会員限定記事

常務取締役の立場、役職の違い説明できますか?専務取締役との違い

公開日:
常務、専務という役職は実際に働いている場面で聞く機会はそうそうないですよね。常務取締役の立場や役職の違いを詳しく解説していきます。
書評経営者・経営幹部

常務取締役ってどんな立場か、知っていますか?

会社での役職は様々ありますが、全てどのような役職か分かっていますか?会社内の役職というのは、課長や部長ならなんとなく知っていても、上層部まで行くとさっぱりわからない、なんて人も多いのではないでしょうか。

しっかりと肩書きや役職を理解しておかないと、外部の会社の人と接するときに失礼になってしまいかねません。
ここでは常務取締役について紹介するとともに、その他の役職にも触れていくので、しっかりチェックしてみてください。

意外と知らない常務取締役の立場について解説します

常務取締役の会社での立ち位置とは一体どこなのか

会社には、その人の立ち位置をあらわした役職というものがあります。部長や課長などは一応肩書きとなってはいますが、大きく分けて「従業員」という部類に分けられるのです。では、会社の人間はどのような階級で分けられているのでしょうか。

まず、トップには会長がおり、その下に社長、副社長と続きます。その下に、社長の補佐業務を行う専務、常務と続いて、ここまでが役員と呼ばれます。

常務の下になると「従業員」となり、執行役員、部長、次長、課長、係長と続きます。つまり、常務取締役は役員の一番下の役職というわけです。常務取締役は従業員と一番近い位置にいるので、従業員の監督などの業務も行います。

役員である常務取締役と従業員の立場の違いとは

常務取締役は、会社経営に携わる「役員」という立場にあります。役員ですから、当然下で働く「従業員」とは立場が異なります。役員というのは会社法で定められた機関のことです。取締役や監査役、会計参与などをまとめてこう呼ぶのです。

役員の立場としては、経営者である社長などど同様に会社の上層部にあり、経営側にいるため従業員に認められるような労働基準法の対象とはされない、という特徴があります。

常務取締役が毎日行うべき業務には何があるか

常務取締役は、常務、つまり「日常業務」をこなしながら、取締役として会社の意思決定にも参加していくという役割を担っています。つまり、社長の補佐などの役員的な業務を行いながら、通常の会社の業務もこなしていく、ということです。

「常務の仕事」として決められていることはなく、会社によって「常務に振り分ける仕事」が決まっているので、振られた仕事を遂行する、という点では、一般の従業員と同様と言えるでしょう。

常務取締役に必要とされる資質や能力はどんなもの?

常務取締役は会社の経営方針を考える役員なので、もちろん意思決定のための決断力や発想力などが重要となります。また、他の取締役と会議をしたりする機会も増えるでしょうから、積極さとコミュニケーション能力は不可欠です。

さらに常務は自分の下にいる「従業員」を監督し、導く立場にあります。ですのでしっかりとした管理力と、リーダーシップなどの「統率力」も必要な資質と言えるでしょう。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事