コピー完了

記事TOP

働き方改革事例5選 | 実現すべき具体的な取り組みと成功企業のポイント

最終更新日:
すべての労働者が活躍できる社会の実現を目指す働き方改革は、企業自身が取り組まなければならない課題でもあります。そのためには何をすべきか?具体策を解説するとともに、成功企業の事例を紹介します。

少子化にともなう労働人口減少が顕在化するなか、ワークライフバランスの改善や多様な人材の登用、労働生産性の向上などを軸とした「働き方改革」が提唱され、すべての労働者が活躍できる社会の実現に向けて、さまざまな施策が講じられています。

このような状況の中、企業自らも働き方改革への取り組みが求められており、実際に実践に取り組んでいるケースも少なくありません。

従来の慣習にとらわれず、働き方改革を実現するにはどうしたらよいのか、具体的な取り組みを解説するとともに、成功企業の事例を紹介します。

カオナビ
無料トライアル:◯
フリープラン:-
月額料金:要問い合わせ
・社員のスキルや評価履歴、さらに性格やモチベーションも一元管理
・一元化された情報をそれぞれのポジションにあわせて適切に共有
・社員個々の生産性が上がり組織力、企業力UPへ

具体的な取り組み

政府が提唱する働き方改革は「労働生産性の向上」「非正規雇用の格差改善」「長時間労働の是正」が核となっていますが、企業が具体的に実現できる取り組みを考えてみましょう。

以下ではそれぞれについて解説していきます。

長時間労働の削減

労働者の健康にも悪影響を与える長時間労働の削減は、企業にとっても喫緊の課題です。

一般的には、残業や休日出勤を禁止するなどの対策がとられる場合が多いようですが、単純に残業禁止にしただけでは自宅作業が横行するなど、その効果は疑問です。

定型作業の廃止業務フローの見直しなどで効率化をはかり、労働生産性を向上させつつ、残業削減の目標達成にはインセンティブを持たせるなどで、従業員自ら工夫を行う環境を作り上げることが重要です。

定型作業の廃止に役立つRPAツールについてはこちらから。

働き方改革に役立つツールの使用

長時間労働の削減でも触れましたが、働き方改革で生産性向上を実現し、時短につなげるためには定型業務の廃止や効率化は欠かせません。

そのためには、さまざまなツールを活用してなくすことのできない定型業務を効率化することが重要です。

中でも、時間と場所を問わないさまざまな打刻方法で、従業員の労働時間を把握できる勤怠管理システムは、フレックスタイムテレワーク、外勤の多い営業マンなどが、柔軟で効率的な働き方を実現するための中核となる存在といえるでしょう。

そして、経費精算工数管理が可能なシステムもあり、さまざまな選択肢から最適なひとつを見つけることができます。

会社全体の雰囲気や制度を改革するためにタレントマネジメントシステム等を入れる企業もあります。
たとえば、実際に人材管理ツールである「カオナビ」を導入して働き方改革に成功した事例もあります。以下では、カオナビ導入で働き方改革が成功した事例を詳しく解説しています。

賃金の上昇

多くの企業で正規/非正規という雇用形態により、賃金と将来のキャリアアップに格差が生じているのが現実です。

しかし、一部の企業で雇用形態による賃金格差/待遇差をなくし、柔軟な働き方を保ったまま、将来のキャリアアップにもオープンな体制を敷くケースが出ています。

これによって従業員のモチベーションアップが生産性向上につながり、賃金コストの上昇が利益上昇をもたらすという、好循環を生み出しています。

フレックスタイム制度

業種にもよりますが、従業員個々の業務内容にあわせ、自由に始業・就業時間を調整可能なフレックスタイム制度は、生産性向上と柔軟な働き方に合致するといえるでしょう。

月内の総勤務時間を自在に配分するフレックスタイム制度は、給与の調整などが発生しにくいのも利点であり、コアタイムを設定することで組織としての生産性を損なわないようにすることも可能です。

一方で、コアタイムを設けないフルフレックスの場合、従業員が顔を合わせる機会が極端に減ることが考えられ、業務フローの見直しが必要になるかもしれません。

テレワーク(在宅勤務、リモートワーク)

ネットワークが高度に発達した現在、育児や介護などでフルタイム勤務が難しい、なんらかの事情で出勤が難しいなど、多様で優秀な人材をテレワーク活用することによって、柔軟な働き方を実現できます。

