Article square balloon green
2016-12-22

シナリオ分析とは?企業の危機を回避する方法とツールをご紹介

経営企画・マーケティング
Large

シナリオ分析とは何か?

新しい事業やプロジェクトを始めるときに、今後起こりうる事態を想定してあらかじめ対策を考えておくことはとても大切です。過去に起きたさまざまな事例から今後の予測を立てる「シナリオ分析」は多くの組織で行われていますが、実際のところどんな手順で進めればいいのかわからない人も存在します。
今回はシナリオ分析の起源を紹介しながら、有効な分析方法、また便利なシナリオ分析ツールを紹介します。

シナリオ分析の起源と定義

シナリオ分析とは、既存のものに変化を与えたときにどのような影響が出るのか過去の事例や予測しうる事態を考慮した上で分析することです。
今でこそさまざまな企業で用いられている分析手段ですが、初期は政治や軍事の世界で使われていました。1970年代に起こったオイルショックからRoyal Dutch Shellがあらゆる事態を想定して石油危機を回避したことで、シナリオ分析は世界中に知られるようになったのです。
シナリオ分析の祖と呼ばれるL.Wilkinsonは「シナリオ分析とは未来に起こりうるシナリオをいくつか考え、その中でも自分たちにとって重要になるシナリオを見つけ出すこと」と発言しています。ここで大切なことは未来の予測をするだけではなく、複数の予測の中から取捨選択をしなければならないという点です。L.Wilkinsonは「シナリオ分析の失敗原因の多くはシナリオが多すぎたり、組織に合っていないシナリオを選んだりすることにある」とも発言しています。
確かに予測はいくらでも考えられますがそれらすべての対策を考えていると、いくら時間があっても足りませんよね。どうすれば自分に合ったシナリオを選ぶことができるのでしょうか。次章で説明します。

よく使われるシナリオ分析の方法

「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という諺がありますが、自分自身を知ることは分析において非常に大切な要素です。特にシナリオ分析では自分たち組織の弱点を明確に把握する必要があります。
続いて現在すでに決まっているもの、変えられないものを把握しましょう。例えば現在のトレンドや今後ほぼ確実に起きる事件などです。シナリオは絞り込む必要がありますが、この時点ではできるだけ多くの既定要素を見つけた方がいいでしょう。
ここまで来たら、目的を達成するためにどうすればいいのか、目標に使って突き進む要因であるドライビング・フォースを考えます。ここまでくるとシナリオがほぼ固まってくるため、それぞれのシナリオに名前を付けるようにしましょう。
誰しも目標を達成したいものなので、シナリオ分析ではついつい楽観的になったり、希望的になったりしますが、想定外のトラブルは起こり得ることです。冷静かつ客観的な目を忘れずに「起こってほしいこと」ではなく「起こりうること」を考えることが大切です。

シナリオ分析を助けてくれる便利ツール

シナリオ分析自体はコンピューターを使わなくても考えることができますが、数字などのデータはコンピューターに入力してシナリオ分析してもらうと、大変手っ取り早いです。
最初は少しとっつきにくく感じますが、操作は簡単で慣れるとシナリオ分析に欠かせない存在になってくれるでしょう。いくつかある分析ツールの中でも人気の高いものを紹介します。

1. Microsoft社のExcel用のテーブル分析ツール

Excelでデータ管理をしている企業はまだまだ多いものですが、予測機能がついていることをご存知でしょうか。あらかじめデータを入力し、分析タブにある予測ボタンを押したのちに予測する列を指定し、取得したい予測の数を指定すると予測レポートが作成されます。ただしこれだけでは数字の予測のみしかできません。より詳細なシナリオ分析はWhat Ifを使用するといいでしょう。

2. What Ifシナリオ

What Ifシナリオツールでは、既存のツールからパターンを分析した後に特定の列の変化が別の列の値に与えるための影響を評価できるツールです。予測の数はユーザーによって指定ができるため、ある程度予測を絞り込みたいときにも役立ちます。
信頼度の総合評価を下してくれたり、変更する内容を入力すると的確に分析してくれたりするのでシナリオ分析者には使用されることが多いツールです。

3. ゴールシークシナリオ

What Ifシナリオは大変便利なシナリオ分析ツールですが、目的を達成するために変更する必要点を見つけ出せない点がデメリットです。このデメリットを解消してくれるのがゴールシークシナリオで、What Ifシナリオと一緒に使うと補助的な役割を果たしてくれます。
Excelテーブル上でゴールシークを選択し、目標値を入力し対象を指定すると分析は始まり、わずか数分で結果を報告してくれます。使い方をマスターしてWhat Ifシナリオツールと一緒に使ってみましょう。

シナリオ分析とは何か?まとめ

シナリオ分析をすることによってこれまで気が付かなった弱点に気付けたり、明確な目標を設定できたりします。企業や組織のマーケティング部ではよく行われているので、売上の減少やプロジェクトの変更で悩んでいる人は参考にしてみてはいかがでしょうか。ここで紹介したツールがきっと役に立つでしょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、クラウドやSaaSを中心としたBtoBサービスの比較・検索サイトです。
無料登録することで、サービス資料の閲覧や、詳細情報、問い合わせをすることができます。
もちろん資料のダウンロードも無料です。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
こんなときに、便利なのがボクシルです。
また掲載していない情報についてもサービス担当者にチャットで問い合わせることも可能です!

Article whitepaper bgS3 0
経営企画・マーケティング
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
非公開企業
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事