「情シス」とは?変化しつつある企業内での役割

公開日:
情報システム部
Large

「情シス」は、企業内における「情報システム部門」の略語で、別名「IT部門」とも呼ばれます。一般的な情シスの役割を確認するとともに、刻々と変化を遂げるビジネス環境下での情シスのあり方についても紹介していきましょう。

企業における情シスの役割

情シスは、規模の差こそあるものの、ビジネスを営む企業において不可欠な存在となっています。情シスに所属する担当者が担うべき基本的な役割は以下の3種類に大別されます。

社内システムの立案・設計と構築

ビジネスを正確かつ効率的に遂行するため、業務プロセスや企業独自の特徴を踏まえて、社内情報システムを提案するのが情シスの役割のひとつです。情シスが中心となって企画・立案した社内システムの設計案に関して、関連部署や社内のマネジメント層に了承が得られたあと、情報システムの製作を開始します。企業によっては、独自システムの開発費用として予算が割り当てられ、専任のエンジニアがシステムデザインの設計をおこないます。システムでのエラー(バグ)などのチェックも段階的におこない、使い勝手の良さにも配慮したシステム作りが重要です。

情報システムのメンテナンス

社内システムを活用して、スムーズに日々の業務をおこなうために、定期的にシステムの保守・点検をおこなうことも、情シスの大切な仕事です。セキュリティ対策や社内データの保全に関しても、適切におこなわれているかどうか、常時監視できる体制を整えています。

情報システム利用者への各種対応

社内システムを利用する人は、自社の社員に限りません。システムの種類によっては、利用者が顧客である場合も考えられます。希望するデータ処理などがうまくできないという問い合わせやヘルプの要請があれば、情シスの担当者は迅速に対応する必要があります。

ビジネス環境の変化に対応!情シスが取り組むべき事項とは

情シスは、システムの保守・運用といった管理業務に終始するのではなく、むしろ企業利益を生み出す役割を担う部門であるべきとの考え方も出てきています。情シスが、ビジネスに直結する役割を担うため、喫緊に取り組むべき課題としては、以下の2つが代表例として挙げられます。

効率性を追求した社内システムの改善と他部門との連携

販売部門や企画部門、人事部門など、今まで、各組織のニーズに合わせたシステムを構築してきたため、各種情報の一元管理が難しくなっている企業もあります。そのような企業では、基幹システムの全体的な見直しを図り、使い勝手が良いシステムへの統廃合や利用技術の統一を進めるのも一案です。例えば、顧客が商品やサービスの購入時に利用する販売系の情報システムは、販売データの分析にも利用しやすい構造に改変することで、売上増を期待できる可能性もあります。さらに、顧客ニーズをとらえた販売施策の実施や在庫管理等も、情シスが他の業務部門と連携することで初めて実現できる場合もあるのです。

外注すべきシステムと内製化すべきシステムの切り分け

目まぐるしく変化していく顧客動向やビジネス環境の変化に対応するため、アウトソーシング(外注)をうまく取り入れることも、情シスが取り組むべき対策のひとつです。なぜなら、アプリケーションなどを全て内製化で対応しようとすれば、スピード感に欠けるだけでなく、コスト面でも企業の負担となる場合があるからです。セキュリティ上、内製化すべきかどうか、情シスの担当者が見極めて対応できれば、業績アップおよびコスト削減を実現できるシステム構築が可能となります。



各企業における経営戦略のひとつとして、情シスが担うべき役割は拡大しつつあります。システムに特化した技術面だけでなく、企業がおこなうビジネス全体を意識した情シスの取り組みが求められてきているのです。

法人向けクラウドサービス口コミ・比較サイト「ボクシル」とは

法人向けクラウドサービス口コミ・比較サイト「ボクシル」では、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがボクシルです。ぜひ、登録してみてください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上