テレワーク時のルール明文化やサポート体制、既存従業員への周知などの環境整備は必要ですが、優秀な人材の離職を回避できるほか、在宅作業によって集中力アップが効率化につながる、職場復帰がスムーズに行えるなど、メリットが大きい取り組みといえます。

労働時間の見直し

残業時間の改革も考える企業が多いようです。残業時間が制限されることで社員が時間内で何とか成果を上げることを意識するようになり、生産性が上がります。

企業にとっては残業代の削減にもなりメリットは大きいものです。仕事以外の時間が増えることで、社員のストレス軽減になったり、余暇の充実度が仕事に好影響を与えたりという事例も多く報告されています。

早朝時間の活用

必要な会議やミーティングを早朝に持ってくることで、建前的な議論やだらだらとした運営といった無駄時間を減らすことができるようです。

その後に仕事があることを意識すると自ずと時間を意識するようになりスピーディーにしかも必ず結論や具体策を出せるなどの成果が得られているようです。

社員も電話や訪問など、比較的他の業務に邪魔されない静かな朝時間を有効活用できるような対策も行われています。出勤の時間を早めると、ラッシュや満員電車を避けられるので時間の効率化になるというメリットもあります。

情報・スケジュール共有

休暇を取りやすくするためには組織内の業務を属人化しない取り組みが有効です。
複数の人が業務の内容やフローを把握しておくことで、「自分が休むと業務が止まる」という事態を発生させません。代わりの人がいることで安心して休暇を取ることができるのです。

複数の対応社員がいることで、顧客や取引先にとっての信頼性にも繋がります。

業務効率化対策

組織内の業務に必要な情報や資料、顧客の情報などを誰もが見れるようにしておくことや、業務の進行状況や休暇のスケジュールを常にシェアすることで組織内の協働や協力をスムーズにすることができます。

そのために、コピー資料ではなくドライブ共有を活用すれば、コピーに掛かるコストや配置スペースを削減することにも繋がっています。
個人でデータを占有しないようになることが効率化には欠かせないポイントです。

企業の形態や業種の特質により、どのように取り入れていくかの具体策は合わせていく必要があるでしょう。実際の現場の社員の意見なども積極的に吸い上げていくようにするとより現実的で成果に直結する働き方改革になるでしょう。

テレワークを可能にするおすすめのクラウドPBX

テレワークの実現に役立つシステムの1つが、スマートフォンでの代表電話の受発信も可能にする「クラウドPBX」です。おすすめのクラウドPBXを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

3CX - CCアーキテクト株式会社

3CX - CCアーキテクト株式会社 画像出典:3CX公式サイト

  • 低コスト導入、簡単メンテナンスで運用費を大幅削減
  • オンプレミスまたはクラウドで利用可能
  • 柔軟なビジネススタイルにも対応

3CXは、従来の電話システムと同様の機能を持ち、IP電話機やソフトフォンを使用するビジネス向けの電話システムです。IP電話を利用し外出中の社員とも内線通話ができるので、電話代を削減可能。管理者は、PCに専用ソフトウェアをインストールする「ソフトフォン」を利用して、場所やPC機種を問わず社内の通話を一元管理できます。多くのキャリアに対応しているうえ、既存ビジネスフォンとも接続できるため、スモールスタートにもおすすめです。

トビラフォン Cloud - トビラシステムズ株式会社

トビラフォン Cloud - トビラシステムズ株式会社 画像提供:トビラシステムズ

  • アプリをインストールするだけ、設備投資0円
  • 信頼性の高いNTTコミュニケーションズのIP電話回線をバックボーンに使用
  • スマートフォンでビジネスフォンの各種機能を使える

トビラフォン Cloudは、スマートフォンにアプリをインストールするだけで利用できるクラウド型ビジネスフォンです。社内で受けた電話を外出中の社員に転送や、外出中の通話音声を後から確認したり、スマートフォンを社内の電話と同じように利用できます。録音した通話音声は、通話環境が悪くてもクリアな音質で通話内容を聞き取れます。

Arcstar Smart PBX - エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

Arcstar Smart PBX - エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 画像出典:Arcstar Smart PBX公式サイト

  • Web上で簡単に設定可能
  • スマートフォンを通話無料の内線端末に
  • 無料トライアルは10日間、20IDまで

Arcstar Smart PBXは、NTTコミュニケーションズが提供するクラウドPBXサービスです。PBXやビジネスホンのクラウド化により、設備・保守コストを削減。スマートフォンやPCなど多様なデバイスで、ロケーションを問わず無料で内線電話を利用できます。キャリアを問わずスマートフォンを内線端末として利用できるため、BYOD(私物端末の業務利用)導入にも。また外線サービスと組み合わせることで、ビジネス専用の050番号も取得できます。転送やグループ着信などの設定変更をWeb上で簡単に行えるので、工事業者の手配が不要。保守コストも削減できます。

