Article square balloon green
2018-10-24

オンラインストレージとは | ストレージサービスおすすめ比較 - クラウドとの違い・活用メリット

近年注目されている「オンラインストレージ」、具体的にどんなものなのか気になりますよね。オンラインストレージの特徴やクラウドとの違い・活用メリットを紹介し、記事の最後でおすすめのオンラインストレージサービスを解説します。※初回公開日:16/10/21
社内コミュニケーションオンラインストレージ
Large

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
オンラインストレージの資料を無料DL

「オンラインストレージとクラウドの違いは?」を問われて、正確に説明できる方は少ないと思います。一般ユーザーの間では「オンラインストレージ=クラウド」をいう式が成り立っているので、そもそも違いがあることにすら気付いていないことすらあります。

しかし、オンラインストレージとクラウドには明確な違いがあり、ビジネスパーソンとしてはぜひ知っておきたいところです。

そんなオンラインストレージとクラウドの違いをわかりやすく解説してみました。

オンラインストレージとは

オンラインストレージとは、クラウド環境に存在するハードディスクドライブ(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)のことを指し、インターネットを介してファイルを保存しておけるストレージのことです。

Google DriveDropboxなどのサービスが代表的として挙げられ、従来はコンピューターやスマートデバイス本体のストレージに保存していたファイルデータを、オンラインストレージに逃がすことにより、空き容量を確保できます。

オンラインストレージの使い方

具体的な使用方法は、用途に応じたプランの月額料金を支払うことにより、インターネット経由でストレージ容量の上限まで好きなファイルを保存していく、という形になり、ローカル環境と同期させることも可能です。

また、ストレージ容量に制限を持たせることによって、無料で使用できるオンラインストレージも存在しています。

オンラインストレージの用途

オンラインストレージは、プライベートでの利用からサービスが拡大したという側面があり、デバイス本体に保存しきれないファイルの移行、データバックアップなどの用途が中心だったといえるでしょう。

しかし、近年では法人向けのビジネスプランを提供するサービスも多くなり、企業間での大容量データ共有などに使用されるケースも増加しています。

注目のオンラインストレージ、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめオンラインストレージをまとめてチェック!
Large
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
各社資料をまとめて無料DL

オンラインストレージの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。場所を問わないデータ共有やデータの一元管理、セキュリティなどさまざまな目的で導入されるオンラインストレージの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

Dropbox Business

  • パワフルな拡張機能
  • 遠隔削除や無制限のファイル復元などのビジネスユースに対応
  • 5億人以上のユーザー実績

DropBox Businessは、全世界で5億人以上が愛用するDropBoxの法人向けクラウドストレージサービスです。

Microsoft Office との統合や300,000 件以上のアプリなどの拡張機能が豊富なため業務の作業効率の向上が期待できるほか、操作性の高い管理者権限管理が可能なことから、ビジネスユースに最適な使い勝手が期待できます。
また、実績を積み重ねてきたことによる安心感も大きな要素で、ファイル共有を行うビジネスパートナーにも不安を与えません。

プラン 容量 料金/月
Dropbox Basic 2GB 無料
Dropbox Business(Standard) 2TB 1,250円
Dropbox Business(Advanced) 必要に応じて 2,000円
Dropbox Business(Enterprise) 必要に応じて お問い合わせ

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Dropbox Businessの資料を無料DL

Bigtincan Hub


  • PDF、Word、Excel、PowerPoint、動画や写真も対応
  • ファイルの保管・共有は容量無制限
  • 他のストレージやシステムと連携可能

Bigtincan Hubは、他のストレージとの連携が可能なクラウド型ファイル共有システムです。
タブレットやスマートフォンから、必要な資料にアクセス可能で、PDFやOffice製品、動画・写真などに対応していることため、場所を選ばず必要な資料を確認できます。
容量無制限に加え、他のストレージとの連携が可能なため、複数の場所に保管された資料を一元管理しやすい点も大きなメリットです。

