コピー完了

記事TOP

セッションとは?意味・増やすポイント - ユーザーの行動を把握してサイト改善に活用しよう

最終更新日時:
公開日時:
記事公開時点での情報です。
アクセス解析に関連するキーワードの中で、特にわかりにくいのが「セッション」という概念。ユーザーがサイトを閲覧し、ブラウザを閉じるまでの流れを指しますが、その具体的な例と、セッション数向上のためのポイントを紹介します。

セッションとは

ウェブサイトの改善を考えるにあたって、アクセス解析を適切に行うことが大切です。

しかし、初心者にとってアクセス解析まわりの専門用語は難しいもの。数あるアクセス解析関連のワードの中でも「セッション」について解説します。

セッションとは、ユーザーがサイトを閲覧し、離脱するまで(ブラウザを閉じるまで)の流れを指します。

訪問者が一番初めに見たページだけで離れても、何ページも見ても、カウントは「1セッション」。ある人が朝に閲覧したページを、夜にまた見た場合には1ユーザーであっても「2セッション」とカウントします。

ただ、アクセス解析のツールによっては、時間が経過するとあらたなセッションとしてカウントされることもあります。

【例】「Google Analytics」では、30分以上サイト上で操作がない場合を”タイムアウト”と判断します。それ以降に操作されたら、新しいセッションとしてカウントされます。また、閲覧中に日付が変更した場合も、新たなセッションに切り替わります。

その他のアクセス解析用語

セッション以外の関連用語についても、おさえておきましょう。

ページビュー

ページビューは、ブラウザにサイト内のページが表示された回数を表します。頭文字から「PV」とも呼ばれます。コンテンツの閲覧状況や、集客状況が数値化されます。例えば1回のセッション中に、4ページを閲覧した場合は、4PVとカウントされます。PVを把握することで、

  • 導線は適切か(導線が悪いなら、セッションあたりのページ数が少ない)
  • コンテンツの質は良いか(良いコンテンツほど、PVが高い)

など、コンテンツの現状を把握できます。

ユーザー数

サイトに訪れた固有のユーザーの数です。「ユニークユーザー(UU)数」とも言われます。1人が何回訪れてもユーザー数は1とカウントされます。

ユーザー数を明らかにすることで、閲覧している人の状況が分かります。ユニークユーザーあたりのセッション数が多いサイトと、ユニークユーザー数は多いがセッション数は少ないサイトでは、合計PVが同じでも、摂るべき施策が異なりますよね。

また、アクセス解析ソフトによってはユーザーの詳細情報も分析できます(地域、使用言語、仕様デバイス等)。そういった背景情報も取り入れることで、マーケティングの幅が広がります。

セッション数を増やすポイント

ユーザーごとのセッション数が増えれば、全体のページビューが増えます。サイト改善の一環として、セッション数改善のためのポイントを実行してみましょう。

更新情報を伝える

常連ユーザーであれば、自らサイトを訪れ新規セッションを開始してくれるでしょう。しかし、一度見ただけのユーザーに再訪してもらうのは工夫が必要です。Twitterアカウントで更新情報を流したり、RSSリーダーを用意したり、メルマガを配信したりと、サイト訪問したくなる仕掛けを考えてみましょう。

記事末尾に「関連記事」

コンテンツを作ったら、末尾に「関連記事」へのリンクを挿入しましょう。ブログであれば、似たテーマやカテゴリの記事。ECサイトであれば、その商品と関連のある別商品のリンク。

そのコンテンツを閲覧しているユーザーと親和性が高い記事をレコメンドできるので、次のページへと進んでくれやすいのです。一回のセッションでのPV数を増やすことはユーザーの満足度の向上につながり、再訪者の増加に寄与します。

新規セッションを増やす工夫

1ユーザーの閲覧数を多くする大切ですが、新規セッション数を増やすという視点も大切です。新しいワードを取り入れたコンテンツを準備したり、アクセスを増やしたいキーワードで広告を出稿したり、対策を考えてみましょう。

セッションに注目してサイトを改善しよう

セッション数に着目すると、サイト改善のためにやるべき施策に気づきやすくなります。今まであまり考えていなかったなら、ぜひこのワードに注目してアクセス解析・対策を進めてください。

また以下の記事ではアクセス解析に役立つおすすめのクラウドサービスを比較、紹介してますのでこちらもぜひご覧ください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
経営企画・マーケティングの最近更新された記事