コピー完了

記事TOP

持分会社とは?株式会社との違いやメリット・デメリットを徹底解説!

最終更新日:
公開日:
記事の情報は最終更新日時点のものです。
持分会者とは何なのでしょうか。設立するメリット・デメリットを含めて解説します。

持分会社とは?

持分会社とは、「合同会社」「合資会社」「合名会社」の3つを総称したものです。さまざまな意味で株式会社とは営業形態が異なる持分会社ですが、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは持分会社の定義やメリット・デメリットとともに、株式会社との違いも説明していきます。

まずは知っておきたい会社形態の違い

現在の日本の会社形態は株式会社合同会社合資会社合名会社の4つに区分されます。
※ちなみに有限会社は2006年の会社法施行で有限会社法が消失されたため、現在は設立することができません。

会社が負債を負ったときに出資額以上の負債を負う必要がない社員を有限責任社員、反対に全財産を失ってでも負債を負う必要に迫られる社員を無限責任社員と呼びます。合同会社、合資会社、合名会社の違いはこの有限責任社員と無限責任社員の構成によって変わってくるのです。
有限責任社員のみで構成されている会社は合同会社、有限責任社員と無限責任社員がそれぞれ最低1人ずついる会社を合資会社、そして全て無限責任社員で構成されている会社を合名会社と呼びます。
この持分会社に含まれる「合同会社」「合資会社」「合名会社」の3つは呼び名こそ違うものの、設立費用が安価で済む決算報告の必要がないなど持分会社それぞれに共通するメリットは多くあります。

持分会社のメリットは?

持分会社のメリットとは何でしょうか?
「会社は一体誰のものか?」と考えたときに株式会社の場合は株主の存在を無視することはできません。株主という出資者がいる以上、人事や経営方針にも株主にお伺いを立てる必要がありますが、持分会社である場合は社員が従業員であると同時に出資者であるためその必要がありません。
会社設立時の定款も出資者である従業員が決めることができ、業務執行も原則的に従業員が行います。現場で働く従業員の意思を反映しやすく、経営に小回りが利きやすいという点はメリットと言えるでしょう。
また株式会社ではどうしてもたくさんの株式を保有している株主の発言力が強くなるというパワーバランスが生まれますが、持分会社はこの心配がないというメリットもあります。

持分会社ならではの払戻し制度と退社制度

持分会社では、従業員が出資者であるからといって常に出資し続けなければならないわけではなく、出資金の払戻しを請求することができるのです。ここが株式会社と異なる大きな特徴であると言えます。ただし有限責任社員のみで構成されている合同会社には払戻し額に限度があるため、注意が必要です。
またこの払戻し制度とは別に、退社を希望する従業員のための退社制度が設けられています。
この制度によって退社する従業員には退社時に出資額の払戻しが行われますが、資金が目減りしてしまうため、いくつかの制度が定められているのです。
まず任意退社である場合、従業員は退社の6カ月前に予告をしておけば、会社の事業年度の終了時をもって退社をすることが可能となります。その他にはやむをえない事情が認められた場合はいつでも退社をすることができます。
任意退社ができる場合が多数ですが、商法では持分会社の存続期間を決めていなかった場合と、従業員が存在する間持分会社が存続すると決めていた場合のみ適用されると決められています。
また任意退社以外にも法に決められた退社条件を満たした場合にはすぐに退社できる法定退社制度もあります。

持分会社のデメリットは?

株主から経営について口を挟まれることもなく、設立も簡単とメリットばかりに思える持分会社にも少なからずデメリットは存在します。
最も大きいデメリットは従業員が会社の負債に対して無制限に責任を負うということ。全従業員が有限責任社員である合同会社はさほど痛手を負いませんが、無限責任社員が存在する合資会社と合名会社では会社の経営状況によっては多額の負債を背負うことになります。
また株式会社と比較するとどうしても世間への認知度が低くなりがちです。株式が存在しないため、いざ大きな事業に着手しようとしても資金不足で計画が頓挫ということも少なくはありません。従業員の経営方針に違いが出てくると信頼関係が失われ、営業が難しくなる可能性もあります。

あの有名企業も!持分会社である有名企業

株式会社が大多数である現在の日本でも、持分会社として元気に営業している有名企業も存在するのです。代表的な企業のひとつが東京を中心にスーパーマーケットを展開している合同会社西友。かつては西武グループの子会社として株式会社を名乗っていましたが、2009年に合同会社であるウォルマート・ジャパン・ホールディングスの子会社化したことで合同会社西友に生まれ変わりました。
またユニバーサルミュージックも合同会社であることで有名です。ZARDやスピッツ、福山雅治やPerfumeなどの大物アーティストが所属してきた大手レコード会社が合同会社ということに驚きますね。その他には独自の販売スタイルで有名な日本アムウェイも合同会社です。3つの会社はいずれも海外企業の日本法人であるということが共通しています。

持分会社とは?株式会社との違いやメリット・デメリットを徹底解説!まとめ

持分会社の中でも有限責任社員のみで構成されている合同会社は現在もなお日本中に多く存在します。一方で無制限責任社員が多い合資会社と合名会社は減少の一途を辿っている様子です。しかし老舗の会社ではまだまだ存続しているので、気になる人はどんな持分会社があるのかをチェックしてみてください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
経営者・経営幹部の最近更新された記事
経営者・経営幹部のサービスに興味がありますか?
CLOSE
アラームボックス モニタリング
サーキュレーション
スピード・オブ・トラスト リーダー
アラームボックス モニタリング: アラームボックス株式会社、サーキュレーション: 株式会社サーキュレーション、スピード・オブ・トラスト リーダー: フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社