プラン 容量 料金/月
ライト 500GB 1,000円〜
スタンダード 無制限 2,000円〜
エンタープライズ 無制限 3,000円〜

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Bigtincan Hubの資料を無料DL

Fleekdrive

  • ファイルをオンライン同編集可能
  • 細かな管理機能で安全なファイル共有
  • 自動バックアップによる原本管理の確実性

Fleekdriveは、ファイルを守りながら、だれとでもコラボレーションすることを可能としつつ扱いやすい管理を実現するクラウドストレージサービスです。

単純なファイルの管理や共有だけでなく、同じ1つのファイルを全員で一斉に編集することで、確認待ち時間や中断などの時間を削減するほか、チャットでリアルタイムにコミュニケーションをとることで、共同作業がスピードアップします。

Salesforceとの連携を含む、多機能かつリーズナブルなクラウドサービスを提供しています。

プラン 容量 料金/月
Team 10GB 500円
Business 10GB 1,500円

※それぞれ1ユーザーあたりの価格、10ユーザーより利用可能
※それぞれ30日間の無料トライアルあり、追加料金でストレージ容量拡張も可能

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Fleekdriveの資料を無料DL

セキュアストレージ


  • 高度なセキュリティ機能
  • 抜群のユーザビリティ
  • ユーザー数無制限で完全定額制

セキュアストレージ は、法人向けのオンラインストレージサービスです。256bitのSSL暗号化による盗聴防止、ファイアウォールによるウイルス対策、契約者ごとのOS専有などの高度なセキュリティ機能により、ビジネスパートナーや顧客の双方に安心・安全なファイル共有が可能です。ファイル操作はWindowsやMacコンピューターのドライブと同じなので、初心者でも簡単。
完全定額制でユーザーを追加しても月額費用以外は一切かからないため、利用するユーザーが増えるほどコストパフォーマンスを実感できるでしょう。

プラン 容量 料金/月
エントリー 500GB 3万9,800円
スタンダード 1TB 5万8,800円
エンタープライズ 2TB 9万800円

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
セキュアストレージの資料を無料DL

Direct Cloud BOX

Direct Cloud BOXは、ユーザー数無制限で利用可能な、法人向けオンラインストレージです。

スタンダードプランではストレージ容量が300GB、ユーザー数も無制限のため大容量かつ、多くのユーザーでやり取りをする際にはお得に利用できます。また、全社員へのユーザーID発行、ファイルコメントなどの機能ももちろんついているため、業務効率改善に加えてシャドーIT対策も両立ができます。

プラン 容量 料金/月
スタンダード 300GB 30,000円
ビジネス 1TB 90,000円
プレミアム 3TB 180,000円

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
DirectCloud BOXの資料を無料DL

box

  • 簡単操作でファイル共有/コラボレーション
  • 強固なセキュリティを実現する管理機能
  • マクニカネットワークの支援が可能

Boxは、ビジネス領域で世界的なシェアを誇る、容量無制限で利用可能な法人向けクラウドストレージサービスです。

グローバル展開が前提となっているため、日本語でのインターフェースを搭載、直感的な操作を可能とするほか、フォルダ単位でのアクセス権限設定などを行うことにより、強固なセキュリティとともにビジネスを円滑に進めることを可能としています。

また、マルチデバイスでの利用が可能なことはもちろん、シングルサインオンによる外部サービス連携機能や、100種類以上の拡張子に対応したプレビュー機能により、時間や場所を選ばないファイルへのアクセスが実現します。

プラン 容量 料金/月
Business 無制限 1,800円
Business Plus 無制限 3,000円
Enterprise 無制限 4,200円

※1ユーザーあたりの料金
※それぞれ初期費用30,000円が必要

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
boxの資料を無料DL

GigaCC ASP/OFFICE

  • 豊富な実績を持つ信頼のサービス
  • 使いやすさと高度なセキュリティを両立
  • 国内開発・データセンターで安心運用

GigaCCは、「高セキュリティ」と「ユーザーの使いやすさ」が両立した、2年連続実績No.1(※)の純国産企業向けオンラインストレージです。

プラン 容量 料金/月
GigaCC ASP 10ID 1GB 12,000円
GigaCC ASP Premium 300ID 100GB オープンプライス

※GigaCC ASPは、初期費用5万円が必要
※ユーザー数、ストレージ容量拡張も追加料金で可能
※オンプレミスプランのGigaCC OFFICEもあります

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
GigaCC ASP/OFFICEの資料を無料DL

セキュアSAMBA

  • 簡単でスムーズな導入インターフェース
  • 最大160TBの安心データ容量
  • 高いセキュリティとコストパフォーマンス

セキュアSAMBAは、企業ユースに特化したオンラインストレージで、ユーザー管理・共有フォルダ管理・ログ確認などの管理作業はブラウザうえで可能なため、ファイル管理の作業効率が上昇します。