MOT TEL(モッテル) - 株式会社バルテック

MOT TEL(モッテル) - 株式会社バルテック 画像出典:MOT TEL(モッテル)公式サイト

  • スマートフォンやPCで外線と内線を利用できる
  • WindowsOSのPCでの着信には顧客情報のポップアップが可能
  • リモートワークに役立つビジネスチャット付き

MOT TEL(モッテル)は、スマートフォンやPCで利用できるクラウド型ビジネスフォンです。ビジネスフォンとして利用したい端末にアプリをインストールし、簡単な設定をするだけで利用開始できます。外出先でもスマートフォンから外線、内線を利用でき、すべての通話を自動で録音可能です。WindowsOSのPCで着信した場合は、着信番号から顧客情報のポップアップも表示されます。さらに、ビジネスチャット機能が搭載されているので、快適なリモートワーク環境を整えられます。

INNOVERA PBX~リモートワーク~

  • 代表番号も内線もスマートフォンで受発信
  • 今の番号をそのまま使用可能
  • 全通話自動録音

INNOVERA PBXは、スマートフォンで会社の代表電話や内線の受発信ができる、テレワークや在宅ワークに最適なクラウドPBXです。

自宅や外出先からでも会社の代表番号で受発信ができ、個人の携帯番号を知られる心配がありません。内線もスマートフォンで架けられるので、在宅ワーカー同士のコミュニケーションも気軽に取れます。独自回線により番号ポータビリティが利用できるので、電話番号を変える必要もありません。音声データの容量を問わず、すべての通話を6か月間自動録音するため、目の前にいないスタッフの対応状況も通話履歴と合わせて確認可能です。

モバビジ

  • 会社の電話をいつでもどこからでも使える
  • 月額サービスだからコストを気にせずかけ放題
  • 業界最高レベルの高品質な音声

モバビジは、は、NTT東日本・西日本の「ひかり電話」、フリービットの「クラウドPBX」と「スマホアプリ」、Panasonicの「IP電話」の組み合わせで実現した新しいビジネスフォンサービスです。会社の電話をスマートフォンで受発信できるので、外出中でも顧客からの連絡の取り逃しを防げます。

スマートフォンでの利用の場合、移転やレイアウト変更・電話機増設があった際でもそれに伴う工事費や初期不要が不要で、月額サービスなので従業員の増減に合わせてコストの調整が可能です。一般的なIP電話と仕組みが異なり、総務省判定基準「クラスA」の業界最高峰の音声品質で安心して利用できます。

ナイセンクラウド

  • 導入企業1700社の実績
  • 最短2日で開通
  • 通話料が3分7.9円(税抜)。約60%コスト削減も可能

ナイセンクラウドは、稼働8年で導入企業が1700社突破の実績があります。特徴としては、03(東京)・06(大阪)・0120/0800(フリーダイヤル)など地域型の電話番号など使える点です。また最短2日で導入可能なので、急ぎでビジネスフォンを設置したい企業におすすめです。

ひかりクラウドPBX - 東日本電信電話株式会社

ひかりクラウドPBX - 東日本電信電話株式会社 画像出典:ひかりクラウドPBX公式サイト

  • 簡易な導入によって短期利用が可能
  • 複数拠点への導入が可能
  • スマートフォンを内線端末として利用できる

ひかりクラウドPBXは、内線通話機能とPBX機能をクラウド上で実現するサービスです。オフィスにPBXなどの通信設備を設置する必要がないので、固定資産や保守コストの削減を実現します。クラウド化による簡易な導入と廃止が可能なため、短期利用もできるところがポイントです。

また、複数拠点に導入できるので、拠点間や本社との通話料などのコストを削減できます。社員個人のスマートフォンを内線端末として利用することで業務効率化も実現可能です。

回線.com

  • 1台月額200円~
  • 工事費・電話番号費用・保守費用など0円
  • 配線工事不要でLANの差し替えだけ

回線.comは、スマホを内線・外線化できるサービスです。回線工事や設置工事は不要で、転送費用無料で利用できます。従来のビジネスフォンと比較して月額費用が71%、初期費用が90%以上削減される試算が、公式HPで紹介されています。

