Article square balloon green
2016-12-22

管理職として重要な存在である事業部長の役割をまとめました

その他その他ビジネス
Large

会社の事業部長の役割ってどんなものがあるの?

会社に勤務していれば、所属している部署の事業部長がいますよね。文字通り事業部のリーダーですから、部内の管理をする役職です。しかり、事業部長は、中間管理職であるため、実に様々な仕事が与えられています

ここでは、事業部長が主にどのような役割をするのか、紹介していきます。出世を考えている人は、学んでおくと後で役に立つかもしれません。
事業部長や行うべき役割7つをまとめてみました

事業部長の役割1:部下に適切な仕事を割り振る


事業部長は部のリーダーとして、仕事を部下に割り振るという役目があります。仕事の内容には様々ありますので、それをいかに効率的にこなせるかを考えて部下に割り振るのが大切なポイントとなってくるのです。適当に振り分けをしてしまうと、仕事の効率が悪くなってしまったりすることもあるのです。

しっかりと部下一人一人を観察し、どのような能力に長けているのかを見つけ出して、その人にあった仕事を割り振ることは、事業部長にとって重要な資質と言えるでしょう。そのためには、しっかりと部下とコミュニケーションをとっていくことも大切です。

事業部長の役割2:部下が働きやすい職場づくり

職場で仕事をする以上、その環境も重要です。部下にきちんと仕事をしてもらうためには、事業部を管理する事業部長が気を配り、職場環境を良くしていくようにしましょう。そうすれば部下の仕事効率アップが期待できる上に、事業部長をに感謝をする人も増えるでしょうから、部内のコミュニケーションも円滑になることでしょう。

部下に「いい事業部長」と思ってもらうことができれば、より部内の士気も上がるでしょう。

事業部長の役割3:部下の評価や、必要な場合の指導

部長ですから、部下への指導も当然の仕事です。日頃から部下の様子や成績をしっかりと把握しておくことで、必要な時に指導することができます。また、事業部長がしっかりと部下を見て指導してくれるとなれば、部下の方も仕事の悩みなどを相談しやすくなるはずです。

さらに、部下の様子をしっかり見て、評価しておくことで、上から部内の様子を聞かれた時にも、すぐに答えることができます。

事業部長の役割4:部内の目標・意思決定を行う


事業部も小さいながら組織であるわけですから、定期的に部内会議が行われることでしょう。そのような時、部員にももちろん事業の改善案などを出してもらいますが、最終的に決定権を持つのは事業部長です。ですので、部下に任せきりにならず、自ら指揮をとって部内の意見をまとめるリーダーシップと決断力が必要となるのです。

このように事業部長に部の意思決定の権限はありますが、独断で決めるのではなく、きちんと社員の意見を聞いてから結論を決めるようにしましょう

事業部長の役割5:経営のための会議に参加する

また、事業部長は部下の管理をしていればいいというわけではありません。会社には事業部がいくつかあるところが多いでしょうから、当然その事業部長同士の会議に参加することもあるでしょう。また、一管理職として、会社経営にかかわる会議に参加することも、事業部長の仕事です。

部下だけでなく、上司などともうまく付き合っていくことが、事業部長に求められる大切なコミュニケーションスキルなのです

事業部長の役割6:上からの指令・会社の方針を部下に伝達

経営に関する会議に参加して会社運営の方針が固まったら、事業部長はそれを自分の事業部に持ち帰り、部下にきちんと説明する責任があります。会議に参加していない部下に会社の方針をうまく内容を伝えるためには、しっかりとした説明力が必要です。

会社の方針と部下の認識がずれて会社に損失を生んでしまわまないように、分かりやすく丁寧に説明できるように心がけなければならないのです。

事業部長の役割7:事業部内における責任を負う


事業部長は、所属する事業部のトップとなる存在です。事業部内で何か問題が起こった時、外の会社などの外部に謝罪するのは社長ですが、社内の上層部に謝らなければならないのは現場責任者である事業部長なのです。たとえ部下のミスでも管理不足ということで部長の責任となります。

ですので、日頃からしっかりと「事業部長」としての自覚を持って、仕事をしていくことを忘れないようにしましょう。

事業部長の重要な役割7つについてのまとめ

事業部長の役割について紹介しましたが、いかがですか?上層部の意向をしっかりと汲み取りながら、部内の部下にもきちんと指導をしなければならない事業部長は、非常に大変な仕事です。もしも今、あなたが会社内での昇進を考えているならば、その点もきちんと踏まえて仕事に取り組むようにしてください。

事業部長が優秀ならば部員も付いてきますし、優秀な事業部になること間違いなしと言えるでしょう。

法人向けクラウドサービス比較 ボクシルとは

法人向けクラウドサービス比較 ボクシルでは、
「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがボクシルです。ぜひ、登録してみてください。"

Article whitepaper bgS3 0
その他ビジネス
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
非公開企業
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事