最大160TBの大容量、9~18時の電話サポート、24時間365日運用監視、AWSデータセンター使用など、運用に関する心配も無くなります。

プラン ユーザー数 容量 初期費用 料金/月
SMB-S20 5 20GB 10,000円 5,000円
SMB-S100 20(最大50) 100GB 10,000円 15,000円
SMB-S500 無制限 500GB 30,000円 35,000円
SMB-S1000 無制限 1TB 50,000円 55,000円

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
セキュアSAMBAの資料を無料DL

Fileforce

  • あらゆるファイルをドライブとして利用可能
  • 10GB以上の大容量ファイルに対応
  • セキュアな管理とレポート/統計機能

Fileforceは、あらゆるデバイスからファイルを保管、整理、管理、追跡、共有ができる、スケーラブルなクラウドストレージサービスです。

レポート&統計機能により、すべてのファイルの履歴を管理できるほか、共有されているファイルの証跡ログ機能を利用し、共有相手がどこでどのようにファイルを利用したかなどもわかります。

セキュリティやログ管理機能を兼ね備え、拠点をまたいでタイムリーな情報共有が可能なエンタープライズ向けサービスです。

プラン 容量 料金/月
トライアル(30日) 3ID 10GB 0円
ビジネス 5ID〜 1TB〜 要見積り

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Fileforceの資料を無料DL

たよれーる どこでもキャビネット

  • 多機能なオンラインストレージ
  • 低コストで開始できる
  • 充実のユーザーサポート

たよれーる どこでもキャビネットは、マルチデバイス対応の法人向けオンラインストレージサービスです。
社内外で文書を参照・編集できるファイル共有機能、大容量データの送受信に対応したファイル送受信機能などのほか、オプションで名刺をデータ化する名刺管理機能も用意されています。

また、クライアント証明書を利用できるプランの選択により、クライアント認証による端末制限が可能となるため、よりセキュリティを重視したファイル共有が可能、メールだけでなく、電話サポートも実施している点が魅力的です。

プラン 容量 料金/月
容量別コース 50GB、10ユーザー 3,000円
容量別コース 100GB、50ユーザー 5,000円
容量別コース 1TB、1,000ユーザー 50,000円

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
たよれーる どこでもキャビネットの資料を無料DL

PrimeDrive

  • 信頼性の高いサービス基盤
  • 柔軟な料金体系
  • モバイル端末との親和性の高さ

PrimeDriveは、文書、プレゼンテーション、画像・動画ファイルなど、大容量ファイルの共有を可能にするオンラインストレージサービスです。

大容量ファイルの送付や重要ファイルの受け渡しにはもちろん、法人利用で不可欠なセキュリティ機能を備が強化され、優れた管理機能で詳細なアカウント設定も可能、30日間の無料トライアルも用意されています。
iPad、iPhoneなどのスマートデバイスを活用した、ペーパーレス会議やプレゼンテーションにも活用可能です。

プラン 容量 料金/月
- 1〜9GB 12,000円〜
- 10〜90GB 69,800円〜

※別途、初期費用30,000円が必要です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
PrimeDriveの資料を無料DL

KDDIファイルストレージ

  • 大容量で低価格
  • 充実のセキュリティ機能
  • リアルタイム性

KDDIファイルストレージは、マルチデバイス対応で、低価格とセキュリティ強化を実現するクラウドストレージサービスです。

1IDあたり10GBが月300円という低定額料金を実現しながら、ウィルスチェック、IPアドレス制限、ファイル時限制限機能を持ち、企が運用するのに必須であるセキュリティ強化を果たしています。
また、一時的なファイル共有を可能とするワンタイム共有機能を持ち、柔軟な運用を可能とするほか、規定回数ログインエラーによるアカウントロック機能で、不正アクセスをシャットアウトします。

