コピー完了

記事TOP

お中元とは - お歳暮との違い | 贈る時期はいつ?価格・おすすめ夏ギフト・マナー

最終更新日:
公開日:
お中元とは、いつもお世話になっている方へのお礼と、「お元気にされていますか」という確認をこめて贈り物をする夏の挨拶です。お中元には贈る側と、受け取る側にそれぞれマナーがあります。マナーを知らずにお中元を贈り相手方の失礼にならないように、お中元の基礎知識やおすすめ定番商品を紹介します。

お中元とは

お中元とは、いつもお世話になっている方へのお礼と、「お元気にされていますか」という確認をこめてする贈り物のことです。

もともとは儒教、仏教に並ぶ3大教の一つの道教の年中行事である「中元」が起源です。これに日本古来の先祖供養の風習が合わさり、夏の季節挨拶の習慣となっています。

また、お中元は基本的には単年ではなく継続して送ります。一年だけ贈るということは、「今まではお世話になっていたけど、もう用はない」といった意味で捉えられかねないので注意しましょう。熨斗(のし)をかけて贈るのも忘れないようにしてください。

お中元とお歳暮の違い

お中元とお歳暮(おせいぼ)の大きな違いは、贈る時期です。お中元は地域によって差はあるものの、7月初旬から8月中旬までです。一方、お歳暮を贈るの時期は12月10日〜20日頃が一般的です。お中元は夏、お歳暮は冬と覚えましょう。

お中元とお歳暮どちらも、日ごろお世話になっている方に感謝を伝える目的で贈り物をする風習です。一般論になりますが、お歳暮のほうがお中元よりも少し高級なものを贈ることがマナーなようです。

これは必ずしもお歳暮のほうが高いものを贈らなければいけない、というわけではありません。予算に合わせて、品物を選ぶようにしましょう。

お中元とお歳暮はどちらも贈る?どちらかでOK?

一般的にはお中元とお歳暮はどちらも贈るのがいいとされているようです。しかしながら、事情によりどちらか片方しか贈れない場合は、年末の締めの挨拶の役割を持つお歳暮を贈るのがいいと推奨されています。

お中元とお歳暮の違いをさらに知りたい方は、次の記事をご覧ください。

お中元を贈る時期はいつ?

お中元はを贈る時期は、首都圏では7月の上旬から7月15日までというのが本来の風習です。また、最近では6月下旬から7月15日に贈るのが一般的ともいわれています。

このように贈る時期が変化するのは、もともとお中元がお盆と関係が深い行事だったためです。

この季節を過ぎると、表書きを立秋(8月8日か9日)までは「暑中御見舞」に、立秋以降は「残暑御見舞」に変える必要があります。

地域ごとにお中元の時期が異なる

お中元は夏に贈ることが一般的ですが、推奨される日付は地域によって異なります。

たとえば関西でお中元を贈る時期は一般的に7月中旬からとなっており、九州や関東といった異なる地域にお中元を発送する場合は、相手の地域に合わせた時期にお中元を贈るようにしましょう。

地域 贈る時期
北海道 7月中旬から8月15日まで
東北・関東 7月初旬から7月15日まで
北陸 地区によって7月と8月にわかれる
東海・関西・中国・四国 7月中旬から8月15日まで
九州 8月1から8月15日まで
沖縄 旧暦の7月15日まで

お中元を贈る側のマナー

お中元は、感謝を込めて目上の方へ贈ることが一般的です。そのため、親戚だけでなく会社の上司や、取引先にも贈る必要があります。品物の選び方としては、夏らしさを感じるものや相手の好みに合わせましょう。

お中元を贈る際は、送り状を書いて事前にお中元が届くことを相手に伝えることがマナーとなっています。送り状は、手紙でもはがきでも構いません。また、親しい間柄である場合は、電話で伝えても問題ないでしょう。

送り状の例文やお中元のマナー、金額について紹介します。

親戚、友人に贈るときのマナー

親戚や友人に贈るお中元の値段は、3,000円から5,000円程度が相場です。また、親戚や友人といった親しい間柄であるため、相手の好みに合わせた食べ物を贈るものがおすすめです。

親戚に贈る場合は、無理をして高額な品物を選ぶよりも、相手の好みにあった品物を贈りましょう。また、相手の家族構成に合わせて品物を選ぶのも良いでしょう。

友人に贈る場合は、家族関係やビジネス関係の付き合いではないため、相手への負担がかからないように、価格を抑えましょう。

親戚や友人宛の送り状の例文は次のとおりです。

拝啓   暑さもようやく厳しさを増してまいりましたが、皆々様にはお変わりなくご健勝のこととお喜び申しあげます。平素はひとかたならぬご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。  さて、本日お中元のおしるしまでに、別便にて心ばかりの品をお送りいたしましたので、ご笑納いただければ幸いです。  向暑の折から、御身おいといくださいますよう祈りあげます。  敬具

上司に贈るときのマナー

会社の上司に贈るお中元の金額の相場は、5,000円から7,000程度です。感謝を伝えるための贈り物なので、1万円を超えるような商品は控え、相手に気を遣わせないことがポイントです。日ごろ、仕事でお世話になっている感謝の気持ちを伝えましょう。

目上の方へのお中元に適さないと言われている以下のような品物もありますが、相手との間柄やほしい物を考えて送ることが一番大事です。

  • 商品券・ギフト券:お金に困っているを連想させる
  • 刃物:縁を断ち切る
  • 履物:踏みつける
  • 衣類:みすぼらしい身なりをしている
  • ハンカチ:手切れ
  • 櫛(くし):不吉な数字である(4、9のつく品物は避けましょう)
  • 筆記具:勉学に励むように

