標準装備
  • 多言語、多通貨対応のグローバルシステム

iDempiere(アイデンピエレ)は、低コストで導入可能なオープンソースのERPパッケージです。企業経営に必要な、販売・在庫・購買・顧客・会計管理まで全ての機能を標準搭載しています。

また、「在庫管理」だけ利用したいという場合にも、機能を部分的に使うことも可能です。
オープンソースのためライセンス費用は無料になり、他のERP・基幹システム製品と比較して非常に安く導入出来るのもポイントです。世界中で利用されており、プラグイン構造の拡張性・開発の柔軟性も高く企業に合わせてカスタマイズ実装が可能です。

「オープンソース」と聞くと、少しマニアックな印象も受けますが世界利用・低コスト経営を推進する企業の中ではスタンダードになっていくでしょう。(利用料金は、個別カスタマイズ・開発時にご相談となります。)

【参考価格(弊社実績)】

  • 最小導入価格50万円
  • 最大導入価格1,500万円

※自力導入の場合無料、テクニカルサポートは要御見積
※クラウド上に環境をご提供する場合は要御見積

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
iDempiere(在庫管理)の資料を無料DL

TECHS-S

  • 作業時間が短縮可能
  • 進捗・納期管理の強化と原価低減効果
  • 業務の短縮化

TECHS-Sは個別受注型の機械・装置・金型業様向けに開発された、 中小中堅企業のための生産管理システムです。もちろん在庫管理がこれでできます。

部品マスタの事前登録なしで運用ができ、CADやExcelからの部品表データを 取り込むことができます。 これで従業員の負担軽減ができます。さらに正確な在庫管理ができるようになります。業務効率を上げながら正確さと品質を向上できます。

中小中堅企業向けの設計されているので、企業規模にそぐわない機能などは搭載されておらず、とても使いやすくなっています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
TECHS-Sの資料を無料DL

TECHS-BK

  • 部品加工業に最適な設計
  • 正確性の向上
  • リアルタイムな在庫管理を実現

TECHS-BK部品加工業に最適な生産管理システムです。 現場の進捗管理、負荷管理、原価管理を効率的に、そして正確にすることで、企業の生産性を向上させます。

部品加工業に最適化されているので、この業種の企業が必要としている機能を搭載しています。同時に不要な機能が省かれ、操作性が高くなっています。同時に生産管理や在庫管理が改善することで、納期の管理がしやすくなり、結果的に競争力の強化ができます。さらにリアルタイムで在庫管理ができるので、異常をすぐに検知して対応できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
TECHS-BKの資料を無料DL

在庫管理システムの選び方ガイド

在庫管理システム選定のポイントとしては、
- 適切な受発注数、在庫の把握
- 管理工数を削減してコスト削減
などが挙げられるます。
在庫管理システムの選び方ガイドでは、選ぶ際のポイントだけでなく、導入のメリット・デメリット、導入の事例などの情報を掲載していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
在庫管理システムの選び方ガイドの無料ダウンロードはこちら

注意点を押さえて導入成功へ

在庫管理システムは、導入に成功さえすれば在庫数の把握だけではなく様々なメリットを享受することが出来ます。

業務効率化から管理コストダウンまで実に多くのメリットがあるので、今回紹介したポイントをしっかりと押さえつつ、成功する導入を目指してください。

また、手軽に在庫管理が可能になる在庫管理アプリについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

在庫管理アプリのおすすめ・メリット・特徴【iPhone&Android】 | ボクシルマガジン
「在庫管理をエクセルで管理するのが大変」「導入コストは高いのかな?」在庫管理アプリについて知りたい方・在庫管理アプ...

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
在庫管理システム
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社キャム
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