プラン 容量 料金/月
容量単位コース 10GB、300ユーザー 69,800円
容量単位コース 100GB、1,000ユーザー 180,000円
容量単位コース 1TB、5,000ユーザー 600,000円

Bizストレージファイルシェア

  • Webブラウザーだけの簡単操作
  • 強固なセキュリティと高い安定性
  • 最大1万ユーザーに対応

Bizストレージファイルシェアは、一度に最大2GBまでのファイル転送に対応するクラウドストレージサービスです。

取引先へのファイル転送に、上長承認プロセスを組み込むことで、誤送信を含めた情報漏えいを未然に防ぐ転送機能、専用フォルダを作成してのファイル共有を装備しており、ビジネスを円滑に進めます。
アクセス権限設定、ファイルの暗号化保存、ログイン制限、ログ機能など、セキュリティ面も万全なのに加え、企業URLやロゴの埋め込み、100GBまでの転送に対応するBizストレージファイルトランスファーオプションも用意されています。

プラン 容量 料金/月
容量別コース 1GB、1,000ユーザー 15,000円
容量別コース 2GB、2,000ユーザー 26,000円
容量別コース 10GB、10,000ユーザー 65,000円
容量別コース 100GB、10,000ユーザー 95,000円
容量別コース 500GB、10,000ユーザー 150,000円
容量別コース 1TB、10,000ユーザー 200,000円

※別途、初期設定費用20,000円が必要です。

OneDrive for Business

  • どこからでもアクセス可能
  • だれとでも共同作業可能
  • 高度な暗号化によるセキュリティ

OneDrive for Businessは、時間と場所を問わないアクセスで、誰とでも共同作業できるオンラインストレージサービスです。

同社が提供するOffice 365とのシームレスな連携も実現し、ビジネスを加速させる機能を持つことが特徴であり、もちろん、ストレージサービスのみの利用も可能です。
高度な暗号化による強固なセキュリティ機能を持ち、コンプライアンス強化をはかりたい企業ニーズにピッタリです。

プラン 容量 料金/月
ストレージのみ 5GB 0円
ストレージのみ 50GB 249円
Office 365 Solo 1TB 1,274円

Smooth File 6

  • 大容量ファイル転送・共有
  • 強固なセキュリティ
  • ログ管理機能搭載

Smooth File 6は、企業間や拠点間でのセキュアな大容量ファイル転送、ファイル共有を、ユーザー数無制限で利用可能なオンラインストレージソリューションです。

企業ニーズにあわせ、オンプレミス、仮想サーバー、SaaS環境を選択可能となっており、日本語、英語、中国語、韓国語対応により、グローバル展開にも活用できます。だれがいつアクセスしたのかを管理するログ機能も搭載され、30日間の無料トライアルも利用可能です。

プラン 初期費用 料金/月
5GBプラン 54,000円 27,000円
10GBプラン 54,000円 37,800円
50GBプラン 108,000円 64,800円
150GBプラン 108,000円 81,000円
250GBプラン 108,000円 108,000円
500GBプラン 108,000円 135,000円
1TBプラン 108,000円 205,200円
2TBプラン 108,000円 275,400円

楽天クラウド セキュアドライブ・プラス

  • ローカル環境と同様の操作感
  • 安全なファイル保存・共有
  • 安心の国内データセンター運用

楽天クラウド セキュアドライブ・プラスは、Windows / Mac OS標準のファイルマネージャに対応し、従来のNASや社内サーバと同様の操作感で利用できるオンラインストレージサービスです。

強固な認証方式とSSL-VPNによる暗号化で、データの安全性を確保、Web管理画面より1GB、1ライセンス単位で増減が可能となっており、環境に応じてリーズナブルに活用できます。

