Article square balloon green

イベントトラッキングとは?Google Analyticsの活用法も紹介

「イベントトラッキング」というものをご存じですか?Google Analyticsに搭載されている機能で、サイト内の特定ボタンのクリック数や、資料のダウンロード数などのユーザーのアクションを計測できます。本記事ではそんなイベントトラッキングの詳しい使い方を紹介します。
データ分析アクセス解析ツール
Large

無料で利用できるアクセス解析手段として、世界中で数多くの人に使われているGoogle Analyticsがあります。

初心者でも簡単に使え、かつかなり高度な分析もできることから、個人・企業を問わず利用している人は多いのではないでしょうか。

アクセス解析というと、以下のような情報を計測するものとイメージするかもしれません。

  • サイトの訪問者
  • 検索キーワード
  • 離脱率
  • 訪問者の属性情報
  • 離脱ページ

しかし、Google Analyticsではさらに高度な分析ができます。本記事では、その中でもイベントトラッキング機能について紹介します。

イベントトラッキングとは?

そもそもイベントトラッキングとは何か、ご存じですか?

イベントトラッキングとは、サイト内の特定ボタンのクリック数や、資料のダウンロード数などユーザーのアクションを計測する機能のことです。

このイベントトラッキング機能を利用すると、以下のような情報が分析できます。

  • ページ内に設置したリンクのうち、どれがクリックされているか
  • どのくらい外部サイトに遷移しているか
  • ページ内で配布している資料のダウンロード数はどれくらいか
  • 電話番号をクリックしたユーザー数

つまり、イベントトラッキング機能を活用することで、サイトのコンテンツを改善するうえで、必要な情報をより細かく分析できるのです。

スマホからの閲覧にも対応

また、現在はスマホからの閲覧も増えていますが、テキストやバナーをクリックして、電話がかかるような仕組みにしていた場合、「そのページから、電話をかけたユーザー数」も把握できるのです。

これまでは可視化が難しかった電話でのコンバージョンの把握も可能です。

このように、イベントトラッキング機能によりGoogle Analyticsではユーザーがサイト内でどのような行動を取ったかまで、詳細に分析できます。しかも、利用料金は無料ですので、ぜひ活用することをおすすめします。

Google Analyticsに関する詳しい説明は以下の記事で行っています。使い方の説明や活用法も記載していますので、ぜひあわせてご覧ください。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)とは | 使い方の基本・無料の便利機能を解説 | ボクシルマガジン
Google Analytics(グーグルアナリティクス)は、無料でも使えるWebサイトのアクセス解析ツールです。...

イベントトラッキングの利用方法

イベントトラッキングというと専門的で、難しそうに思われるかもしれませんが、実はとても簡単に使用できます。

仕組みとしては、ユーザーの行動を計測したい場所(HTML)に、トラッキングコードを埋め込むことで、そのコードのアクションを計測できます。

たとえば、「こちら」というテキストがクリックされた数を計測したいのであれば、以下のようにHTMLを編集します。

<a href=https://boxil.jp Onclick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘カテゴリ名’, ‘アクション名’, ‘ラベル名’, true);>こちら</a>

カテゴリ名、アクション名、ラベル名には、後々管理しやすいように付けた名称を記入しましょう。

今回の例であれば、以下のように記入するのがいいでしょう。

  • カテゴリ名:link(他サイトへのリンクだから)
  • アクション名:click
  • ラベル名:ボクシル誘導1

カテゴリ名は他にも、ad、movie、button、imageなど、アクション名にも、downloadを当てはめるなど、自分でわかりやすいよう、規則性を持って記入しましょう。

イベントトラッキングの確認方法

イベントトラッキングの測定結果は、アナリティクス管理画面の「行動」にある、「イベント」から「サマリー(概要)」を選択すると、概要を把握できます。

2016-11-10_1438

イベントの発生状況がグラフ化され、一目でイベントの推移が把握できます。また、設定したイベントカテゴリごとの合計イベント数も数値化されているため、ユーザーの動向が詳しく把握できます。

イベントトラッキングの弱点

設定さえできてしまえば、イベントトラッキングは非常に便利ですので、Googleアナリティクスは無敵のアクセス解析手法だと思われるかもしれません。

しかし、このイベントトラッキングにも弱点があります。

それは、データの送信回数に上限があることです。

具体的には、1セッションにつき500回以上のアクションがあると、それ以降のユーザーがホームページにアクセスしてからサイトを離脱するまでの一連の流れの中のアクションは計測されなくなります。

そのため、あまりにたくさんのイベントトラッキングを設定していると、知らず知らずのうちにこの上限を超えてしまうこともあります。適正に把握するためにも「必要最低限のトラッキング」を意識してください。

その他のおすすめのアクセス解析ツール

また、Googleアナリティクスを使っていて、他のアクセス解析も試してみたい、もっとこんなことがわかればいいのに!と思うことがあるかもしれません。以下の記事で、アクセス解析ソフトをさまざまな角度から紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

アクセス解析ツール比較 | おすすめサービスの価格と機能【無料/有料】 | ボクシルマガジン
データ分析におすすめのアクセス解析ツールを紹介。それぞれの価格・特徴・機能を徹底比較し、表にまとめました!定番のも...
ライブストリーミングサービスまとめ | ボクシルマガジン
 ニコニコ生放送やUstreamのようなライブストリーミングサービスが人気を博したことで、動画視聴の在り...
アクセス解析に必須!顧客行動がどんどん分かる経路分析ツール5選 | ボクシルマガジン
##顧客行動が分かる経路分析ツールまとめ###アクセス解析の入り口!経路分析とは経路分析とは、**ウェブサイトのア...

イベントトラッキングを活用してより良いサイト構築を!

イベントトラッキングはデータの送信回数に上限があるものの、その上限を超えるまではWebサイトを運用していくうえで非常に便利な機能です。

しかもここまで便利であるにも関わらず無料で利用できるため、「使いこなせるか不安だ」と思っていても、まずはとにかく使ってみるといいでしょう。

イベントトラッキングを使いこなせれば、ユーザーのニーズも可視化できますので、よりユーザー目線でのサイト構築が可能となります。

ぜひ、イベントトラッキングを活用して、効果的なマーケティングを推し進めましょう!

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
アクセス解析ツール
選び方ガイド
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事