コピー完了

記事TOP

ダイナースクラブのコーポレートカード/ビジネスカード/法人カードのまとめ

最終更新日:
ダイナースのコーポレートカード/ビジネスカードの基本情報や特徴について分かりやすくまとめた内容になっています。審査の基本条件などもカードごとに紹介していますので、そちらも参考にしてみてください

ダイナースのコーポレートカード/ビジネスカードとは

ダイナースのコーポレートカードの大きな特徴はカード利用上限が設定されていないことです。

本記事では、コーポレートカードの中でもブランド力があり、信頼に基づいて利用するダイナースのコーポレートカードについて、基本情報や特徴について解説しています。

ダイナースのコーポレートカード/ビジネスカードの特徴

ダイナースのコーポレートカードとビジネスカードの特徴は、前項でも述べたように、カード利用枠に一律の制限がないということです。

つまり、利用者との信頼を大事にしており、カード利用額に上限を設けていないので、確実に支払えるのであれば実質無制限に利用できます。高額な買い物や海外への出張が立て込んだとしても、ゆとりを持って使えます。

また、貯まったポイントも世界の主な航空会社のマイルへ交換が可能になっており、有効活用できます。

さらに、「ダイナースポイントモール」を経由してショッピングすることによって、通常のポイントに加えてボーナスポイントや、キャッシュバックが受けられます。もちろん、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなどの大手モールも対象なので、お得にポイントを貯める機会が広がります。

その他にも、ダイナースのコーポレートカードとビジネスカードには各種サービスが完備されており、ビジネスの良きサポーターになってくれるでしょう。

ダイナースクラブコーポレートカード

年会費 1枚につき12,000円(税抜)
カード利用枠 原則として一律の制限なし
メンバー会員 あり
ETC 発行手数料:無料 (家族会員様も無料)
旅行傷害保険 海外旅行保険/国内旅行傷害保険
国際ブランド Diners Club
ポイント制度 ダイナースクラブ リワードポイント

ダイナースクラブコーポレートカード」は、ダイナースクラブの代表的なカードで、年齢27歳以上で法人、団体等の代表者・役員または個人事業主の方が対象です。

障害保険も国内外ともに充実した保険内容で、最大5,000万円の補償をうけることができます。

ダイナースクラブコーポレートカードの価値は、他社のゴールドカードと比較しても引けをとらないほどのステータスのあるものといえます。

ダイナースクラブビジネスカード

お申し込み対象 年齢27歳以上で法人、団体等の代表者・役員または個人事業主
年会費 ご本人 27,000円(税抜)
カード利用枠 原則として一律の制限なし
メンバー会員 基本会員が代表者・役員を務める法人等または個人事業の役職員あるいは従業員で18歳以上の方(無料)
ETC あり
旅行傷害保険 海外旅行保険/国内旅行傷害保険
ショッピング補償 ショッピング・リカバリー
国際ブランド Diners Club
ポイント制度 ダイナースクラブ リワードポイント

ダイナースクラブ ビジネスカードは、年齢27歳以上で法人、団体等の代表者・役員または個人事業主の方向けの法人カードで、ダイナースクラブコーポレートカードの上位ランクにあたります。

ダイナースクラブビジネスカードは持っているだけで、4大ビジネス特典として他社のクレジットカードと差がつくサービスが受けられます。(4大特典は後の「ダイナースクラブのビジネスカード4大特典とは」にて詳しく述べています)

これだけ手厚いカードなので、その分の信頼が必要なカードだといえます。

しかし、カード申し込みの最低条件も高く設定されておりますが、特典やサービスに加え無料で社員にカードを追加発行できる面はコスパは良いと言えるでしょう。

ダイナースクラブのビジネスカード4大特典とは

ダイナースクラブのビジネスカードはビジネスをサポートしてくれる4大特典があります。

  • クラウド会計ソフト「freee(フリー)」有料プランが2か月無料
  • ダイナースクラブ・プライベートアドバイザーサービス
  • ダイナースクラブ・ビジネスラウンジ
  • ダイナースクラブ・ビジネスオファー


クラウド会計ソフト「freee(フリー)」2か月無料サービス

クラウド会計ソフト「freee(フリー)」は会計ソフトの中でもメジャーなクラウドサービスで、会計処理を驚くほど楽にスマートに処理してくれます。そんな会計ソフトの有料プランを2か月間無料で利用できます。

指定ページより「freee(フリー)」にユーザー登録し、支払い方法を「ダイナースクラブ ビジネスカード」を選択することによって、2か月間無料で利用できるようになります。詳しくはダイナースクラブ ビジネスカードの公式ページを確認してください。


ダイナースクラブ・プライベートアドバイザーサービス

ダイナースクラブ・プライベートアドバイザーサービスは選び抜かれた各分野のプロ5人がアドバイザーとなり、経営上のさまざまな悩みを解決する専門家チームが自分のアドバイザーとして有効に活用可能です。


ダイナースクラブ・ビジネスラウンジ

ダイナースクラブ・ビジネスラウンジはダイヤモンド経営者倶楽部が運営する「銀座サロン」へ入室・利用が可能です。商談やセミナーなどに活用できて便利です。

また、ビジネスに関する書籍も多数閲覧ができ、ビジネスに有益な情報を入手できます。


ダイナースクラブ・ビジネスオファー

ダイナースクラブ・ビジネスオファーは「G-Search」をはじめ入札情報サービスや経済専門雑誌など数多くのビジネスシーンで、重宝するサービスを受けられる優待加盟店プログラムです。

他よりも差がつく、素早い情報収集とビジネスアクションにつなげられます。


ANA法人ダイナースクラブコーポレートカード

お申し込み対象 法人または個人事業主
年会費 21,600円(税込)
メンバー会員 21,600円(税込)
ETC コーポレートカード1枚につきETC1枚
旅行傷害保険 あり
ショッピング補償 あり
国際ブランド Diners Club
ポイント制度 ダイナースクラブ リワードポイント/マイル

ANA法人ダイナースクラブコーポレートカード」は、原則として3年以上経営の法人または個人事業主向けのコーポレートカードです。

ダイナースクラブの多くのサービスに加え、ANAカード会員サービスを受けられます。

出張時の各種手配を任せられる『「ANA@desk」法人向けインターネット出張手配システム』の利用をはじめ、航空機やホテルの予約が優待価格で利用できたり、マイルがたまりやすくなったりとうれしい特典が満載です。

また、支払い口座を一元化するなどの従来からある機能も利用できるので、使いまわしのきくカードです。

三井住友トラストクラブ株式会社の概要

項目 詳細
会社名 三井住友トラストクラブ株式会社
本社所在地 東京都中央区晴海一丁目8番10号 トリトンスクエアX棟
設立年月 1977年4月
資本金 1億円
代表者名 野原 幸二

ダイナースのコーポレートカード/ビジネスカードのまとめ

ダイナースクラブのカードを解説していきました。厳しい審査をこえた先にあるカードのサービスはそれだけの価値がありそうです。より良いビジネス活動に貢献してくれそうなカードです。

ボクシルマガジンではダイナースの他にもさまざまなコーポレートカードも記事で紹介をしています。よろしければご覧ください。

その他のコーポレートカード/ビジネスカードの記事

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
一般カードの最近更新された記事