プラン 容量 料金/月
シンプルプラン 最大100GB 10円/1GB、500円/1ライセンス
標準プラン 最大500GB 10円/1GB、700円/1ライセンス

ownCloud

  • 大容量ファイル共有を実現
  • ファイアウォールによる強固なセキュリティ
  • プライベートDMZ環境に構築

ownCloudはオンラインストレージを企業や教育機関内の専用サーバー環境に構築し、セキュアにファイル共有するためのオープンソースのパッケージソフトウェアです。

直感的に操作できる優れたユーザーインターフェースで、ファイル容量の制限なく取引先や国内外拠点と安全なファイル共有が可能になります。

プラン 容量 料金/月
お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ownCloudの資料を無料DL

クラウドファイルサーバ type2

  • VPNにより暗号化された安全のセキュリティ
  • 今までどおりの簡単操作が可能
  • ニーズに特化した豊富なオプションサービス

クラウドファイルサーバ type2は、クラウド環境でファイルサーバを構築し、提供するストレージサービスです。

WindowsServer 2012 R2を採用しているため、社内で利用しているサーバと同様のインターフェースで利用が可能でです。高セキュリティレベルのAWSデータセンターを利用することで、災害・停電などもBCP対策、災害対策に力を発揮します。営業先や支店間のやり取りもオンラインストレージ経由での安全かつ、簡単なファイル共有が実現できます。

プラン 容量 料金/月
スタンダード 100GB 29,800円
ゴールド 100GB 42,700円
プラチナ 100GB 51,700円

※月額料金はストレージ容量に応じて変動
※データ転送量に応じて別途費用が発生します
※初期費用30,000円が必要

Jector(ジェクター)

  • クリエイターに向けたオンラインストレージ
  • クラウド経由の時間と場所を選ばないアクセス
  • 機密性の高いデータの共有を保証

Jectorは企業が安全にファイルを共有するために国内で開発されたクラウドストレージです。
10年を超える運用経験に基づいて設計されているので、使う人を選ばない直感的な操作性になっています。

料金/月
1ユーザー 3,000円
1GB 20円

無料で使えるオンラインストレージ

Dropbox(ドロップボックス)

  • シンプルで使いやすく簡単な作業が可能
  • ファイルを保護する強力なセキュリティ
  • プラットフォームやデバイスを問わない活用

boxと並んで知名度が高いDropbox。世界で5億人以上が利用するストレージサービスにも、ビジネス向けプランがあります。
料金設定も安く、チームで作業を行う場合の作業効率を引き上げる事ができるでしょう。

プラン 容量 料金/月
Dropbox Basic 2GB 無料

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Dropboxの資料を無料DL

Google Drive(グーグルドライブ)

  • さまざまなファイルの保存に対応
  • どこからでもアクセス可能
  • ファイル/フォルダの共有で共同編集

こちらもだれもが知っているGoogleが提供するオンラインストレージサービス。

ファイルの保存以外にも、ドキュメント・スプレッドシート・スライドとの連携が非常に便利に利用ができます。無料プランでも15GBは十分な容量です。

プラン 容量 料金/月
無料プラン 15GB 無料
100 GBプラン 100GB 250円
1TBプラン 1TB 1,300円
10TBプラン 10TB 1,300万円
Googleドライブとは?機能・特徴 - ビジネスで利用される”スゴさ”の秘密 | ボクシルマガジン
ビジネスの場でファイルを保存・共有する際におおいに活躍しているGoogle ドライブ。その「スゴさ」の秘密を機能面...

OneDrive(ワンドライブ)

  • あらゆるデバイスからアクセス/更新
  • オフライン作業に対応
  • 安全でセキュアなファイル管理

こちらも上記サービスと引けを取らないほど知名度が高いサービスです。

OneDriveはMicrosoft社が提供しているため、ワードやエクセルなどのオフィスソフトとの連携がスムーズに行えます。ワンドライブに保存することで、どこでもドキュメント修正ができるため場所にとらわれない作業が可能です。