拠点間・社員同士の内線通話も無料なので、通話料金の大幅節約が期待できます。

MOT/TEL

  • 自社で製造開発しているのでサポートが充実
  • 1台199円~の安価で利用可能
  • スマホを内線化して会社番号から受発信

MOT/TELは、1台199円~内線・拠点間通話機能を設置できるサービスです。初期費用(29,800円)のみで、リース契約を結ぶことなくPBX機能を構築できます。安価にビジネスフォンを導入したい企業に人気のサービスです。

働き方改革の成功事例4選

ここまで、企業が働き方改革を実現するための、具体的な取り組みを解説してきましたが、以下からは施策に成功した企業の事例を紹介します。

事例:G社

会社名:G社業種:福祉サービス業
事業内容:保育所・学童保育施設の運営

コミュニケーション活性化で職場改善

組織の考え方として、従業員を「人間として対等であり、同じチーム員である」と考えていたため、G社の代表はコミュニケーションを取ることを自身の役割として捉え、実践してきました。

しかし、従業員数が1,000人を越えてから顔と名前が一致しなくなり、スムーズなコミュニケーションを取りづらいと感じていたようです。

人材管理システムであるカオナビを導入して社員の顔と名前が一致するようになり、名前を呼んでコミュニケーションをすることで従業員の満足度が向上しました。保育士の定着率も向上し、離職率はパート社員含めて10%以下と全国の水準を下回るようになりました。

それだけでなく、これまでのデータから採用のミスマッチも防ぐことができるようになったようです。


この事例の詳しい情報や、カオナビを導入することで働き方改革に成功した5つの企業の事例についての詳細はこちらからご覧ください。

事例:R社

会社名:R社業種:採用
業務内容:採用サイトの運営等

残業しない=効率UP

R社では、少しの力で大きな成果を得られる働き方を目指そうという意味を込めたレバレッジワークチャレンジと名付けた施策を行っています。

部署ごとに参加するキャンペーン形式のもので、一定期間、部署の全員が残業なしで働くことができれば達成となり、それに対するインセンティブが支給される仕組みになっています。

これにより、皆が少ない時間でも高い成果が出せるよう、会議の運営方法を改善したり、作業や情報の共有化を促進したり、業務の工夫を社員が自主的に活発に行うようになっています。

事例:I社

会社名:I社業種:ガラス・土石製品
事業内容:衛生陶器・住宅設備機器・建材

上司が率先!仕事と余暇のメリハリ強化

残業がなくなったり、休暇が増えたりしても、そこに活用のメリットを感じない社員がいれば対策の徹底が難しいものです。

仕事以外に各自が楽しみを持つことで「早く帰りたい!」と思ってもらうことも仕事のメリハリに大きく影響すると考えたI社は、上司が意識して自らの趣味のこと、仕事以外の時間の過ごし方を部下に話していくことで浸透度が高まっています。

社長はブログでも自身の余暇の楽しみ方などを発信しています。

事例:T社

会社名:T社業種:衛生陶器・住宅設備機器・建材

ノー残業の反発を集中タイムでカバー

T社は残業をゼロにするために「残業が悪いこと」という意識を徹底させています。

一気にがらりと変えようとするとさまざまな反発や負担が発生したことで、徐々に浸透させる試みで成功しています。

最初に、金曜日をノー残業デーに設定。なかなか徹底できないので終業時間になったら消灯することを決行。
残業が起きればなぜそうなってしまったのかを部署やチームで話し合いを持たせました。小さな改革を積み重ねていくことが成果につながっているようです。

残業ができないことの埋め合わせは就業時間内に行わなくてはならない社員の効率化の一策として自分の仕事だけに集中する時間「フォーカスタイム」を導入しました。

1日の2時間の間は、会議も電話、訪問、私語などすべての社員に禁止しています。この時間があることで、社員の生産性が格段に向上しているそうです。

人の習慣、それが集団となった組織の習慣を変える時というのは、たとえいいことであっても何らかの障害があるものです。これらの企業の取り組みの特徴は、無理をせず、小さなことを多角的な視点を持って考え、徐々に浸透させて成功させているとも言えるようです。

働き方改革での活用や人材不足の解決に!

働き方改革や人材不足の解決策として注目されているクラウドサービスについて知りたいという方もいるのではないでしょうか。

こちらの記事では、クラウドサービスの人気カテゴリのシェア・市場調査の徹底解説や、無料トライアルありのサービス一覧をまとめています!常に最新版にアップデートしていますので、ぜひご覧ください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
マネジメントの最近更新された記事