上司に贈るお中元で人気なものは、ビールやゼリー、フルーツ、お菓子といったようなものです。相手の好みに合わせて、選びましょう。

上司宛への送り状の例文は次のとおりです。

拝啓 毎日蒸し暑い日が続き、〇〇部長もさぞお疲れのことと存じます。 平素は、大変お世話になり、心から感謝申し上げます。 さて、早速ではございますが日頃の感謝のしるしとして、本日、ささやかなお中元の品をお送りいたしましたので、ご笑納いただければ幸いに存じます。 今後ともご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。 暑さもいよいよ厳しくなる折、くれぐれもご自愛ください。敬具

取引先に贈るときのマナー

仕事の取引先に贈るお中元の値段は、5,000円から7,000円程度がおすすめです。得意先や特にお世話になっている場合でも、1万円を上限にしましょう。

利害関係者から、お金や品物を受け取ってはいけないという決まりがある会社もあります。また、公務員の方もお中元の贈与を禁止されています。事前に、お中元を贈って大丈夫なのかといった確認が必要です。

謹啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てにあずかり、厚くお礼申し上げます。 さて、景気の低迷が続く中で弊社が無事に営業できますのは、皆さまのご指導とご厚情のお陰であり、ありがたく厚くお礼申しあげます。 つきましては、ささやかではございますが謝意を表したく、別便にてお中元の粗品をお送りいたしました。○日頃には届くかと存じますので、ご笑納くださいますようお願い申しあげます。 末筆ではございますが、貴社のますますのご発展と皆さまのご健勝を心よりお祈り申し上げます。 略儀ながら書中をもちましてお中元の挨拶を申し上げます。 謹白

お中元は喪中でも贈っても大丈夫

お中元は、相手方への感謝を示すものなので、喪中であっても贈って構いません
しかし、送付時期と葬儀が重なっていた場合は失礼に当たるので、一般的には時期をずらして贈ることをおすすめします。

お中元を出し忘れた場合

お中元を出し忘れた場合は、暑中見舞いまたは残暑見舞いに品物を贈りましょう。この時期に贈れば、謝罪や添え状に出し忘れた旨を書く必要もありません。暑中見舞いは7月7日ごろから8月6日ごろ、残暑見舞いは立秋から8月いっぱいです。

暑中見舞いや残暑見舞いのメールの書き方を知りたい方は、次の記事をご覧ください。

お中元を受け取る側のマナー

お中元はお世話になった目上の方に、目下から贈るのが一般的です。そのため、目上の方はお返しの品を贈る必要はありません。友人、同僚、兄弟といった場合は、同程度の品物でお返しをします。

品物を贈らない場合でも、お礼を伝えるのは最低限のマナーです。親しい仲であれば、メールや電話でも問題ありません。そうでない場合は、お礼状を書きましょう。

お礼状の書き方

お礼状には、次の要素を入れましょう。

  1. 時候の挨拶
  2. 相手の健康・安否を尋ねる
  3. お中元をいただいたお礼と感謝の言葉
  4. 相手の健康や息災を願う言葉
  5. 日付や差出人名

取引先へのお礼状の例文を紹介します。

拝啓 〇〇の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 さて、このたびは結構な品をご恵贈賜りありがとうございました。 ご芳志誠にありがたく、謹んで拝受し、あらためて御礼申し上げます。 今後とも何卒よろしくご交誼のほどお願い申し上げます。 略儀ながら書中にて御礼申し上げます。 敬具 2020年○月○日 名前

お中元に贈るものの種類

お中元で、家族や上司、仕事の取引先に感謝の気持ちとして品物を贈ることを説明してきました。では、一体どのような商品やブランドが人気なのでしょうか。

お中元に贈るもののおすすめの中から、百貨店やAmazonをはじめとしたECサイトで購入できるものを紹介していきます。

お中元のおすすめ人気商品

お中元のおすすめ人気商品は、ビールやドリンク、フルーツ、洋菓子、精肉・ハム・ソーセージ、麺類、和菓子、魚介・塩干物などです。選び方としては、相手が苦手なものを避けることや、事前に好きなものを聞いておくことが大切です。

最近では、相手に好きなものを選んでもらうカタログ選択式のお中元や、ギフト券がトレンドです。

お中元に贈りたいおすすめ人気ブランド

お中元で贈りたいおすすめ人気ブランドとして、千疋屋やニッポンハム、サントリー、みれい菓などが挙げられます。他にも、有名菓子ブランドはたくさんありるので、予算と相談しながら夏らしい商品を選んでみましょう。

お中元について覚えておきたい項目まとめ

お中元とは、相手への日ごろの感謝を伝える夏の季節の挨拶で、時期は地域によって異なります。また、お中元は毎年贈るものであり、単年での送付は避けましょう。出し忘れた場合にも、暑中見舞いや残暑見舞いを出せば問題ありません。

お中元を贈る際の予算は身近な方が3,000円前後、上司・取引先が5,000~7,000円、近年特にお世話になった・ご迷惑をおかけした方が1万円前後をおすすめします。あまりに高額だと相手に気を遣わせてしまいます。

送り状やお礼状の書き方も理解し、マナー違反にならないように気をつけましょう。特に、目上の方に贈ると失礼になるものもあるので注意が必要です。

お中元は金額や品物の質ではなく、日ごろの感謝や相手への気遣いを伝えることが重要です。これらを覚えておき、お中元を贈りましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
その他ビジネスの最近更新された記事