プラン 容量 料金/月
フリープラン 5GB 無料
基本プラン 50GB 170円

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
OneDriveの資料を無料DL

iCloud Drive

  • ファイルの安全な管理とデバイスへの反映
  • 柔軟なアクセス方法
  • プラバしーとセキュリティの保護

Appleが提供するiCloud Drive。以前まではMacユーザーのみしか利用できませんでしたが、WindowsPCでの利用も可能になっています。

こちらもKeynote(キーノート)やNumbers(ナンバーズ)などオフィスソフトとの連携機能があり、編集した情報はすべてのデバイスで情報が更新されます。

プラン 容量 料金/月
無料プラン 5GB 無料
50GBプラン 50GB 130円
1TBプラン 1TB 1,300円
2TBプラン 2TB 2,500円

YAHOO!ボックス

  • データの保存とデバイスへの復元に対応
  • YAHOO! IDのみで5GBの容量が無料
  • マルチデバイスでの利用に対応

YAHOO!ボックスは、ヤフーが提供するファイルストレージサービスです。
ヤフーのトップページから簡単にアクセスが可能です。フリープランでの利用もできるため、簡単にスタートができますね。

プラン 容量 料金
無料プラン 5GB 無料
ヤフープレミアム会員 50GB 無料
有料プラン 105GB 700円

その他のオンラインストレージ

Siacoin(シアコイン)とは - クラウドストレージサービスを提供する注目の仮想通貨 | 特徴・将来性・取引所 | ボクシルマガジン
仮想通貨Siacoinはオンライン上でクラウドストレージサービスを提供している仮想通貨です。一時的に100倍もの高...

青雲改

  • 管理者機能が豊富
  • 利用者アカウント数が無制限
  • きめ細かい共有設定

青雲改は手軽に素早くファイルや大容量のデータを共有管理できるオンラインストレージサービスです。

300GB~10TBまでの大容量ストレージを低価格で利用でき、通信はすべて暗号化されるので安全にファイルの受け渡しや共有が可能です。ユーザー・グループ管理やストレージ容量管理などさまざまな管理者機能を搭載しており、利用者アカウント数は無制限です。

料金/月
300GB 12,800円
1TB 24,000円
2TB 38,000円
3TB 52,000円
4TB 66,000円
5TB 78,000円
6TB 90,000円
7TB 100,000円
8TB 110,000円
9TB 120,000円
10TB 130,000円

※プラン申し込み料金20,000円が必要

JECC 社内ファイルサーバサービス

  • VPN接続による専用ファイルサーバ
  • 社内IPアドレスを使用したセキュリティ環境
  • 高いコストパフォーマンスを実現

JECCは大容量のファイルサーバーを既存の社内環境と同じように利用できる、社内向けクラウドサービスです。

テラバイトクラスの大容量サーバを提供しており、ユーザーのニーズに合わせて柔軟に拡張できます。
また、ドメイン参加やAD連携も簡単にできるので、アクセス権限を統合管理が可能です。オプションでファイルサーバ整理ソフトと組み合わられるため、効率的なファイルサーバの運用が実現できます。

プラン 容量 料金/月 初期費用
500GBモデル 500GB 49,000円 50,000円
3TBモデル 3TB 95,000円 50,000円
5TBモデル 5TB 135,000円 50,000円

他にも「Direct Cloud BOX」やFUSION Secure Drive Plusなどといったサービスが法人に特化したオンラインストレージサービスとしてあります。

また、下記の記事でオンラインストレージのサービスについて詳しくまとめているので、合わせてご覧ください。

オンラインストレージとは | 法人向けサービス比較 - 選び方のポイント・口コミ | ボクシルマガジン
オンラインストレージの知りたい全てのことを徹底解説!オンラインストレージとは?オススメのソフトの比較が欲しい!無料...

キャンペーン:無料トライアル実施中サービスをまとめてご紹介

無料トライアル特典をまとめて比較

今回は人気のサービスの中でも、「無料トライアル期間」や「無料プラン」、その他特典があるサービスを厳選しピックアップしました。
ぜひ、比較・検討にお役立てください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
無料トライアル資料をDL

オンラインストレージのメリット・デメリット

ここまで紹介してきたように、現在ではさまざまなサービスを提供するオンラインストレージが存在し、無料サービスも含めてその料金形態もさまざまだといえます。

しかし、どのサービスを利用するにしても、そのメリット/デメリットはある程度共通しているともいえるでしょう。

そのポイントは以下のようになります。

オンラインストレージのメリット

バックアップの負担を軽減

サービスによっては、バックアップを簡単にする同期機能を持っているものもありますが、何よりもローカルのストレージを用意する、メンテナンスを行うなどの手間を削減できることは大きいでしょう。

