サラリーマンに英語は必須?日本の現状と勉強の仕方を解説!

公開日:
グローバル人材育成

英語を身に着けて市場価値を上げよう

どんどん日本企業のグローバル化が進んでいる現在。英語力を重視する会社も増えてきました。サラリーマンに英語は必須なのでしょうか?日本の会社の現状や、英語を身に着けるための勉強の仕方などをご紹介します。

サラリーマンに英語は必須?

これからのサラリーマンは、英語ができなくてはいけないと言われ始めたのは、もうかなり前のことです。本当にサラリーマンに英語は必須なのでしょうか?
実際は「職場による」というのが現状だと思います。職種によっては、英語を使う機会がまったくないという職場もいまだ多く存在しているのです。また、翻訳者や通訳者を使うことで、英語ができなくても仕事が成り立つという人もいるでしょう。英語ができなくても、サラリーマンとして働くことはできます。ただ一つ確実に言えるのは、英語ができないサラリーマンは、自分の可能性を小さくしているということです。

英語ができるサラリーマンは年収が200万円違う?

グローバル化が進んできた日本企業では、会社のトップや幹部に外国人を迎えることも増えてきました。また、中小企業でも海外との取引が増え、自然と英語を必要とする機会が増えています。その結果、多くの企業では英語力が重視され、英語ができなくては出世もできなかったり、プロジェクトに参加できなかったりといったことが起こっているのです。
上場企業で求められる平均的なTOEICのスコアは、新入社員で550点以上、中途採用社員で700点以上だと言われています。英語が必要となる部署だと、800点以上のスコアを求められるところも少なくありません。
英語ができるサラリーマンと、英語ができないサラリーマンの年収の差は、200万円にもなると言われています。2020年には東京オリンピックも開催され、さらに多くの外国との係わりも増えてくるでしょう。英語ができないことで自分の可能性を狭めてしまわないためにも、英語力を身に着けておくことは大事なことだと言えます。

サラリーマンの英語の勉強の仕方

英語を身に着ける一番簡単な方法は、現地に行って長期間生活することだと言われています。とはいえ、普通のサラリーマンが仕事を長期間休んで留学するというのは現実的ではありません。サラリーマンが英語力を身に着けようと思ったら、やはり地道に努力するほかないのです。そこで、TOEICで高得点をとれるようになる勉強法をご紹介します。

1.中学英語の基礎を完璧に!

中学校で習う英語は基礎的なものです。この基礎ができていないと、大金を払って英会話教室などに通っても意味はありません。まずは中学英語の文法を完璧にすることから始めましょう。その後は、とにかく単語量を増やすことが英語上達への道です。

2.リーディングに重点を置く!

TOEICで高得点をとることはもちろん、英語の基礎力をアップさせるためにも、リーディングを重視してください。とにかくできるだけ多くの英文を読みましょう。わからない全ての単語をいちいち辞書で調べたり、日本語に訳したりしながら読む必要はありません。とにかく読んで読んで読みまくる!そうしているうちに自然と単語力や文法力が身につくだけでなく、不思議とリスニング力やスピーキング力もアップしていることに気が付くでしょう。ちなみに、Kindle Paperwhiteは英語の本を読むのにとても便利です。タッチするだけで単語の意味を教えてくれる辞書機能や難しい単語を簡単な言い回しで教えてくれるWord Wise機能があるうえ、4万冊以上の洋書を無料で読むことができますよ。

3.ネットを上手に利用する

実務で必要となるリスニング力とスピーキング力をアップさせるには、ネットを上手に利用してみましょう。YouTubeなどで英語の動画を見たりするだけでもリスニング力の強化につながりますし、スカイプを使った無料の英会話教室なども色々ありますよ。

英語力があれば、サラリーマンとしての可能性は大きく広がります。現在仕事で必要としていない人も、勉強していて損になることはありません。1年間毎日1時間勉強するだけで、TOEIC300点台から800点台へとアップすることも可能です。英語力アップを目指して頑張ってみませんか?
以下の記事では低コストで導入できるクラウド型の人材管理ツールeラーニング(オンライン学習サービス)を比較、紹介してますのでぜひ御覧ください!

クラウドeラーニング(オンライン学習比較27選 無料e-learning作成ソフトあり

法人向けクラウドサービス口コミ・比較サイト「ボクシル」とは

法人向けクラウドサービス口コミ・比較サイト「ボクシル」では、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがボクシルです。ぜひ、登録してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上