Article square balloon green
2016-11-21

リマインダーとは?意味や使い方とアプリの選び方のたった2つの基準

iPhoneなどでも有名なリマインダーという、アプリやサービスがあります。Reminderを英語の原義で言うには「何かを思い出させてくれる人や物」ということになります。その基本的な利用方法や基本構成について紹介します。
経営企画・マーケティング
Large

リマインダーとは?

iPhoneなどでも有名なリマインダーという、アプリやサービスがあります。Reminderを英語の原義で言うには「何かを思い出させてくれる人や物」ということになります。そのアプリやサービスは、思い出させる機能があります。

はじめはパスワードの保険として始まったとされるサービスですが、現代ではカレンダーやタスク表とも連動・融合して、業務内容や約束を記憶し、事前設定の時刻になると自動で連絡してくれる機能やソフトのことを指しています。

今回は、アプリでのリマインダーに観点を絞り、その基本的な利用方法や基本構成について紹介します。

アプリとしてのリマインダーとは?

アプリとしてのリマインダーについて知る前に、「アプリとしての」という言葉通り、リマインダーにはアプリ以外にもあります。具体的には、法人向けの大規模で十分なセキュリティーが必要なリマインダーなどです。あるいは、チームでの労働環境では、人そのものをリマインダーとしての役割を果たすことがあります。

また、アプリとしてのリマインダーとしては、パソコンやタブレット、スマートフォンやiPhoneといった機器における基本的リマインダーと、一般に広く公開されているアプリがあります。

広い意味では、紙の余白に走り書きしたメモなどもリマインダーと呼べるわけですから、アプリにおいても、「記憶の保険」となるサービス全般になります。

リマインダーの基本的な使い方

詳しいことに入る前段階として、先に説明したいことがあります。これだけでも理解していなければ、せっかくのリマインダーもかえって、生産性が低下してしまう、時間の浪費を促進するアプリになる危険性が伴います。

理解すべきことはたったひとつです。リマインダーは「基本的役割が二度手間になる」ことです。当然ながらとても便利なものには違いません。記憶にとどめるということは、人間の記憶力を圧迫し、作業能率を低下させるうえに、ついには記憶から消えてしまう危険性があるからです。リマインダーは、人間の記憶を形に残すことで、「忘れないであろうか」という不安から解放してくれます。

ところが、前述の通り、リマインダーの始まりは、パスワードなどの保険的なサービスであり、保険という性質上、実際に問題が発生しない限りは無意味になる場合が大半です。特に、アプリとしてのリマインダーにこだわると、他のことがおろそかになりかねません。
 ですから、リマインダーの基本的でありながら、最も能率的な使い方は「自分の記憶の保険」ということと、「二度手間になる時間や労力」は、いわば「保険料」ということを意識しなければなりません。

リマインダーの基本アプリケアプリーション

現代の電子機器では、幸運にもほとんどの製品に初期アプリとして、リマインダーが搭載されています。たとえば、専用のアプリはもちろん、カレンダーやメモ帳などはその代表的アプリと言えるでしょう。

そして、リマインダーのアプリを比較する際の基準は以下の2点だけです。

  • 通知設定の自由度や通知方法
  • 設定をする労力や所要時間

カレンダータイプのアプリは、数年先までのことを1分単位で設定できます。さらに、通知時間も的確で通知内容も内容のみならず、目的地や面会相手を記載することができます。ただし、設定するまでには時間と内容を記入する必要があり、普段使いとしては扱いづらいかもしれません。基本的には長期計画の保険として使うことが最適でしょう。
 
メモ帳タイプのアプリは、使い方に幅があります。購入初期のメモ帳では、付箋メモなどのデスクトップ表示機能しかなく、一般公開されているものではカレンダータイプと同様のものが実在します。記録する手間はさまざまで、デスクトップ表示機能のモノでは、常に表示しているので、確認が簡単です。また、カレンダータイプ同様の通知型である場合は、最初に設定するのが大変ですが、設定した時まで確認する必要がなくなります。

最高の使い方とアプリの選択

これまでのリマインダーとはということや、使い方から見て、どんなものがリマインダーアプリの効率的で、効果的な利用方法と言えるのでしょうか。

アプリを選択する方法としては2つの考え方があります。一つはアプリの機能を重視する方法、もう一つは、利用者の登録の手間を重視する方法です。この記事では後者をおすすめします。

アプリの機能を重視する場合は、いろいろなシュチュエーションにあわせて利用するアプリをアプリ内の検索とともに、基本的な機能とを記録する手間のバランスを考えると良いでしょう。ただし、一般公開されている大多数は、機能は似たり寄ったりでありであり、もはや好みの問題かもしれません。必要な機能をもったものをひとつ、ないし複数使い分けるという方法です。これは記録する情報が細やかで管理をしっかりする必要がある方にはおすすめです。

一方、利用者の手間を重視する場合は初期状態でも利用できるカレンダー型アプリ、メモ帳型アプリで十分です。利用も非常に簡単で、年初めに年内の大雑把なスケジュールを記録します。また、月初めに月内の予定をカレンダータイプアプリに記録、メモ帳の付箋機能をちょっとした普段使いに利用するとする方法です。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
経営企画・マーケティング
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
非公開企業
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事