時間と場所を問わないアクセス

インターネットに接続できる環境があれば、時間と場所を問わないファイル保存/共有が可能です。

ファイル共有と共同作業

ビジネスでの活用が盛んになったことから強化されたのが、ファイル共有と共同作業です。

従来の煩雑なデータ管理も必要なく、アップデートも自動で実行され、元のバージョンに戻すことも可能であり、ログ管理によってだれが編集したのかも一目瞭然です。

データ管理の一元化

ストレージ容量に物理的な上限があるローカル環境では、複数のデバイスにファイル保管することが当たり前でしたが、オンラインストレージであれば、企業の各拠点を含め、データの一元管理を行うことが可能です。

運用・メンテナンスの負担を削減

個別のローカルストレージや社内サーバであれば、導入・運用・メンテナンスにそれぞれ費用と人的リソースが必要ですが、月額固定料金で利用できるオンラインストレージでは、運用・メンテナンスに関する負担はありません

コスト管理の可視化

上述したように、社内サーバなどの運用メンテナンスには人的リソースが必要となるため、コスト管理が難しくなる傾向がありますが、オンラインストレージでは月額固定となっているため、こうした心配は必要ありません。

拡張性とリスク回避

社内ストレージの場合、システム構築後の拡張は迅速に対応できないのに比べ、オンラインストレージであれば、わずかな手続きで容量アップが行えることがほとんどです。
また、データセンターが社外にあるため、災害時のリスク回避にも効果的です。

オンラインストレージのデメリット

細かいニーズに合わせたカスタマイズが困難

パッケージでのサービス提供となるオンラインストレージでは、企業の細かなニーズに応えることが難しいという側面があります。

しかし、ほとんどのサービスで豊富な機能が用意されており、特殊な要件以外は問題ないともいえるでしょう。

セキュリティ面での不安

データが社外にあるということに対して、セキュリティ面での不安を感じるケースが多いかもしれません。

しかし、クラウドサービスのセキュリティは強固であるだけでなく、日々の対策も実施されており、むしろ社内でのID/パスワード管理の甘さから情報漏えいが起こってしまうケースの方が多いといえます。

1社依存へのリスク

データ管理を1社のみに依存してしまうリスク、たとえばサービスの停止などが起こる可能性は否定できません。
こうした状況を念頭におきつつ、信頼できるサービスを選択することが重要でしょう。

オンラインストレージとクラウドの違い

クラウドとは

クラウドとはある特定のサービスを指すものではなく、複数のサービスの総称となります。そのサービスとは、「IaaS」「PaaS」「SaaS」の3つです。

IaaS

「Infrastructure as a Service」の略であり、日本語では「サービスとしてのインフラ」となります。

どういったサービスかというと、これまでサーバなど企業が独自に調達する必要があったインフラを、インターネット経由で提供するというものです。具体的にはベンダーが提供するサーバのリソース(CPUやメモリなど)が使用できるようになります。

IaaSとは?メリットと主要サービスのおすすめを紹介 | ボクシルマガジン
IaaSは「Infrastructure as a Service」の略であり、「サービスとしてのインフラ」を意味...

PaaS

「Platform as a Service」の略であり、日本語では「サービスとしてのプラットフォーム」となります。

プラットフォームとは特定のシステムが稼働するための基盤であり、これをインターネット経由で提供します。つまり、IaaSのうえにOSなどの環境を構築した状態で提供するサービスと捉えて問題ありません。

PaaSとは?仕組みやIaaS/SaaSとの違いを解説! | ボクシルマガジン
本記事では、いわゆる「クラウド」の利用形態の一つであるPaaSの概要を説明し、似た言葉であるIaaSやSaaSとの...

