Article square balloon green
2016-11-21

職場いじめを防ぐ!?いじめられない社内コミュニケーションをとる少しの工夫

本記事では職場いじめに陥らないために、どのようなコミュニケ―ションをとるべきなのかということを心理誘導の観点から取り上げます。※2017年11月6日更新
社内コミュニケーション社内SNS
Large

職場いじめを減らすために、コミュニケーションに気を配ることが大事になります。そこで、社内のコミュニケーションをSNSで活性化させていく、「社内SNS」の機能・価格をもっと詳しく比較したい方はこちらからご覧になれます。ぜひツール選定の参考にしてみてください。
記事の後半ではダウンロードできる資料の一部を公開しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
社内SNSの資料一括無料DLはこちら

対処の難しい職場いじめ

いじめと聞くと、学校現場のことばかりだと考える人も多いかと思いますが、現実には職場でのいじめの方が発生件数も多く、自殺者も圧倒的多数を占めているのです。その背景には学校現場以上に対処が難しいという現状があります。本記事ではそんな職場いじめに陥らないために、どのようなコミュニケ―ションをとるべきなのかということを心理誘導の観点から取り上げます。

コミュニケーションが原因になりうる理由

 いじめの原因には、嫉妬や恨みなどの明確な敵意だけでなく、「いじる」という言葉で表される付き合い方の問題や、被害者本人の不安や敬遠などの心情の問題があり、確実な対処方法という物は発見されていません。
 しかしながら、絶対的な共通点として、関係を持たない限りいじめは発生しない、ということがあります。逆に言えば、どのいじめも相手との関わり方、つまりはコミュニケーションに原因があると言えるわけです。だとすると、コミュニケーションに気を配ることで、いじめのリスクを大いに軽減できるといえるわけです。

以下の記事では、コミュニケーションを円滑に行うためのツールをご紹介しています。社内コミュニケーションの活性化に役立ちますのでぜひご覧ください。

社内コミュニケーションを活性化!社内情報共有ツール23選 | 無料・無料プランあり | ボクシルマガジン
【2018年最新版】仕事をするうえで最も気を遣わなければならないのが人間関係。ビジネスの相手方はもちろんのこと、社...

コミュニケーションの構造

 コミュニケーションという他者との関係構築においては、構造部分だけでも幾通りもの場面が考えられます。地位で言ったならば、同僚同士の関係であったり、上司部下の関係であったり。親密度では、友人関係であったり、恋愛関係であったり。人数では、集団関係であったり、派閥関係であったり。その関係それぞれに、問題となる要因が性質上異なっています。
 さらに、コミュニケーションを情報分野から焦点を当てた場合、事前情報の有無、事前情報に誤りや偏見・臆見は認められなかったのか、実情報との照合性、事後情報の経過的状態、という様なことが浮かび上がってきます。
 つまり、大変複雑な構造を有しています。
 

心理誘導でコミュニケーションを取る

 コミュニケーションの構造とは先述の通り複雑難解で、他者と関わる実践的な段階に移ると、方法論的側面を単純に覚えるだけでも一苦労になります。それも方法的分野では対個人を想定したパターンが多く、汎用性に欠陥があると認識すべきです。
 しかしながら、先述の通り、対人関係ではコミュニケーションという共通項が存在する以上、そこにマッチした基礎的な理論と、それに基づいた方法をとれば、関係改善が望ましいものになります。それこそが心理誘導の手法になるわけです。

心理誘導コミュニケーションの基礎理論

 心理誘導の基礎は、人間が非有意識的に行ってしまう深層心理学、学習心理学の応用にあります。換言すれば、精神医学、催眠療法と呼ばれる分野の手法を利用するのです。その主要な理論は3つに収束すると言えます。

<① 心の理論>
ヒトという存在は、精神的側面である心を包有しているということを理論的に示したもので、簡潔に述べるならば、人類の種族的特徴として第三者的視野での思考能力を獲得しているという理論です。

<② 共同注意>
無関係の何かであっても、他者の注意を見たり聞いたり関したりすることで、当人の注意が心理的に誘導されてしまうという生理的反応のことです。

<③ 条件付け>本人には関係のない事物を条件として、反復試行することで無条件的に学習が発生するという理論です。
 
本記事では、中でも手法的見地から合理性・効用性が望ましい心の理論を用いた対人意思伝達方法を取り上げていきます。

心の理論から見るコミュニケーション方法

 心の理論から見た心理誘導では、とにかく他者の立場を自分の立場まで移動させる必要があります。というのも、意思伝達のズレが発生する要点として、立場や年齢といった要素による感覚や環境の相違が考えられるからです。
 だから、例えば部下にとっては無茶なことを上司が依頼してきたリ、上司にとっては期待を満たさないような仕事を部下が行ったりすることは、対象をベースとした関係性にいないから引き起こされていることなのです。また、この関係構造のズレに気付いてからでは、改善は困難であるわけです。
 とはいえ、心の理論から見たコミュニケーション方法とは、単純です。催眠療法士の桜井直也氏によれば、「名前」を含めて他者と会話するだけで根本的関係が飛躍的な改善を迎えると言います。当然ながら、敬称などは場の必要とともに応じて用いますが、何にしても名を通して呼ぶという行為自体が大切です。

なぜ名前を呼ぶと対人コミュニケーションの根底的改善が望めるのか?

 人の関係の密度を呼称で段階分けすると、地位や役職といった社会的呼称、苗字という対家庭的呼称、そして名前やニックネームといった個人的呼称という3段階になります。
 どれほど名声を得て地位の高まった人間であっても、友人間では相互の名で呼び合うことが普通であり、個人的呼称は自然に親近感を高める効果を含んでいると言えます。関係構造の心理的膠着を下げる行為につながり、相互的立場の交換可能性に取って代わります。

解決が期待できるコミュニケーション方法

 氏名一貫で呼ぶことにより、個人間関係が必然的に深まると、心理的膠着の度合いが下がるとなると、あとは立場交換を促す言葉をかければ個人関係が逆転していきます。
 具体的方法としては、「分離法」を用います。

分離法コミュニケーション

 分離法とは、相手や自分を分離して説得する手法です。
 例えば、「建前ではなく本音が聞きたい」と対象に言ったならば、対象自身に建前という認識がなくとも、あたかも建前を言ってしまったかのような錯覚を覚えさせて、対象の意図とは異なる言葉を聞くことができます。すなわち当初の言葉を否定せず、それとは別の部分として答えさせること、つまりは相手の答えを分離させる手法が分離法になるのです。
 答えを分割するような、「建前ではなく本音」や、「やるかやらないかではなく、どこまで、何時まで、どれくらいまでならできるか」という手法以外にも、平常時と対象を分離して「本心や本音の部分ではどうか」、「今、もしくは過去の貴方ならどうか」、「良心や理性、感性ではどうか」といった言葉が有効的な言葉がけになります。

『職場いじめに適応するコミュニケーションとは』のまとめ

職場いじめには、コミュニケーションから逃げられないという背景があるため、状況の悪化が避けられない場合が顕著です。つまり、平時の自分に対する心理的許容感を高め、相手に効果を及ぼしやすい意思伝達が肝要になるのです。逆説的に、常日頃から友好的な関係を培っていたならば、職場の上司やチームワーカーは相互扶助可能な存在、労働共同体に変化します。こうした労働共同体として、職場環境の人間的改善を図り、生産性を高めることができる観点からも、職場のコミュニケーションの職業的な重要性が確認できます。

ボクシルとは

ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
社内SNS
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
ChatWork株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事