SaaS

「Software as a Service」の略であり、日本語では「サービスとしてのソフトウェア」となります。

SaaSが指すソフトウェアとはあらゆるものが包括されており、インターネット経由で提供されるソフトウェアはすべてSaaSと言えます。たとえば身近なサービスで言えばGmail、ビジネスで言えばクラウド型グループウェアなどです。


クラウドとはこれら3つのサービスの総称でもあり「インターネット経由でサービスを提供する」という概念でもあります。
ちなみにクラウドという言葉を最初に提唱したのは米Googleの元CEO(最高経営責任社)であるエリック・シュミット氏です。

こちらの記事ではSaaS PaaS IaaSについてより詳しく解説しています。

PaaS IaaS SaaSとは | 最新クラウドサービスから2018年の業界事情まで徹底解説! | ボクシルマガジン
知らないと恥ずかしい!ビジネスの場面でよく耳にする言葉、SaaS、PaaS、IaaS、それぞれの違いと読み方わかり...

オンラインストレージとクラウド

ここまでの解説をあわせると、オンラインストレージはインターネット経由で提供されるストレージサービスであり、クラウドの一種だと言えます。
さらにいえば、クラウドの中でもオンラインストレージはSaaSに分類されるサービスですね。

オンラインストレージはSaaSの一種、そしてSaaSはクラウドの一種と考えるとわかりやすいです。
このように、オンラインストレージとクラウドには明確な違いがあります。

オンラインストレージとクラウドの混同に注意

「クラウドストレージ」という言葉がありますが、これはオンラインストレージと同義です。
どちらが正しいかということはなく、人により言い方が違うだけなので別段気にすることもありません。

「クラウドストレージ=オンラインストレージ」だということを覚えておきましょう。

オンラインストレージはクラウドの一種

  • 「オンラインストレージ」はWebで提供されるストレージサービス
  • 「クラウド」とは「IaaS」「PaaS」「SaaS」3つのサービスの総称
  • 「オンラインストレージ」はクラウドの一種
  • クラウドストレージとはオンラインストレージと同義である

これで、オンラインストレージとクラウドの違いについてはバッチリ理解できたのではないかと思います。
ビジネスシーンによってはこれらの言葉が頻出することもあるので、しっかりと覚えておいてください!

オンラインストレージの人気関連記事ランキング

Dropboxのメリットデメリット | ダウンロード方法からPCでの使い方・プランまで  | ボクシルマガジン
いまやビジネスに欠かせないツールであるオンラインストレージ。その中でも、一番有名とも言えるのが「ドロップボックス」...
Googleドライブ容量を確認&無料で増やす方法・裏技まとめ | 知らないと損!? | ボクシルマガジン
Googleドライブの容量が上限に達してしまった方必見!容量を増やす方法を無料、有料それぞれ紹介。Googleドラ...
Google ドライブでファイル共有する方法 | 共有権限や通知の設定も解説 | ボクシルマガジン
メール添付できない場合や後から更新したいファイルを共有する場合、Googleドライブでの共有を利用する方法がありま...
【無料】クラウド・オンラインストレージ3つのセキュリティリスク | 対策・おすすめ比較 | ボクシルマガジン
便利な無料クラウドストレージ(オンラインストレージ)。しかし、セキュリティリスクに要注意!DropboxやGoog...
クラウド(オンライン)ストレージの定番比較 | 容量・セキュリティ | ボクシルマガジン
box・Dropbox・Onedrive・Google Drive。この中で1つは利用していると思います。しかし、...
オンラインストレージとは | ストレージサービスおすすめ比較 - クラウドとの違い・活用メリット | ボクシルマガジン
近年注目されている「オンラインストレージ」、具体的にどんなものなのか気になりますよね。オンラインストレージの特徴や...
ファイルサーバーとは | NASとは | 機能・メリットを徹底比較 | ボクシルマガジン
ファイルサーバーとNASの機能を比較しながら、その違いを説明していきます。どちらの用語も同じ意味で使われることがあ...
ファイルサーバー比較クラウド19選 | バックアップ・ファイル管理効率化へ | ボクシルマガジン
おすすめのファイルサーバーを紹介・比較しました!特に使いやすくて便利なクラウドサービスをご紹介します。クラウドファ...
ファイルストレージ容量&料金比較21選!無料で使えるオンラインストレージ | ボクシルマガジン
オンラインファイルストレージサービス20個を比較します。おすすめから定番、無料で使えるサービスまで容量と料金を比較...

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
オンラインストレージ
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
日本ワムネット株式会社、ソフトバンク株式会社、Dropbox, Inc.
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事